健脳玄米 いただきました。 私がお料理すると・・・



少し前に”健脳玄米”をいただきました。


玄米を炊くとなると、圧力釜で炊こうか、
それとも電気釜の玄米モードにしようか、いつも悩みます。



でも、これは簡単に炊けるよ!と言われていたのを思い出しました。
20%増しの水分量で、底の厚いお気に入りのステンレスのお鍋で炊いてみる事にしました。


おそるおそるタイマーをかけて最初の18分ではまだかな?って感じだったので、
追加は弱火5分で炊いてみました。
その後ちゃんと15分ほど蒸らしました。

途中玄米独特の美味しい香りがしたので、’これで大丈夫だわ’と一安心。





結果は満足のいく炊きあがりでした。
焦げもせず、ちゃんと芯まで炊けています!!!

これからは、もっと玄米を身近にお料理しようという気持ちになります。
(思ったより簡単にちゃんと炊けるんだーー)










健脳玄米


農園直接契約のお米です。
アグリ農園の生産者は全国に広がっているんですね。


プチプチとした独特の食感のお米は、これなら子供でもお年寄りにでも楽しんでもらえそうです。

なんたってギャバ’(アミノ酪酸)は脳機能、血圧、血糖値の抑制などに働く注目の成分だそうですよ。 

そろそろ本格的にお食事にも気を付けるべき年代の私です。 これで嬉しい栄養が取れそうです。







b0111632_1742081.jpg











さて、私がアメリカ・フュージョン風にお料理すると・・・・・・・・・・・・・・・

 
今日は、2種類お料理してみました。








#1. SHORT-GRAIN BROWN RICE FRITTER 

短粒系の玄米は、粘り気があります。
本来はリゾットに向いています。 



次回はリゾットをしてみるつもりですが、今日は何故か’焼きおにぎり’が脳裏に浮かんだので~

   ”イタリア風焼きおにぎり” にしてみました。 2種類のチーズを使います。

おにぎりの中にはパルメザンチーズ。
上にゴーダチーずをのせてみました。

ご飯は卵黄でつなぎました。
そうしないと、焼いている途中でボロボロしちゃうからね!




調理開始 ♪

b0111632_17491463.jpg


↑ これで1合。
炊く前はこんな感じですが、この量で焼きおにぎりともう一品が作れました。





b0111632_17511661.jpg


バターで両面をカリカリに焼きました。
最後はチーズをのせて、ふたをして溶かします。


b0111632_1752361.jpg


中にもゴーダチーズを入れてにぎりました。
もう少し挽き立て黒コショウをたくさん入れても良かったね、と反省。
次回はそうしましょう。

それと、もっと表面を焦がしても良かったね。
これは好みの問題ですが、カリカリしている部分が一番美味しかったので・・。












#2. BROWN RICE SALAD WITH DRIED TOMATO

そうです!
ドライトマトのオイル漬けと共にサラダに仕立てました。

甘くて酸っぱいドライトマトの味をアクセントにして、7種類の野菜を入れてサラダにしました。




b0111632_17572499.jpg




b0111632_17585596.jpg


トッピングはチャービル。







コーンの甘み、トマトの酸味、
きゅうりの食感、

いろんな美味しさの要素があいまって、結果は想像を超えました。


b0111632_18252698.jpg













健康的なお食事ができました。
チーズは上にのせるだけで、充分かもしれなかったかもね。






次回はリゾットを作りましょう。
せっかくだから、この種類の玄米の特長を生かしてみたいものです。
アスパラガスと海老のリゾット、あえて和風の出汁で作るのどうかしら。
適度の粘りが全体を上手くまとめてくれそうです。






作り手の想像力を刺激する食材に出会えました。

面白い!!

それが今日のお料理の感想です。


もちろん美味しくできて、大満足です。
[PR]
by gacha-mama | 2012-05-16 18:03 | COOKING
<< お米の世界、雑穀の世界 奥深いね。 RECIPE COMIX >>