RESTAURANT GJELINA  @VENICE  LA





もう二年以上前になってしまいますが、お仕事でこちらのレストランの料理本を英語から日本語にするバージョンの監修をさせていただきました。

心許無く反省点が今でも夢にですそうなくらい、思い出のあるお仕事でした。

いつか一度伺って実際にお料理をいただきたいと熱望していましたので、今回TEXASから日本に帰るトランジットをLAにしてレストランにも行ってまいりました。




LAXの新しくできたH HOTELと言うヒルトン系列のホテルにチェックイン。
こちらは普通のアパート(マンション?)の一部屋のようなタイプのお部屋で、キッチンがついています。家族で止まるには最高の環境です。

寝具もベストコンデイションで気持ちいい。

良くできたホテルです。

朝食がイマイチなので、次回からは朝食抜きのプランでの宿泊が良いかもですがー




ホテルチェックイン後速攻タクシーでベニスに向かいます。


LA 街全体がきれいになったわ。
LAXもずっと工事していたのが完成?したのか、スッキリキレイになってました。

でも、LAXは昔の問題あり!の時代の空港のイメージが相当強く懐かしくもあります。

入管で4時間足止めを食って、涙が出た知り合いが何人もいるので
ここでの入国は避けたいけどね。







ベニス
おしゃれな場所です。
外まで並ぶほど人気のレストランがいくつかあり、レモネードの専門店やこじゃれた小さ目の飲食店など、次回はじっくりお邪魔したと強く思う場所です。

友人がいるので、案内してもらうのが一番理想です。
車がないと移動に困るのはLAだけでないけど、道はわかりやすいので自分で車を借りてでもじっくりとお店を巡りたいという目的が一つできました。



GJELINA
とても人気のこちらのお店ですが、予約困難であることでも知られています。
だから結構前に予約をしましたが、それでも確認の電話が2度も入りました。
私は今回一人ですので、シェフズテーブルをお願いしました。
結果は大混乱に近い満席を超えたお客様でごった返し、むしろこちらの席の方が落ち着くかもしれないと言われた場所に着席。


入口のホステスにお仕事の話題をしてから、トータルで2人のマネージャーがわざわざ席まで来てWELCOMEのご挨拶をしてくださいました。

最初の飲み物と最後のデザートをお店から提供していただき、ラッキ~~




レストランはこちらなんですが、暗いでしょ。
看板も無い。(と思う)
人があぶれて外まで並んでいます。
予約のある人、無い人でごちゃごちゃの入り口です。
待ち時間は私の行った8時で4,50分。
勿論私は全く待たないで着席しました。(予約と2度の確認の電話のおかげ?)

b0111632_07392324.jpg

店内はクラブみたいな爆音でBGMをかけています。
自分のテーブルで友人と食事をするにしても、横並びでない限りは声が届かないかも。

また予約があっても待たされている人が通路にあふれ、踊る人もいる・・・WOW.







b0111632_07432439.jpg








MENU:
この細かい字ははっきり言って、’見えない!!’。
細かすぎる。

店内は真っ暗の一歩手前くらいの暗さだし、
視力の良い私でも、無理!!!

テーブルの係のお兄さんに、お薦めを聞いてそれからチョイス。
前菜はさつまいも(これは何故か日本のさつまいも)のヨーグルトソースかけ
メインはパスタ。ダックコンフィのトマトソースのパッパルデッレに決定。

お飲み物は、死ぬほど喉が渇いていたのでビール。それもIPA
デザートと飲み物はお店からのサービス。
キャラメルのデザートが一番人気だそうで、出していただきました。





b0111632_07482757.jpg



b0111632_07500632.jpg


さつまいものグリル

b0111632_07523523.jpg



デザート



b0111632_07530760.jpg





何せ真っ暗に近く、爆音のためにおばばは落ち着かずにそうそうに失礼いたしました。

途中、イギリス人の女性マネージャーがしばらく話し相手になってくれて
やっぱり英語は話せた方が楽しい♫?的な夜でした。あはは。


お料理ですが、思ったよりもずっと完成度の高い物でした。
変わったお料理を覚悟しておりましたが、全然違った。

パスタも真似さえできませんが、勉強になる仕上がりでした。
カリカリとした食感のDUCK CONFITが最高。
珍しく一人で全部食べ切りました。

お薦めのスイートポテトのグリルと言われたおいもが、日本のサツマイモであったのも感激です。それもヨーグルト(多分GREEKでない、脱水していない状態の)のソースとの相性も中々でした。やってみたいと思うお料理ばかり。

本の翻訳を監修させていただいてからしばらく経ちますが、
そのレシピを字で追っていた時の印象とは少し違う、もっと自然な余分な強い力の入らない自然なお料理との印象が残りました。



再度のお邪魔したく、その旨をお伝えしてホテルにかえりました。



思い切って行ってみて良かった。
LAでトランジットして、無駄なく時間を使って感激の夜に酔いしれました。











[PR]
# by gacha-mama | 2018-02-07 07:59 | restaurant

孫の6歳の記念に、乗馬デビュー


私の子供も小さいころは機会があるごとに乗馬をさせてきました。

海外でホッケーのキャンプがある時、ハワイの休暇で、
馬に乗れると思うと一番喜んだのが娘でした。

そして今縁があってテキサスにいますので、
当然牧場も多く、乗馬ができる環境にあります。

家から一時間弱で牧場が点在する場所に行けます。

今回は2度目の乗馬になりますが、
情報はインターネットで探しました。



体験1時間の乗馬は6歳から可能だそうで、
孫のサラは今日が誕生日なのでOKになりました。




まずは事務所で保険関係の書類にたくさんサインしてからのスタートです。
事務所も簡単な小屋みたいなものですが、
カウボーイの映画に出て来そうなおじさんが手続きをしてくれました。



b0111632_11354695.jpg


11時から1時間乗せてもらう予約をして、少し前に到着です。
敷地はとても広く、他にもキャビンに宿泊のお客様が何組かいました。

子供用のポニーもいるので、それに乗って狭い場所を回っている子供の姿もありました。






b0111632_11371631.jpg

時代錯誤の、少し前のような
映画のセットのような設えの牧場です。

働く人の言葉も少し訛っていたりするし、人懐こいスタッフや愉快な人が多かったです。




娘は動物が大好きです。
だから犬のトレーナーとしても働いていましたし、今は糖物病院の獣医の助手ができる資格を取得中です。

馬も大好きで、今日の日を楽しみにしていました。





b0111632_11410693.jpg


SARAも怖がらないのね。
きっと泣きながら帰ってくると思っていましたが、全く泣かずに楽しそうに帰ってきたので一安心。




b0111632_11425608.jpg



b0111632_11435846.jpg




いい記念になりました。

下の孫も問題なく1時間私と待っていましたが、2歳と3か月でお手洗いもできるようになり、またよくしゃべるので意思の疎通もできるために相手がしやすい。

牧場の人との会話もできるようになり、いくつ?とか名前は?とかの質問にもスラスラと答えられるようになりました。




b0111632_11444132.jpg

真ん中の引率の男性ですが、バイトでためた貯金で世界を旅した経験があるそう。
東京にも言ったことがあると話題になったそうです。多分聞き間違いがなければ、180万くらいの予算で世界をまわったと聞いた気がしますが・・すごいね。



動物を怖がらないのも良い事です。
家にはピットブルと大型犬の雑種がいるので、孫は馬も全然怖がらない。


b0111632_11490479.jpg



非常に良く管理された牧場です。
宿泊もできます。
プールや食堂も充実していて、綺麗に整えられた上質の環境でした。


b0111632_11502561.jpg




b0111632_11514807.jpg

b0111632_11542734.jpg
 これは事務所の小屋です。







帰り道に近隣の街を通りかかったら、パレードが通り過ぎた後でした。
そうです!

今日はマルデイグラのお祭りの日です。

ハーレーに乗ったおじさん、おばさん、
ネックレスを何重にもした人がたくさん、盛り上がっていました。






テントがたくさん出ています。

大人が多いので、ビールも売ってます。

独特のコスチュームと飾りをつけるのが決まり。
人の写真は撮りにくいので、あまりないけど
結構派手な恰好のひとが多いです。



b0111632_11552110.jpg
黄色と紫と緑色がテーマカラーです。
その色の仮面をかぶったり、羽のついた飾りをつけたりして仮装します。




b0111632_11580435.jpg


ベンダーは、お決まりの食べ物から始まり、
無添加の石鹸や蜂蜜、装飾品、などなど結構同じ物がどこでも並びます。

お金で支払うのではなく、決められた場所で売られるチケットで清算します。



b0111632_11590602.jpg

そもそも南部ニューオリンズのお祭りですので、
露天の食べ物はガンボから始まり、南部系の料理が多い。
定番は味のついたポップコーンなど。





自慢の改造車で乗り付ける人、ハーレーの軍団、など多し。


b0111632_12011726.jpg



b0111632_12015809.jpg



ハーレー軍団
お似合いです。カッコいい。

b0111632_12024343.jpg




充実した一日でした。

良い御誕生日の記念になったと思います。

明日はLAに移動して、一泊してから東京に帰ります。


そろそろ帰っても良いかなあっと思う時期であります。

寒いのかな、

こちらは毎日コロコロお天気が定まりません。
一日の間でも気温の上下が激しくて驚きます。




疲れたので、今夜は早く寝てしまおうっと。






























[PR]
# by gacha-mama | 2018-02-04 12:05 | family

そして夜ごはんは・・・


今夜はシーフード専門のレストランに行きました。
お料理のジャンルは南部料理です。

"PAPPADEAUX"

エトフェやガンボ、
ポーボーイなどがメニューにあるレストランです。

ここSAだけでなく、他の大都市にも店舗があります。



b0111632_11571884.jpg

SAに来たら必ず食べる物の一つに牡蠣があります。

メキシコ湾の生牡蠣をいただきました。
きょうの牡蠣は大き目で、ぷっくり状態は良くって美味しかった!!

アペタイザーで海老と牡蠣(6個 産地は2か所で3個ずつ)をオーダー。
カクテルソースは普通でしたが、もう一つのソース(茶色い方)は?

檸檬を絞って、タバスコを数的垂らす程度が美味しいー



b0111632_11333560.jpg



これで大満足。

もう帰れる!!と思うほど、満足。

牡蠣はサンフランシスコの牡蠣が一番個人的には好きで、
二番目がメキシコ湾。と、アメリカにいる時は思い込んでます。










こどもは個々KID'S MENUから選び、

大人はテイラピアのグリルと海老をシェアー。



b0111632_11513907.jpg

アメリカの白身魚は一般的におだやかな食べやすい癖のない味(日本のようなそれぞれ特徴のある魚と違い、何ていうか大味っていうか、ちょっと・・)ですので、しっかりしたスパイスを利かせて良く焼くグリル系などの調理法が多く使われます。

TEXAS RED FISHはSNAPPER(鯛の一種のような白身魚)でクセがない。
メニューには深海魚のテイラピア(こちらでは高級魚の一つ)かそのRED FISHをメニューに載せておりました。






最後はデザートで、サラが選びました。
チョコレートケーキ。
選んだだけあって、良く食べました。

今日は二度目のチョコレートケーキだけど、まあお誕生日だからしょうがないね。



b0111632_11474764.jpg

このホールの女性は、日本にいる知り合いの’ときこ’にそっくり。
同じように優しい雰囲気と話し方で、まじまじ顔を覗き込みそうになりました。


ときこ~~煮てる人がいるよ!!





b0111632_11500175.jpg


御誕生日おめでとう~

明日は乗馬をする予定です。

乗馬も6歳からやっと馬にのせてもらえるそうです。

私の子供も良く小さい時に馬に乗せました。
娘はずっと続けたかったのですが、なかなかそうもいかなかったわね。


孫でその夢が果たせるか?

明日の様子次第です。

しあわせなお孫さんですわ。




















[PR]
# by gacha-mama | 2018-02-03 12:01 | restaurant

孫SARAの御誕生日を学校でしました。



SARAの御誕生日は2月3日です。

今日は学校でお誕生日をしてもらいました。
持ち込みで簡単なケーキやクッキーを差し入れして、お祝いしてもらえます。


もう一人お誕生日の男の子がいましたので、
たくさんの差し入れで子供も大喜びです。



学校の入り口で、VISITERのシールをもらいます。
LACYも一枚プリントしてもらい、しっかり胸に張り付けて入りました。
ちゃんと受付の女性の質問に答え、年齢と名前を言っていました。



b0111632_07223428.jpg


b0111632_07233578.jpg


これは昨晩作って焼いて用意したもの。



b0111632_07243185.jpg



b0111632_07253411.jpg



6歳になります。
この年齢からお稽古事も色々出来るようになり、楽しい人生の始まりです。(笑)


b0111632_07263073.jpg




b0111632_07275866.jpg






左奥が担任の先生。
手前が補助の先生。この先生も同じ日にお誕生日だそうです。
テキサスっぽいファッションでしょ・・


b0111632_07285236.jpg

仕事を抜けて、パパも参加。
子供にはわかりにくい冗談を言って、浮いてました。


b0111632_07301467.jpg







お帰りの時間。
8時前から登校し、ほぼ3時に解散。

おなじバックパックが一人もいないのも特徴?!




b0111632_07313089.jpg


同じお誕生日のお子さんと。


帰り道にはフローズンヨーグルトのご褒美。
行った店には子連れが多く来ていました。



b0111632_07333100.jpg

あらあら、毒々しい色だわ。





お天気は朝寒く、昼間回復。

まあまあ。






お疲れ様でございます。





















[PR]
# by gacha-mama | 2018-02-03 07:34 | family

lunch at RIM


RUSTIC
b0111632_07015545.jpg




とに角SAN ANTONIOは開発が進んでいます。

レストランもこの一年でとても増えました。
お洒落なプラザに密集して話題のレストランがあるのがRIMという名前の場所です。

去年あった店がCLOSEしていたり、入れ替えも早いのが特徴でもあります。
競争が激しいので、よっぽどしっかりした店にしないと続かない。

ENGLISH PUB、イタリアン、PUBやBBQ、などなどの特色がはっきりした店で、
メニューが充実しているオリジナリテイーにあふれるお店が魅力です。

インテリアもエクステリアも簡素ながらもお洒落な建物が多い。
そして天井が高く、敷地面積も想像を超える広さであったり、
夜9時半過ぎからの生演奏などをするお店もあります。


今娘の住んでいる場所の、仲良しママ友が飲み会で使う候補にもなるそう。
それも少しずつ何か所も渡り歩く企画だったりします。
娘も誘われますが、心配なのは誰が帰りの車を運転するのか??





きょうのランチはこちら・・・


b0111632_06090967.jpg


BBQに適した木材を高く積み上げた場所。
下の赤いイスと青いイスはブランコです。



b0111632_06593052.jpg

お店自慢のポテトチップス。
お店で揚げているので、カリッカリ。





コーヒーの主流はフレンチプレス


b0111632_07010648.jpg




サラダ
奥のライムは表面を焼いてあります。
これ多い!! 絞ってサラダにかけます。


b0111632_07024306.jpg



グリルドチキンサンド


b0111632_07035644.jpg


BEANS SALAD
イマイチだった・・・。
味が薄すぎて・・・。

b0111632_07050153.jpg






こちらのメニューにもあった 
スパイシーケチャップ  これもイマイチ。
ケチャップにタバスコを混ぜてただけの物でした。

お店の向かい側の繁盛レストランのスパイシーケチャップはもっと複雑なレシピ。
この辺りで違いが出てしまうかも。



b0111632_07055289.jpg






店頭の牛
実はBBQグリル。
背中が開いて、グリルになる構造です。


b0111632_07081221.jpg

アメリカ特に南部の方や、メキシコはこの手の金属加工品がとても多いです。
上手に作ってあります。



b0111632_07091262.jpg





EVERYTHING IS BIG IN TEXAS


b0111632_07105899.jpg





朝は霧雨で靄っぽかった空も、
昼間は快晴になりました。


後数日で日本に帰ります。

まだランチ候補のお店をこなしていない。
残るは韓国プルコギが娘のリクエストです。




頑張ります。





















[PR]
# by gacha-mama | 2018-02-01 07:12 | restaurant