「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 51 )   > この月の画像一覧

"DOUGH PIZZERIA NAPOLETANA" @SAN ANTONIO



今までの人生で一番美味しいPIZZAを食べる機会を得ました。



実はとあるプラザ内にある韓国料理のランチを食べに行った際、向かい側にあるこのレストランに人が多く入っていく様子を見て、またただならぬオーラを感じておりました。 娘が検索すると、何とピザリアではダントツの#1位とわかりました。 外にまで漏れるほどの熱気とオーラです。 私は絶対に美味しいはずだと・・・断言して楽しみにしていました。




後でわかりましたが、このお店がMARYが絶賛していたまさにそおお店であったと。 

今年の2月にこちらのTVに、いきなりMARYが出て来てコメントしていたのも偶然観ています。


大変な込み具合ですのです。 

今までに2回様子を見て、諦めて帰っています。

着席したのが2時を軽く回った時間。 勿論空いている時間を見計らって家を出ました。 お昼時に行くと、40分はお待ち下さいと言われます。










お店はサンアントニオらしくないお洒落な作りでした。
シンプルなのに、居心地の良い洗練された感じです。
久しぶり!

 

レストランやお料理で感激する事の少ないテキサスです。 
が、そのイメージを打破するレベルの高さです。 
表現が悪いのですが、こんなお店もあったんだとーー。




着席と同時にお水の種類(炭酸水、水)を用意していてどちらかを聞くあたりから、良し! 嬉しいスタートだわ、と喜ぶ私です。










お薦めは勿論FRESHチーズ。
自家製のモッツオレラチーズをふんだんに取り込んだメニューです。

今まで考えた事もなかった、’モッツオレラ専門料理とピザ、そしてワインのお店’って感じです。 壁一面にあるワインの数も凄い。

次回は夜、是非とも美味しいワインとチーズを堪能したいものです。








”DOUGH”








b0111632_1036281.jpg










FLATBREAD

b0111632_1039151.jpg


まず最初にいただいたフラットブレッド。
ピザのパイの部分だけを焼いたもの+DIPはトマトソース

オレガノ、タイム、海の塩、パルメザンチーズをたっぷりかけてから焼いてあります。 店内には石釜があります。 SARAも美味しくいただきました。


b0111632_1044746.jpg














b0111632_10461886.jpg













b0111632_10483159.jpg


こだわりの野菜を契約農家から取り寄せています。
久しぶりに美味しいサラダをいただきました。
少し甘めのバルサミコ酢ベースのドレッシングが良く合います。


インサラータの中から”CASA”を選び、鶏の胸肉の焼いたものを付けてもらいました。 鶏肉はサラにあげます~。鶏肉の質が良いので、味付けは簡単に薄めにしてあるのが良いね。 ただ焼いただけで充分旨い。



写真の奥は、ANTIPASTIから” SPIEDINI ”。
house pulled fresh mozzarella wrapped in prosciutto de San Daniela & roasted in the oven.

お店で作られたフレッシュなモッツオレラチーズをこだわりのプロシュートで巻き、オーブンで焼いたもの。 絶品です。 モッツオレラチーズは柔らかく、あっさりした味でした。 プロシュートの塩分とちょうど良いバランスでマッチしています。 あ~やっぱりこの手のアンテイパスタはワインがないと・・いけない。 何故飲まなかったのか、夜になって後悔しています。














PIZZA

b0111632_10514991.jpg


PUTTANESCA
自家製の塩分の強いアンチョビがスライスごとに乗っています。
唐辛子もフレッシュな辛い物で、味のメリハリの強いピザです。

やはりワインを片手にいただくのを想定しているかのような大人のピザ。


San Marzano tomato sauce, garlic, fresh house pulled mozzarella, rosemary,oil, cured olives, broccoli rave, Calabrian chilli peppers, anchobies,Parmigiano Reggiano,

これでSMALLサイズです。
ランチのメニューに2サイズが書かれていて、もう一つは倍の大きさ。


これが東京にあったら高いだろうな、と思います。
さすがその点はアメリカなので、ランチも$5.50からあります。


とっぴんぐのリストがメニューにあり、16種類のトッピングが書かれています。

興味がありましたが、実は字が小さくて見えない!!
情けないわ。メガネを持って出かけないと見えないねぇ。













b0111632_10532736.jpg


ARUGULA & PROSCIUTTO
ルッコラとプロシュート

モッツオレラ、パルミジャーノ、ルッコラ、そして最後にトリフオイルがかけてあります。 極上の味です。 小さなサイズで$8.00です。 この材料の質の高さで、この値段は嬉しい。









DESSERT

パンナコッタ

b0111632_10561327.jpg


口頭でデザートの説明を受けて、即座に把握するのは上級編です。

これはパンナコッタですが、SARAが食べられるかもしれないとーー決めました。 実際口を前に出すほど、お気に入りだった様子です。 チビグルメベイビーです。 大量には食べないので、牛乳が入っていましたがOKってことにしました。


パンナコッタも思い切って濃厚な味でした。
自分で作ると、もう少しあっさり作ってしまいがちです。

レーズンが散らしてあり、キャラメルのソースがかけられています。
全部が口の中に入った時の総合的な甘さを考えて作られていると思われます。 パンナコッタ自体の甘さが相当控え目だったのはー最後まで考えられているからだとー感心してしまいます。





中心になっているのが自家製モッツオレラチーズ。
相当完成度の高い調理の上に成り立つお料理でした。

素材ありきで、調理と料理が完璧になされているのがわかります。
(調理とは焼く、切る、混ぜるなどの動作の事。 料理はそれをどう組み合わせてまとめあげて表現するかと言う技の事。)






自家製/FRESHと言う言葉が何度か出てきますが、こちらではチーズを伸ばしてモッツオレラに形成する作業からこだわりの職人技を発揮している部分がウリです。 TVでも紹介され、プロも称賛する特別なレストランであると大評判です。








私の人生で、一番美味しいモッツオレラチーズとピザをいただきました。

とても表現しきれない、特別なランチとなりました。

明日もあさっても、しばらく毎日続けていただきたい程です。

今回の滞在のお食事、間違いなく#1はこのお店です。




















b0111632_12452340.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2012-11-30 10:58 | restaurant

ターキーですが・・・・・・・・・


感謝祭で必ずテーブルにあがるターキーですが、赤ちゃんからお年寄りまで楽しむことができます。

脂肪が少なくクセもないので、翌日の残りもサンドイッチにしたりと大活躍です。



欠点と言えば、水分が少ないためにパサパサしがち。
それを補うべく、一度ブラインと言われる水溶液に漬けてから焼くなどの工夫が必要です。







b0111632_0411636.jpg







案外驚いちゃうのが、価格です。

1ポンドが¢89と書かれていました。
と言う事は、1キロに換算しても200円以下です。


7~8キロで10人以上まかなえるので、コスト的には大変お財布に優しいとわかります。








b0111632_0432877.jpg







これを書いていて、思い出した事があります。

家に遊びに来た20歳代の友人ですが、アフガニスタンに滞在して帰国した若者です。 

THANKSGIVINGのカボチャのくりぬきを一人一つずつすることになり、終わってみたらカボチャに銃の絵が描かれていたのです。 私もそのかぼちゃを見ました。

本来は顔にすればOK。

でも、彼の頭の中には別のイメージがあったんですね。

アメリカです。

これもアメリカの人とこころです。










b0111632_0435988.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2012-11-30 00:37 | GOURMET

skyfall





b0111632_12183772.png




skyfall

映画を観ました。
最初から身を乗り出して、真剣に観ました。
凄い迫力です。
面白い!!




今日は、愛犬を2匹DOG PARKに連れていく予定でした。

私は前回転んで大失笑されたので、どうしようかとちょっとだけ思っていました。

でも、結局誘われることなく~
私は映画を観る事にしました。





007の最新作を近所でやっていたので、7ドル出して一人で観てきました。




一人でゆっくり映画を楽しみ、こんな日も良いかもね!などとにんまり。

夜ごはんは、豚の生姜焼き を作ってあげました。

のどかな一日でした。 





終わりemoticon-0160-movie.gif









b0111632_12424863.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2012-11-29 12:28 | MOVIE

strawberry cup cake



娘が、SARAのお誕生日に向けてPARTYで出すカップケーキの試作をしています。 

ベンダーにオーダーするか、自分で作るか、そのあたりを考えているそうです。

SARAのお誕生日もまだ随分先なのに、熱心な事です。






淡いピンクをテーマカラーにしているので、ケーキもイチゴのカップケーキにしたいのだそうです。 生のイチゴや冷凍物を使うレシピにするか、BOXのケーキミックスにいくつかの材料をプラスして仕上げるレシピにするか、そのあたりも考えどころです。 

結局は保存性を考えて、イチゴは生や冷凍を避ける事に決定。










b0111632_10502486.jpg












b0111632_10531338.jpg












b0111632_1055979.jpg











b0111632_10565039.jpg











b0111632_10583583.jpg











b0111632_1114831.jpg








フォンダンの色や、アイシングなどのバランスを試作しました。

カップケーキ自体があまり甘くないレシピで一安心。
なんたってあまり甘いの、苦手なので・・・。




何事もやってみないとわからないですね。
私は見ていただけですが、フォンダンの飾りなどはセンスがないと可愛く出来ません。

勉強になりました。
[PR]
by gacha-mama | 2012-11-28 11:04 | COOKING

KID'S MENU






どこのレストランに行っても、子供連れだと大人のメニューにプラスお子様メニューが渡されます。
12歳までのお子さん限定!!

入口で聞かれる事なく、自然に渡されるのが常です。

厳密に言うと、SARAのようなあかちゃんには必要ないんだけどね。
何があるのか、興味があるので一応見る事にしています。






メニューに加えて、クレヨンが2本ついているのが通常です。
中を開けると、暇つぶしのできるクイズやお絵描き、迷路などができるようになっています。









メニューの中身は大体同じです。

SARAはまだ食べられないものが多いけど、そのうち自分で選ぶ日が来るのかしら。

量は結構あるので、私一人で食事をするならこの量で全然足りちゃいます。 

アメリカサイズの大盤振る舞いです。













これは、”PAPPADEAUX”
南部料理のお店のKIDS MENU.

普通のファストフードとちょっと違います。

FRIED TILAPIAなどが南部風かも。
コーンミールを付けて揚げています。


MAC & CHEESE これはどこでもあります。
マカロニあんどチーズ いわゆるグラタンにチーズが多めに入っているタイプ。







b0111632_1343114.jpg






KID’S MENUも集めると楽しいんですよ。

去年までは考えることさえなかったけど、ホント・・面白いかも。

クイズなど、中には私も考え込んでしまうものがあります。












b0111632_1373036.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2012-11-26 13:07 | in US

FARMERS MARKET PART2






b0111632_821439.jpg


























b0111632_864437.jpg













b0111632_813284.jpg




















b0111632_8251397.jpg

b0111632_8272170.jpg

b0111632_8363794.jpg













b0111632_8293842.jpg
















b0111632_8312556.jpg
































b0111632_8415785.jpg

b0111632_8433756.jpg

b0111632_8444914.jpg
b0111632_8454893.jpg
















FOOD TRUCK

@farmers market

一つの端にこのトラックが止まっていました.
もう一方がバンドのステージ。

決して広いスペースではありませんでしたが、両端の空間ととベンダーがうまく配置されていました。

ここのところ、このFOOD TRUCKが大変な流行です。
日本にもありますが、移動しながら販売します。

大都市のランチ時には、列ができる人気トラックも多い、

この日のトラックは、南部料理に近いメニューでした。

朝食に合わせて、グリッツがありました。

  ・グリッツ  目玉焼き、カリカリベーコン、グリッツ それが朝食です。

先日のちーずグリッツのように、味を濃くしてお料理のサイドとして出される場合もありますが、まずは朝食でいただくのが本来の食べ方です。 オートミールのように加熱しますが、材料はコーン(粗引き、細かく挽いた、白、黄色い、など種類があるトウモロコシを挽いて乾燥させたものが原料です。








b0111632_847962.jpg


b0111632_8482612.jpg


b0111632_850169.jpg


b0111632_11142779.jpg


b0111632_11161987.jpg









b0111632_11115574.jpg














b0111632_11173035.jpg




"GLUTEN FREE FOOD"















b0111632_11231847.jpg











b0111632_11295252.jpg

b0111632_1131633.jpg












b0111632_12495472.jpg


b0111632_125477.jpg















b0111632_1256379.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2012-11-26 08:50 | GOURMET

QUARRY FARMERS AND RANCHERS MARKET




QUARRY FARMERS & RANCHERS MARKET
SAN ANTONIO TEXAS





良く行くプラザにて、ファーマーズマーケットを日曜日の13時までやっていると情報を得ました。 先週は行ったらちょうどお片づけをしているタイミングでした。




11月も終わりだと言うのに、焼けるほど暑い日です。


限られたスペースでベンダーの数も少ないのですが、選びぬかれた有機野菜や草食の牛肉、グルテンフリーの食品、ホルモンフリー、エアルーム(野菜も原種のもの)、職人の手により作られた品々などが売られています。

半数近くのベンダーが、そのまま食べられる食品を扱っています。
お昼前に行くと、お腹が空いているのでーどれも美味しそうに見えます。

誘惑に勝てず、アレコレと買っては食べてみます。
二人なので、その点はいいね。 




SARAの好きなパンを買ったり、手打ちパスタやドレッシング、インド料理のナンやカレーなどなど、お買いものをしました。



明るい日差しの中で、日曜日らしい過ごし方をしました。





もう少し早く来たら、ライブでバンドがBGMを奏でているのも楽しめたらしい。
次回はもう少し早く来ましょう。












これからは、randomに写真をUP.

カメラが気が付いたらベトベトになってました。 (笑)













b0111632_7291916.jpg










b0111632_7311679.jpg










b0111632_7323210.jpg









b0111632_7354922.jpg












b0111632_737181.jpg



















b0111632_739138.jpg

b0111632_74058100.jpg

b0111632_7422176.jpg

b0111632_7434133.jpg



















b0111632_7455178.jpg



















b0111632_7473570.jpg

b0111632_748483.jpg

b0111632_7501027.jpg





















b0111632_753960.jpg

















b0111632_7545699.jpg













b0111632_756382.jpg













b0111632_7575435.jpg










つづく・・・・・・・・・
[PR]
by gacha-mama | 2012-11-26 07:58 | GOURMET

 THE WITTE MUSEUM PART#2



さて博物館では”ミイラ展”をやっていました。

多くの観客が次々に訪れていました。

ここで”ミイラ展”を見ることになるとは、思ってもいなかったわ。








b0111632_1238271.jpg




バイソンの展示もありました。
ミイラ展示会場ではカメラを出しにくい感じでしたが、ここならok、

b0111632_12513524.jpg


本物をコロラドで見ましたが、大きいの。
こわいくらいに大きい。

毛むくじゃらで、可愛くない。






本来の展示”ミイラ”も勿論たくさん展示されておりました。
熱心に説明を読む人がいて、驚き。

歴史の浅いアメリカですが、それでも精いっぱいに展示していましたよ。







さらっと見て、隣りの子供館にて。
なんたってbaby連れなので、長居は無用。




TVの天気予報のアンカーを体験できるコーナーでちょっとお遊び。
子供っぽい家族だね、なんだか・・ヘラヘラしてるわ。
ちょい不安。




b0111632_1242447.jpg



b0111632_1245668.jpg



b0111632_12473930.jpg











博物館はsan antoio city所有の広い公園の中にあります。
その敷地を電車が走っています。
$3.30で外枠を一周して、観光ガイドをしてくれます。






b0111632_12583166.jpg


のどかな一日です。
暑くもなく、寒くもない。

落ち着いた田舎の風景です。









b0111632_1371991.jpg


観光電車に乗りました。

前に乗っているメキシコ人家族は、ipadでお写真を撮っておりました。
時代を感じます。





b0111632_131193.jpg






b0111632_13141950.jpg






b0111632_13284249.jpg


夕陽の沈む時間帯の空が大好きです。

5時半から6時半にかけての変化は、特別美しい。

ブルーからグレーがかった色になり、オレンジの濃淡が地平線に広がります。

小さな事にこだわらない、そんな気持ちにさせてくれる空がみんなをいつも守ってくれている感じです。








お疲れ様でした。

いつもしない行動ばかりで埋め尽くされた一日でした。
たまには良いかもしれない。


お天気にも恵まれ、楽しいひと時になりました。
[PR]
by gacha-mama | 2012-11-25 13:15 | in US

we went to the witte museum today.




今日は土曜日。
サラのパパがMUSEUMのタダ券をもらってきたので、私も行くことになりました。

本当は、別行動でNAIL SALONに行きたかったのに、やはりこの場合は、家族としての”協調性”が重視されると判断。

どこでも行きまっせ。 :D








ランチをしてから博物館にて数時間過ごし、帰りに買い物をして帰宅。 長い一日でした。 




どうも齢60歳近くなると、以前の私とはわたしが違う。
このあたりでSPAでマッサージでもしたい~と叶わぬ夢がちらつきます。 体力の衰えは否めません。(この否めないなどの日本語ですが、もう娘は理解できません。 話しはそれました。













ランチは南部料理のお店になりました。
お目当てのピザ屋さんが大混雑でしたので、ちょっと目的のお店とは違う種類のrestaurantとなりました。

今まで2回来ていますが、最後に来た時に食べた牡蠣が後々問題になったのが思い出です。 メキシコ湾で採れる牡蠣に菌が見つかり、お店で生で出さない様にとその日の夜お達しがあった日、牡蠣を生で食べた思い出です。 私は牡蠣が大好きですが、幸運な事に今まであたったことがありません。








PAPPADEAUX
SEAFOOD KICTHEN






b0111632_1214263.jpg





b0111632_1233774.jpg


手前がガンボ。海老のガンボにしました。

右側の奥は、テイラピアのフライ、ざりがにのフライ、海老フライ、
サイドはチーズグリッツ。

ここのグリッツ最高です。
すぐに家に帰れる場合なら、絶対グリッツをTOGOにしてもらいたいーそれほど好きです。

アンドユイユソーセージのみじん切りが入っていて、コクのある絶品です。






b0111632_12668.jpg


CRAWFISH COMBO盛り合わせランチ:

CRAWFISH ETOUFFEE ザリガニのエトフェ ブラウンソース
DIRTY RICE
GRILLED CRAWFISH 







南部料理のCRAWFISHですが、今は時期でないのでboil/蒸した状態のものが無い。
多分冷凍を使っている様子で、エトフェと言われるフランス料理の影響を強く受けたブラウンソースで煮こんだものなどがメニューに出ています。

これは本場GEORGIAでいただくと、それは感激する味でした。
ちょっと泥臭い海老みたいな味で、大量に食べるのは考えものですが。

南部料理はフランス料理の影響を受け、なおかつスパイシーで辛めなのが特徴です。










最後はPOBOY サンドイッチの事をPOBOYと南部では言います。
外側がカリッとしていて、中の柔らかいフランスパンを使います。

中身は選べますが、この写真では”なまず”を選択。
タルタルソースがかかったフライ(衣はコーンミール(トウモロコシを挽いた粉))のサンドイッチです。



b0111632_12123797.jpg





PAPPADEAUXはデザートが素晴らしいセレクションです。
残念ですが、今回はデザートをパス。
サンプルを横目で見ながら、我慢。



















続きます。
[PR]
by gacha-mama | 2012-11-25 12:15 | in US

thanks giving part2

b0111632_12214231.jpg


with sara's cousin.

サラの従姉妹です。
なんたってパパの兄弟の一番下が、まだ12歳だってくらいだからーー
従姉妹はまだ二人。


どうやらサラは自分のパパが二人の従姉妹を抱っこした事が気に入らないらしく、不機嫌になりそうに・・・。あわてて抱っこして落ち着きました。 もういろいろわかるらしい。





b0111632_1225535.jpg


Happy birthday Victoria

b0111632_12302598.jpg



サラのパパのママの妹の子供ーが17歳になるらしい。
ずばりお誕生日でないのだけど、この場を借りて資金稼ぎと出た。
お祝いはCASHがお好きらしく、さすがに数えたりしなかったものの・・そんなものなのかと??

肝心な御当人がお幸せそうなので、それでよしとするか。














b0111632_12361712.jpg


Oh deer !

テキサスらしい家の作りです。
前の庭がすでに広い。
このような家並みがしばらく続きました。

ゴルフの打ちっぱなしに行く2分くらい前に通りかかった住宅地ですが、どこの家にも2,3匹の鹿がうろうろしていました。

以前も書きましたが、ガソリンスタンドなどで”鹿フード”を売っています。
リンゴフレーバーも見かけた事があります。

絵付け、でなくて餌付けをする人もいるわけです。

鹿は見た目が可愛い。
被害はあまりないのでしょうか、住人も認めて自由にさせてあげている様子です。














b0111632_12385092.jpg

b0111632_12405560.jpg

b0111632_12425215.jpg


at the DRIVING range

日系人である、またいきますよ~~、サラのパパのお母さんのお母さんがお父さんと離婚して再婚した相手ーーぜいぜい、 がその叔父さんです。 その叔父さんがいきなり”打ちっ放しに行こう、それも今日は閉まるのが早いので、早速行こう~”と声をかけた事から実現しました。

THANKS GIVINGで親戚が集まっている最中に、いきなりの提案です。
国際的にみても、突飛、です。


ご飯をそこそこに、一端写真のメンバー(サラのパパのおバカ3兄弟)と娘、私、叔父さんと子供ーーで打ちっぱなしで楽しんでいる様子です。


いきなりだったので、娘はブーツだし、私はワンピースでした!!
(それほど関係ないけどね)


















b0111632_12453731.jpg


家の前の道です。
進行住宅地で、以前は砂漠だったのかと思われるのですが~

何もかもアタラしい。

住宅の価格は、単純な比較ができませんがー4LDKで敷地面積が200~300Tだとしても・・2000万円代と思います。

ご近所の住人とも仲良しです。
何故かお医者さんが多く住んでいます。

ひと固まりの住宅地ですが、かなり戸数は少ない方です。
多分30軒以下かと。
多いと100を軽く超える家が立ち並び、暗いとどこの家が自分の家かわからなくなると思います。←そんな事はないとも思いますが。(笑)













b0111632_12475310.jpg




BATMAN CARを買ったので、撮りましたが暗くてわからず。
車はこれでも台数が減って、今はコルベット、リンカーン・ナビゲーター、ムスタング、タイタントラックの4台。 わたしが乗りまわしているのが、トラック。トラックと言っても前の方は普通のセダンの車の用に前後に座席があるタイプです。 車高をあげて有り、よいしょっとのるのが大変。 スカートなんて考えられないです。

こちらにいる間は、服装もかなりカジュアル、化粧も薄く夕方にはテカテカになり、なりふり構わずと言う言葉通りの生活です。 孫のクッキーが胸に乗ったまま一日過ごしても何とも思わなくなりました。 怖い。



車の事ですが、サラのパパは車の営業です。
売るだけでは物足りず、家にも売るほどあるのが可笑しい。



















兄弟の手を借りて、クリスマスのライトを付けました。
良かったよかった。





これからはクリスマスに向けて、入魂で飾りつけに入ります。
ご苦労様でございます。



以下はご近隣のライテイング。
洗練されたデザインと、可愛らしさが特徴。 
なんちゃって。





b0111632_1315436.jpg







b0111632_13174114.jpg


右側のサンタさんですが、出たり引っ込んだりします。

お父ちゃんの苦労の末の自信作と思われます。
[PR]
by gacha-mama | 2012-11-24 12:48 | in US