<   2011年 09月 ( 34 )   > この月の画像一覧

9月の定期クラス 




秋晴れって言うより暑いくらいの気候です。
そんな日にパイを作るテーマにしてしまい、ちょっと反省。

5分も室温にしておくと、もうすぐパイもダラダラになってします。

やっぱり気温が25度を下回るくらいで安定した日でないと、
市販のパイクラストにしたからまだ良かったけど、
自分で最初からスクラッチで作ると大変だったかもね、











定期の教室



メニューは告知の通りです。

パイをテーマに4種類。
プラスいただいたサントリーのモルツビールを試飲。

フルーツガーリックも試食して。
先日いただいた野菜のソース(マンボウ食品)もいただき、

フルーツガーリックのドレッシングもタコにかけていただき、

あれやこれや、
多少落ち着きのない教室となってしまい、ちょっと反省。














● キノコのタルト

b0111632_1313172.jpg


この長方形のパイ型はアメリカで今回購入して持ち帰った物です。
なかなかないでしょ。

フッ素加工されていて、パイがするっと抜けます。
勿論下の板も抜けるタイプ。 かなり便利です。

本来はリンゴのスライスをだ~~っと並べてパイにするために買いましたが、
こうしてキノコのタルトにしてもお洒落です。


キノコはこの色までじっくり炒めます。
秋になり、八百屋さんの店先にもキノコが並んでいます。

日本はたくさんの種類のキノコが出ているわね。
でも残念なのは(栽培物)が多いところ。
中々本来の旨味は全部の種類で期待できるわけでもないのが残念。
東京では自然に生えたキノコをお料理できるチャンスは殆ど難しいね。


それでも・・・

今回は、原木しいたけなどを使いました。

キノコや昨今話題の放射線量の問題から、積極的に多量いただくのも懸念があります。
高島屋の野菜売り場で、色々質問しながら選んで購入しました。




今年は食材選びにもすこし気を使いますね。














●● サーモンとデイルの簡単キッシュ

b0111632_1483058.jpg


↑ これはパイを下焼きしてから、スモークサーモンとデイルと卵、生クリームを流し込んだ所。

b0111632_14102743.jpg


良く焼けております。 WELL DONE
もう5分手間にオーブンから出すべきだったかもなんだけど、
実は食べてみると美味しい。 しっかり一体化した味のまとまり感が結果良くできておりました。
冷めてからも美味しいし、薄いタイプなので好きな面積をカットしていただけます。


b0111632_14131232.jpg


お皿はコンランショップにて購入。
アメリカの田舎っぽい感じにしたかったんだけど、どう?


Mっちゃん、積極的に’私やります!’と意思表示してもらい嬉しかったです。
結果この見事な出来栄えです。
美味しいし、簡単だったでしょ?
ね。












●●●  玉ネギ、アンチョビ、オリーブのパイ

b0111632_14143998.jpg



本来はフランスのお料理です。
美味しく玉ネギをいただく一つの方法として素晴らしいお料理です。
大好きなタイプのタルト。


FRESHタイムをたくさん入れて、たまねぎ(糖分の高い甘いたまねぎFROM淡路島)をゆっくり炒めました。甘い甘い。 そして上にはアンチョビをのせて、オリーブを飾りまして出来上がり~。

大人のアペタイザーとして、どうでしょう。
玉ネギもあめ色になるまで炒めるので、それだけでも美味しくいただけます。
たまらない深みと舌に残る旨味がある今旬の玉ネギです。
是非積極的に使いたい食材#1です。










●●●  レタスカップ

b0111632_14184227.jpg


アメリカ料理代表的なお料理です。
レタスの中に炒めたひき肉、揚げた春雨、を入れて最後はスイートチリソースをかけます。


春雨を揚げる事にして、かわるがわるチャレンジ~♪♪~

b0111632_14204035.jpg


キャッキャッ言っちゃいます。
大騒ぎ。

でも上手に揚がったので、皆様大満足。
胃が痛くなるようなイメージで敬遠されがちな、高温の揚げ物も一回克服すると怖くない。
だと良いですけど。


中途半パンな温度でなく、いっそ高温でサクッと揚げます。
これをレタスカップに少し加えるだけで、効果抜群です。
数倍の美味しさに変身。








●●●●●  サントリー プレミアム・モルツ 試飲

b0111632_14235111.jpg


TVですでにCMが流れているので、理想的なつぎ方は皆様理解されていました。
一揆についで、泡の層を作り、少し待ちます。
段々騒ぎたくなるらしく、え~まだ~え~
早く、
などと声がかかります。


b0111632_14264940.jpg


ここから先に、また残りのビールを注いで350mlが全部グラスに入るーーはずーー。



乾燥した空気の中で、美味しくいただきました。
独特のリッチな風味があります。

何本もいただけるかどうか別として、(他のビールは何本でもいけますが・・)美味しいビールです。









●●●●●●  フルーツガーリックドレッシングを試食

b0111632_14333492.jpg


京丹後のフルーツガーリックから出されている、ドレッシング。
タコとトマトにかけていただきました。

全然大蒜の匂いが感じられないほど、まろやかな仕上がりになっています。
色々あるのね、美味しい物が。 知らないのは勿体ない。









●●●●●◎  パン

b0111632_1437239.jpg


試食がたくさんあったので、今回のパンは薄切りにして紙に包んでみました。

イタリアのパンですが、やさしい個性の強くないパンを選びました。









◎ デザート#1  パイ オレンジのパイ


b0111632_14392935.jpg


           ↓

b0111632_14404771.jpg









◎ デザート #2  ピンクシャンパンのゼリー

b0111632_1442384.jpg


ラズベリーとブラックベリー(!)
上にのってるクリームは、クロテッドクリーム (協賛でNAKAZAWAから頂き物)。

アルコールを全部飛ばさずに作ったので、シャンパンのアルコールが少し漂います。




                    ★★★★★☆☆☆☆




b0111632_14451723.jpg


今回はSUNTORYさんから、  PREMIUM MALTS をいただきましたので試飲しました。
お昼のクラスなので、全員ということにはなりませんでした。




・その他、サロネーゼの企画からもたくさんいただきました。
野菜の旨味をそのまま閉じ込めたソースも試食。

b0111632_1448563.jpg






b0111632_14491498.jpg


パイも4種類無事焼けました。






皆様ご苦労さまでした。
ご協力感謝しております。


試食の充実した教室になりました。
いただきました協賛各社にも感謝です。




また京丹後のフルーツガーリックも皆様にお渡ししました。
新しい食材に出会えたのも何かの縁ですね。



ちょっとバタバタしましたが、まずまずの出来栄えだと自負しております。
また来月よろしくお願いいたします。
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-30 14:51 | 定期のクラス

PC復活 祝 ~





少し間があいてしまった感じがします。
私のやる事は本当に無駄が多いので自分でもガックリ。
昨日の教室は、本来同日にUPするのが基本でしたが・・・


一時的にNETがダウンして、PCも使えず・・・
胃が痛くなるような数時間を過ごしました。
血圧も上がったかもしれない~。


どうも私は得意な事とそうでない事、出来たらしたくない事、
などがMIXしている人間みたいです。

よ~~~~~く考えたら、一番自分にとって楽なお仕事がお料理をする事自体。
その次がメニューを考える事。
次が写真。
BLOGのUPもそんな苦でないし、
FACEBOOKに書き込む事もOKだし、

なんだ、
何がイヤかって、PCなどの電子機器が不調になった場合が一番ストレスが大きいね。
中身を外に出して、リカバリーするのも2回くらい自力でやったけど、
胃潰瘍になりそうだったです。
正直やな作業だったね。

あと、お仕事をして請求書を出すのもめんどっちい。
アンケートも面倒だし、

あああ、
中々お仕事となるとお気楽に行きません。

私の周りで、いつも困ると助けてくださる数人の犠牲者の方、
すみません、が、これからも頑張って助けてください~


KOKOちゃん、ありがとね!
何とかなったよ。
詳細は個人的にメールするね。






てなわけで、

約1日半ダウンしていたPCも復活!

一日見なかっただけのメールは40通にもなっていました。
怖いね。


これから色々気をつけて生活/お仕事してまいります。








無事PC復活


9月のお料理の模様は次のBLOGへ・・・・・・・・・・・・
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-30 12:54

BEYOND 9/11






オーダーしていた本が届きました。

BIYOND 9/11


TIMEの出しているハードカバーで、素晴らしい本です。
9/11で家族を失った人や当時の様子など、様々な人が自分の言葉で表現しています。
今だから語れる言葉を知る事ができます。







私はその時日本にいて、子供達は全員Aにいました。
NEWS STATIONを見ていた母から電話があって知り、そのままLAに電話をしたのを思い出しました。

’何言ってんの?’
から会話が始まり・・・
TVの画面で確認して愕然としたのが思い出されました。











自分よりも他人を優先して救助にあった当時のFIRE FIGHTERSの様子、

その時の様子が臨場感いっぱいに書き綴られています。





世界各国でも未だにテロの脅威が消え去りません。
家族を残している私にとっても、まだ完全に解決しているわけでないから怖い。







避難するために階段の右側を駆け下りる人達、
それに反して階段左側を駆け上る消防士達。
一体何人が生き残ったんだろう・・・・







b0111632_15474865.jpg






b0111632_15484722.jpg






b0111632_15493547.jpg






b0111632_15502631.jpg


その日はこの男子のキンダーの初日。
その子供も大きくなり・・・






亡くなった方には哀悼の意をおくります。

もうこれ以上悲惨な事件は必要ない。

ちょっと違うけど、天変地異も勘弁して欲しい!

ずっと平和であって欲しいですね。



ガンバレアメリカ  

BEYOND 9/11  
PORTRAITS OF  RESILIENCE  









☆☆☆ 翌日届いたのがこの本  NEW YOURK SEPTEMBER11 ☆☆☆




b0111632_9211319.jpg




複数のカメラマンの撮った写真の集大成です。
それぞれが当時を思い出してコメントしています。
その文と一緒に写真を見る編集です。

胃が縮みそうな衝撃です。




10年経って振り返る。
一区切りのはずが、再びその想いは蘇りそうです。

これもアメリカのやり方です。
ずっと忘れない。
それがアメリカです。
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-27 15:57 | books

小鰯のパスタ


お天気良くなりました。
お買い物をしたり、お散歩しようかなって気持ちになります。

湿度が低いときは、パントリーの扉を全開。
中を乾燥させられるからね。
虫の予防にもなるよ。






一番近い商店街(と呼ぶのに抵抗のある店数ですが)にて、夕方お刺身にできる小鰯が並んでいました。さっそく2パック(ツーパックって♪グループみたい)買い求めました。





テーマを得てメニューを考えるが大好きです。
揚げるのも良いし、
麦麹で漬け込んでから蒸すのも手、

頭の中ではお刺身の絵は登場せず。





小鰯はパスタになりました!!!




b0111632_14234632.jpg


三枚におろしたままです。
唐辛子、にんにくをオリーブオイルで熱して香りを出し、
鰯をチリチリ、カリカリに焼きました。

同時にスパゲッテイを茹でます。

同じ頃出来上がり、パスタの上に鰯をのせてパセリを散らして出来上がりました。





b0111632_14263091.jpg





驚くほどあっさりと仕上がりました。
小さな鰯だったからかなぁ・・・・・・・



一緒にいただくサラダは、
トマトとモッツオレラチーズにしました。

美味しいオリーブオイルをたっぷりかけて。





b0111632_1431859.jpg




一つのお皿の上で両方いただいてしまいましたが、結果はOKよ。どちらも相性が良かったみたい。









秋を感じるランチになりました。

ご馳走様





PS

鰯がもう少し大きかったら、ラグーにしていました。
RAGOUT 焼いて崩してボロボロにして・・・

小さかったので、皮のカリカリ感を大切にしようとしてこのままの姿でいただきました。
生臭みもなくって、ホントあっさりいただけました。

青森の田子の大蒜も最後まで取り出さず、いただいちゃいましたl。
サクサクしていました。
もう今日は人に会わないからOKよね、と自分で言い聞かせたけど~それほど臭くもなかったね。




結果OK
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-27 14:28 | COOKING

定期のクラス メニュー告知9月






b0111632_1216152.jpg






冴えない天気になっちゃいましたね。
雨が降るのか降らないのか、

私の喘息予報によると雨よ~。
大雨でなく中雨くらい・・
後もう少し年齢を重ねたら、関節の痛みも加えてより強力な予報ができる予定です。(え?)






久しぶりに渋谷の東急本店に行ってきました。
11時近くになってしまったのに、いつも一杯だった地下2階の駐車場がガラガラでした。
どうしたんでしょう。



地下の食料品売り場にも、高年齢の方の多い事。
20、30、40歳台のお客様が減りました。
驚きの現実です。










朝KIKUちゃんと話して、急にキノコのメニューを入れることにしました。
東急デパ地下にもキノコがたくさんお目見えしていました。





だから、今月はパイをテーマにしてみます。

●パイを3種類焼きます。  サーモンとデイルのキッシュ

                  キノコのタルト 万能キノコをマスター

                  たまねぎとアンチョビのタルト



東急本店の有機栽培野菜コーナーにて、糖度14度の玉ネギを見つけました。
一個210円です。
2個だけ買ってみましたので、それであめ色玉ネギを作っておきますね。
塩水たまねぎって書いてありました。
色々あるねえ。



またはまって大人買いするといけないので、サクッと通り過ぎました。(汗)




●●サラダはお肉料理みたいな

  ・レタスカップ  鶏肉と揚げた春雨が入ります。



●●●デザートもパイ

  ・オレンジのパイ


それか、急にパイづくしに飽きたら’ピンクシャンパンのゼリー’



なんて、考えています。









★酒粕に漬け込んだクリームチーズもありますから、まぐろの酒盗で和えてオードブルもしましょう。

★フルーツガーリックもあるので、それも試食して~


★サントリーさんからプレミアムモルツもいただきました。お試しいただき~

★これだけだったかな。 






そんな感じで考えています。
CU 木曜日にお会いしましょう。





b0111632_12143077.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2011-09-26 12:20

本 人生最後の食事



b0111632_11315396.jpg



この本の広告を見た瞬間に、読まねばならないと意識しました。
そして届けられた本を正座をして読み始めました。


ドイツのジャーナリストが書いた感動のノンフィクションです。
ハンブルグにあるホスピスで働くシェフと入居者を取り上げています。

人生の最後の時を迎えるために、より充実した時間になるように
そして個々のリクエストに出来る限り応じて作られる食事。

ドイツでなくても、世界中のどこの国でも同じ瞬間が生まれるわけで、
そんな最後の一時を食とともに取り上げた本です。





数年前に私も個人的に衝撃を受けた’消防士の御飯’についても同じ事が言えます。
作られた食事がその消防士にとって最後の食事になるかもしれないーーー
そんな緊張感の元に食事が作られます。

ただ単に美味しいと言われるのが目的で無く。




先月遠い親戚のご葬儀に参加しました。
この叔父様は、慶応大学の仏文科を卒業後アメリカに渡り神学校を卒業。
プロテスタントの牧師様になられました。

その後35年間米国国防総省に席を置き、
潜水艦にアメリカの海軍兵士と共に乗り組んで心の支えとなり、
またアメリカはサンデイエゴに全日制の日本人学校を建て、
ブラジルに8つの協会をたてた人です。




家族も米国で生まれ、長男は陸軍士官学校を主席で卒業。
優秀なために新聞やTVにも出てその栄光が称えられました。
当時私はマンハッタンに住んでいた事もあり、休みの時には良く遊びに来てくれたのが記憶にあります。
士官学校の制服を着て、帽子をかぶったまま遊びに来ていたのが印象的でした。



長女は日本に帰り、医師の道を選び今日も日本の病院で活躍しています。
何かあるたびに相談にのってもらえる存在で頼りにしています。


陸軍士官学校(WEST POINT)を卒業した長男ですが、志を医学の方に変更してアメリカにて大活躍している最中です。



そしてご葬儀の際に聞いたところ、
今はパームスプリングスの郊外で終末医療の病院を経営している、と言っていました。






アメリカにおける終末医療にも興味があります。
そして今この本に出会ったので、
次なる私の興味は、



アメリカのHOSPISでは、どんな食事が出されているのか、
とても興味を持ちました。


機会があれば、その親戚を訪ねてみたいと思っています。



ただでさえ、日本人ほど食に対する意識がそれほど高いとも期待できないのですが
(すみません、間違っていたら、偏見だったら、ごめんなさいね)
でも、
アメリカで最後にいただくお食事って、どうなんだろうって。





究極のメニューにも思えてきました。


自分に置き換えて、最後に何をいただいてその時を迎える事になるのか。
深い話題ですが、ふと興味を持ちました。



国と文化と歴史と人、それから宗教や思想も・・・
それを知らないと、それも理解できないと思います。
取りあえず、今できる事は

いっぱい知る事。
理解する事。


でも、その場に足を運んだ臨場感には勝てないでしょうね。きっと。



新しい課題を示唆してくれそうな本に出会いました。
ちゃんと読み終えて、頭の中も整理しないといけませんね。





PS

ご葬儀の際、賛美歌を何曲か歌いました。
その中でも2,3曲バイリンガルになってしまい、(最初からすでに英語と日本語の2種類の楽譜が用意されていました。)
AMAGING GRACEが特に大好きな曲なのですが、英語と日本語同時に歌われた驚きに近い体験をしました。



日本の典型的な葬儀と違い、特に教会関係者が殆どを占めるご葬儀でしたので、それは心の落ち着く立派な式でした。終わった後に残る感動にも思える余韻が素晴らしくて感動しました。
本来はこうあるべき最後に送る会として、理想的な式でした。


気持ち良く天国に召される。イエス様の元にいらっしゃるのです。

そこにはお返しがどうの、戒名がどうの、お礼がドウの、って下世話なたわ言は存在せず!
まさに叔父様の行き方が最後の瞬間まで導いた結果と思いました。


感動をして帰路につきました。誤解を承知で表現するとー嬉しかった、楽しかった、良かったに近い感情を持ち帰りました。

素晴らしい人生に少し触れさせていただき、味わったことのない幸せ感を経験しました。
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-25 11:48 | books

静流  @代々木公園 駅の前




静流  SIZZURU
そうお店の前に書かれています。


半地下ですが、少し外から様子が見られるます。
一見だと入りにくいかもしれない、敷居の高そうな日本料理のお店です。



でもご安心を!
正統派の日本建築に近い店内の造りも、
白木のカウンターも、

そんな素敵でちゃんとしている空間なのに、
お料理と居心地の良さは極家庭的でした。



カウンター8席のみ。
小さなお店ですが、純日本建築仕様です。
どんな細かい部分でも、きちんと造られています。
デザイン/施工した人達にも興味が沸きそうな、そんな場所。









静流


お友達のグラフィックデザイナーのYみちゃんと待ち合わせしました。
このお店もYみちゃんからのご紹介です。
多分私と御飯を食べようとする人は、ある程度気を使われるようです。
お気の毒。
Yみちゃんの趣味だったら全部嬉しいので、楽しみの気持ちが盛り上がります。




代々木公園前のお店でお買い物をするために家をその分早く出ました。
私の家のまわりで出来ないお買い物をができます。

昨日は、3mのホース。
湿度計
電球

よかった全て2割引。





などなどお買い上げ。


地元隠田村の唯一の電気やさんがクローズしたため、電球など買うのが面倒になりました。

ほんと、私の家の周りは住むには不便な場所だと言えます。
八百屋さん以外にお店が少なく、
何も用意のない夜の御飯などは調達できるお惣菜屋さんなども何も無い。
ちょっと不便なのよね。











再びお料理の本題に・・・

b0111632_9521433.jpg


ビールは生がなくて、ハートランドの瓶のみ。
美味しかったわ。今度買おうーー売ってるのかも知りませんが。





前菜は紫色の菊と帆立貝のお浸し (酢の物だったかも)

b0111632_101249.jpg


女性らしい器選びです。
木漏れ日に近い照明も可愛らしい演出です。

最近、和食屋さんでも間接照明にしてみたり、
照明デザインも凝ってきたね。

この灯りも女性らしい選択。
器の映り方も計算に入っているような、そんな気もします。


切子のビールグラスもそうなると一役買ってるよね。
脇役、主役、

面白くなってきたわよ~~~





● お椀  お豆の入ったしんじょうのお椀

 
b0111632_1041288.jpg


非常に女性らしい柔らかさの出ているお椀でした。
小さな塗りの器でそっと出されます。

お料理をしている女性ですが、まだお若い。
なのにこの感性。
個性も発揮されていて、出されるお料理にそれを感じます。






● 手書きのコースター

b0111632_106431.jpg


みんな違う絵でした。
御主人が書かれている様子。

このままお皿にしたら素敵。
勿体なくて使えないね、私だったら。








● お造り 鯵とまぐろ

b0111632_109593.jpg


わたし、お魚おろせない。
出来ると思うけど、ガタガタになってしまいそう。
羨ましい。
いつかH先生に教えてもらおう。いつか。








● 子持ち鮎の塩焼き

b0111632_1010569.jpg


じゃ~~ん♪
凄い。

今年はここで旬のお魚をいただいて、落ち着いて季節を迎えられる!!
子持ち鮎ですぜ。

TVで土石流の影響で鮎が心配とのニュースを見たばかり。
鮎の餌も少なくなるし、水は濁るし、
解禁になっても取りに来るつり手の数も当然減るわね。

そんな中、いただきました。
先日母いめるだ・と地元でいただいた鮎より充実の鮎(?)

気候、天候、などの影響を受ける自然の生き物達も大変だわ。








● 鶏すき

b0111632_10145265.jpg



小鍋仕立ての鶏すき。

中には・・・Yみちゃんが、松茸よ~~と。
え?

いました。ありました。
見つけました、松茸です。


よし、これでいよいよ落ち着いてこの時期を迎えられるぞ。
まだ食べてない~~とか、いつもみたいにグジグジしなくて済むのが嬉しい。

松茸をいただきました。

鶏肉自体も美味しいお肉でしたし、脇役の結び白滝、
葱、牛蒡、全て美味しくいただきました。

このタイミングで出されるのは、計算されているにせよ大正解。
たくさん召し上がる男性諸君にとっても嬉しいはず。


どうしても女性的なお料理だと、流れも女性的、
食材の選び方から調理も女性的になりがちです。

このあたりで、がちっといただけるのはシマリが出てよいと思いました。






●  しめの御飯

b0111632_1020960.jpg



御飯をいただくかどうか、迷っていました。
Yみちゃんはパスだって言うし。

私はいつも最後に御飯っていただかないので、全然オッケーだったのですが、
隣りに座られた見ず知らずのカップルに、

どうしても食べたほうが良い!

と、すすめられました。

素直な私は、

’はい’といただくことにしました。




羽釜で炊かれた御飯は違います。
おもわず満腹だったのにも関わらず、完食です。


電気釜が壊れて、高~~~~~~~~~~~~~いオカマを買ったばかり。
どんなに優秀でも、この羽釜には敵いません。と思いました。








明日からもっとちゃんと御飯を作ろう~っと思いながら帰りました。
本当にです。

きちんとした家庭料理でも何でも、妥協しないで作りたい。
頑張ります。と誓います。
たぶん。









気持ちよい友人との会話、美味しいご飯。
最高に幸せの夜となりました。
ありがとう、Yみちゃん。








b0111632_1026519.jpg


    静流  代々木公園駅から徒歩1分
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-25 10:26 | restaurant

オレンジのパイを焼きました。






b0111632_1363710.jpg


八百屋さんでデザート用に買ったオレンジが、あまりにも鮮やかなオレンジ色だったので
パイにしてみました。


渦巻きにしたパイの中には・・・
バター、グラニュー糖、そしてマイクロプレーンで削ったオレンジの皮が入っています。





b0111632_1383889.jpg





焼いている間はオレンジの香りが部屋中に広がりました。
幸せ~







b0111632_1395256.jpg




オレンジでなくても、レモンの皮でもokです。

今回は小さめにきつめに巻いて焼きましたが、
大きくゆるめに巻くと表情が変ります。

お砂糖を控えめにしたのですが、デザートの場合は思い切ってたくさん入れないと
メリハリがつかない気もします。





焼いている間の香りで一回目の至福の時が過ぎ、

いただいている時に2度目の幸せが・・・

3度目はお友達に差し上げる事かしら。




今夜はyみちゃんと約束しているので、お土産にしよっと。
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-24 13:12 | COOKING

フルーツガーリックでローストチキン


昨日は台風凄かったですね。
記憶に残る風の強さでした。

今年は震災に始まり、どうしてこんなに色々起こるのでしょう。
怖くなります。





私は、幸い自宅てコモって料理をすることにしていたので、
外の様子はTVで見ることになりました。



風が強く驚きました。
そして自宅のある場所では明治通りを通る救急車のひっきりなしに鳴るサイレンが聞こえましたよ。



家の周りで数箇所工事をしているので、何か飛んできても怖い。
施主も気が気でないと思います。
ガードマンが急遽配置され、神経を尖らせて見張っていました。






そんな悪天候でしたが、どうせ出かけられないならと覚悟をしてお料理。

しなくてはならないレシピ、そして丁度鶏肉があったのでいただいたフルーツガーリックとのコラボを調理。
翌日のサンドイッチの分も残して~っとまずまずの出来栄えです。









イタリア料理風
鶏の腿肉のフルーツガーリックロースト ローズマリー風味




b0111632_11151046.jpg

いつもは生のガーリックを一緒に入れてオーブンで焼きますが、
今回はこの京丹後フルーツガーリックを使います。
旨味と甘みが両方一度に満足できるはず。

生のガーリックを使うときに時どき気になる匂いも全くなくなるのも嬉しいポイント。




b0111632_11161313.jpg

鶏腿肉の美味しそうな見た目。
皮と身の間を指で開けます。

そしてその隙間にフルーツガーリックを入れます。
3かけ入れましたが、本来はもう少し入れたいところです。

ちょっとケチりました。



b0111632_11181195.jpg


美味しい塩+オリーブオイル+ローズマリー
これでオーブンで25分焼きました。

雨や風のために窓を閉め切って焼いたので、ちょっと家中が煙っぽくなったけどね。

鶏肉の焼ける香りは、ナンとも食欲を誘います。
キリッと冷えた白ワイン、またはビールが合います。

が、飲みません。
えええ、私は家飲みしないのであります!!!!!!!



忘れてました。
付け合せは、オランダのエシャロット。
たまねぎよりも甘みが強く、全体の主張は優しい。










b0111632_1220896.jpg


どうよ?
ジューシーに仕上がりました☆☆☆







b0111632_11185778.jpg


少し残しておいて、翌朝のサンドイッチにします。

思い切って中身はローストチキンとトマトのみ。


パンはこだわりのヂュヌラルテ。
ホヌカです。
モチモチしたパンの食感と、チキンの歯ごたえがマッチします。
マヨネーズなど使わず、トマトの風味をプラスして充分だってことです。





美味しくできました。
旨味とは何ぞよって謎の解明をしている気持ちです!

嬉しいフルーツガーリックとの出会いに感謝です。










台風の翌朝は気持ちよく晴れます。
台風一過です、まさしく。


さて、どんどんスケジュールをこなしましょう。
喉も渇いてきて、暗くなるとビールが恋しくなる季節(いつでも?)ですね。
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-22 11:30 | COOKING

御礼





祝58歳


b0111632_12541525.jpg




facebookへのメッセージもたくさんいただきました。
ありがとうございます。

これからも元気で頑張ります。

美味しいご飯と美味しいお酒、
みんなで楽しい時間を過ごせますように。

どうぞ引き続きよろしくお願いします。




なかがわかずこ
[PR]
by gacha-mama | 2011-09-19 12:58 | event