2018年 02月 07日 ( 1 )

RESTAURANT GJELINA  @VENICE  LA





もう二年以上前になってしまいますが、お仕事でこちらのレストランの料理本を英語から日本語にするバージョンの監修をさせていただきました。

心許無く反省点が今でも夢にですそうなくらい、思い出のあるお仕事でした。

いつか一度伺って実際にお料理をいただきたいと熱望していましたので、今回TEXASから日本に帰るトランジットをLAにしてレストランにも行ってまいりました。




LAXの新しくできたH HOTELと言うヒルトン系列のホテルにチェックイン。
こちらは普通のアパート(マンション?)の一部屋のようなタイプのお部屋で、キッチンがついています。家族で止まるには最高の環境です。

寝具もベストコンデイションで気持ちいい。

良くできたホテルです。

朝食がイマイチなので、次回からは朝食抜きのプランでの宿泊が良いかもですがー




ホテルチェックイン後速攻タクシーでベニスに向かいます。


LA 街全体がきれいになったわ。
LAXもずっと工事していたのが完成?したのか、スッキリキレイになってました。

でも、LAXは昔の問題あり!の時代の空港のイメージが相当強く懐かしくもあります。

入管で4時間足止めを食って、涙が出た知り合いが何人もいるので
ここでの入国は避けたいけどね。







ベニス
おしゃれな場所です。
外まで並ぶほど人気のレストランがいくつかあり、レモネードの専門店やこじゃれた小さ目の飲食店など、次回はじっくりお邪魔したと強く思う場所です。

友人がいるので、案内してもらうのが一番理想です。
車がないと移動に困るのはLAだけでないけど、道はわかりやすいので自分で車を借りてでもじっくりとお店を巡りたいという目的が一つできました。



GJELINA
とても人気のこちらのお店ですが、予約困難であることでも知られています。
だから結構前に予約をしましたが、それでも確認の電話が2度も入りました。
私は今回一人ですので、シェフズテーブルをお願いしました。
結果は大混乱に近い満席を超えたお客様でごった返し、むしろこちらの席の方が落ち着くかもしれないと言われた場所に着席。


入口のホステスにお仕事の話題をしてから、トータルで2人のマネージャーがわざわざ席まで来てWELCOMEのご挨拶をしてくださいました。

最初の飲み物と最後のデザートをお店から提供していただき、ラッキ~~




レストランはこちらなんですが、暗いでしょ。
看板も無い。(と思う)
人があぶれて外まで並んでいます。
予約のある人、無い人でごちゃごちゃの入り口です。
待ち時間は私の行った8時で4,50分。
勿論私は全く待たないで着席しました。(予約と2度の確認の電話のおかげ?)

b0111632_07392324.jpg

店内はクラブみたいな爆音でBGMをかけています。
自分のテーブルで友人と食事をするにしても、横並びでない限りは声が届かないかも。

また予約があっても待たされている人が通路にあふれ、踊る人もいる・・・WOW.







b0111632_07432439.jpg








MENU:
この細かい字ははっきり言って、’見えない!!’。
細かすぎる。

店内は真っ暗の一歩手前くらいの暗さだし、
視力の良い私でも、無理!!!

テーブルの係のお兄さんに、お薦めを聞いてそれからチョイス。
前菜はさつまいも(これは何故か日本のさつまいも)のヨーグルトソースかけ
メインはパスタ。ダックコンフィのトマトソースのパッパルデッレに決定。

お飲み物は、死ぬほど喉が渇いていたのでビール。それもIPA
デザートと飲み物はお店からのサービス。
キャラメルのデザートが一番人気だそうで、出していただきました。





b0111632_07482757.jpg



b0111632_07500632.jpg


さつまいものグリル

b0111632_07523523.jpg



デザート



b0111632_07530760.jpg





何せ真っ暗に近く、爆音のためにおばばは落ち着かずにそうそうに失礼いたしました。

途中、イギリス人の女性マネージャーがしばらく話し相手になってくれて
やっぱり英語は話せた方が楽しい♫?的な夜でした。あはは。


お料理ですが、思ったよりもずっと完成度の高い物でした。
変わったお料理を覚悟しておりましたが、全然違った。

パスタも真似さえできませんが、勉強になる仕上がりでした。
カリカリとした食感のDUCK CONFITが最高。
珍しく一人で全部食べ切りました。

お薦めのスイートポテトのグリルと言われたおいもが、日本のサツマイモであったのも感激です。それもヨーグルト(多分GREEKでない、脱水していない状態の)のソースとの相性も中々でした。やってみたいと思うお料理ばかり。

本の翻訳を監修させていただいてからしばらく経ちますが、
そのレシピを字で追っていた時の印象とは少し違う、もっと自然な余分な強い力の入らない自然なお料理との印象が残りました。



再度のお邪魔したく、その旨をお伝えしてホテルにかえりました。



思い切って行ってみて良かった。
LAでトランジットして、無駄なく時間を使って感激の夜に酔いしれました。











[PR]
by gacha-mama | 2018-02-07 07:59 | restaurant