メキシコ版お盆’死者の日’イベントです。



テキーラ関係でお知らせいただきまして、昨晩はメキシコのお盆イベントにお邪魔してきました。

アメリカでもこの’死者の日’を年中行事として、特にメキシコ人の多いテキサスでも物販から何から登場してくる時期があります。それは10月の終わりからHALLOWEENを挟んで、11月2日まであたりがその時期となるようです。


骸骨のデザインが良く象徴され、祭壇には死者の霊を迎えるー送り出す、日本と同じような主旨の飾りつけがされます。基本色はオレンジやピンクや黒などのはっきりした色使いで、それも特徴の一つです。



b0111632_09014002.jpg



真っ白にメイクをして、目を黒くするのもメキシコ風。
特殊なMAKE UPをする人も会場にいて、参加者に死者のメイクをしています。これもとっても上手にできていて、メキシコの雰囲気がより一段と楽しめる効果的なアイデアです。


b0111632_09030423.jpg


WELCOME DRINKはPATRONのマルガリータ。
誰が作っても同じ味のように思われがちですが、美味しくできてました。
(きっと空きっ腹だったので、一段と五臓六腑に沁み渡ったからかもしれない)

どうもマルガリータ、アメリカでMIXで作るいい加減な’頭痛の素’みたいな物が人生最初のマルガリータとの出会いだと、好きになれるかわかりませんがーー

これは美味しくいただきました。
まわりのお塩も美味しくーーどんだけ空腹だったかって事ですか? 笑






お声掛けいただいた、FRIDAの高田さんのコーナー。
メキシコはこのようなHAND MADEのアクセサリーがお得意です。
独特な色使いです。
私もメキシコのお土産屋さんを除くの大好きです。

b0111632_09091318.jpg



ブリトーやタコスも販売されていました。
来年も続けてもらいたい~。
b0111632_09115313.jpg


日本のイベントとしては、一風変わった雰囲気だと思います。
大体死者の日をお祭りにしちゃうんですから。
日本のお盆とだいぶ様子が違います。




メキシコの文化、食文化を含めて面白いです。
その国なりの気持の表し方があり、自由なんですね。





異空間で、異次元体験。

こうやってエネルギーチャージをしております!!!

























[PR]
by gacha-mama | 2016-11-03 09:14 | event
<< パン教室に行きました。 昨晩は、、、研究家のM先生宅に... >>