おうちご飯


一年があっという間に過ぎていくので、少し前にご飯に来てねとお誘いのLINEで子供家族たちに声をかけました。

あいにくの小雨。

日曜日に集まるのは、次の日を考えるとベストの日程ではないのですが、それでもみんなが揃う日がなかなか決まらないので、決行です。

孫はお稽古事で週末も忙しいし、いまどきの子供さん達も忙しいのよね。



いつも教室で、人が集まるときなどに便利なレシピです!!なんて言ってる私ですが、実際は年齢の巾がある家族に夕ご飯を作るのって、中々考え者なんですよね。

昨晩の一番若い年齢は1歳3か月。
みんなが一つのお料理を楽しめるのって、少しメニュー選びには時間がかかりました。

1歳三か月は実はそれほどカウントしていなかったのですが、その次の5歳児から小学生まであたりに何を作るかが難題。



決定

*リエット  小笠原先生のレシピで600g作ったので、お持ち帰り分も!!
  パンはアンデルセン。パリジャンヌ、足りないくらいみんなで食べました。翌朝のお掃除が大変。フランスパンの皮があちこちに。


*牡蠣 カクテルソース 美味しい牡蠣があったので、ラッキーとばかりに。

*イタリアのポルチーニとポルチーニのコンソメキューブで作る、クリームソースのパスタ。 シェルの形のパスタ 海老も入れちゃいました。 これが全員に好評でしたので、ほっと一安心。一番がっついたのが1歳3か月のお孫ちゃん。驚きでした。 そして5歳の男の子の孫もマッハ秒速ですっごい量を食べてた。良かったわ。


*ローストチキン 付け合せは、カリフラワーのアンチョビ炒め

*ローストポーク 季節の野菜とロースト (さつまいも、かぼちゃ、マイタケ、にんじん、トマト、玉ねぎ、+ ハーブソルト)

*蕪の甘酢漬け
 アシスタントのMゆみさんにいただいた昆布を山盛り入れて。

*ソーセージ、チョリソー、ピクルス、オリーブなどなど

*小笠原先生のきょうしつで制作したベラベッカ。もう手元にはナシ~♫
先生の2週間熟成のものより、切りにかった。断面もガタガタしていてイマイチの仕上がり。でも薀蓄を散々述べて、美味しくいただきました。




*あとは色々まだあったのだけど、もうお腹一杯だっていうの。残り物はお持ち帰りいただき、また子供のバックアップ用の食材も(万が一私のお料理がお気に召さないときのために用意したあれやこれ)を持ち帰ってもらいました。甘いねえ、私。笑

*お飲み物はビールと泡3本。 大人5人でも全員飲むわけでないので、3本で終了。だんちち(断乳)したお嫁ちゃん、もっと飲ませて揚げたかったけどね。






b0111632_16070354.jpg

次男にパスタを茹でてもらったら、ちょうど良い塩梅に仕上がった。
500gのパスタは2度に分けて出しましたが、子供3人+赤ちゃん1歳3か月で300gはペロリと判明。

二度目のパスタは私が茹でました。
が、水きりが足りずに茹で汁がソースにはいり薄まるっていう失態。
次男いわく、良く切らないとだめ。シェルの中に茹で汁がいっぱい残ったままはNGだと言われて、そうだねっと。イマイチだった私。





b0111632_16095558.jpg
つんのめった鶏。
でも思った通りにパリパリとしっとりに出来上がりました。
多少のコツがあるので、それを教室でやっても良いかなっても思ってます。

しっとりしているし、全体の色が均一でキレイ。かな。
付け合せは珍しくカリフらワー。
アメリカだと大きなカリフラワーでも一つ2,3ドルくらい。
日本は大体高いのと、黒ずんでいたりする場合があると興ざめして買わない。
塩分はアンチョビ。ガーリック漬け込みオイル+塩コショウ。






b0111632_16133250.jpg

見えないけど、中にローストポーク。
スライスして、お野菜と一緒に食べてもらいました。
普段入れないマイタケ、2パックも入れたよ。
お気に入りの銘柄マイタケがあった時のみ、使います。

塩気を控えて、子供にも食べられるようにと考えた。
どうもこれを出した辺りから、賑やかを通り越して、何が何だかわからないほどの騒ぎになって、誰が何を食べたのかも不明なり。

トータルで全体が減っていれば良い事にしよう。
と書いて、年子の子供3人に晩御飯を作っていた時代を思い出しました。
とにかく、全体が減っていれば、だれが何を食べたのかは特に気にしない!!って部分。


b0111632_16155130.jpg

気が付きました。
私、和食や普通のお惣菜を殆ど作らないの。
気が付きました。

これからは、作ります。
体に良いのは、こちらのジャンルですからー





じゃ~ん
これを習って、自分で作った。
すごい!!





b0111632_16175470.jpg



食べるのが好き!!ってだけで、十分。
それに少しいつもと違うご飯をみんなで大騒ぎしながら食べるのも良し。

子供はあっと言う間に大きくなるので、孫同士が少しでも時間を共有出来る事が大切だと思うのでありました。



あ~作り甲斐があったわ。




































[PR]
by gacha-mama | 2016-11-28 16:20 | family
<< ある方の生誕祭に・・・。 小笠原由貴先生のパン教室に行き... >>