<   2009年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

パテドカンパーニュのサンドイッチ






b0111632_17593699.jpg




先日作ったパテ・ド・カンパーニュ 
フランスパンでサンドイッチにしてみました。
粒マスタードをたっぷり付けていただきます。

減塩して作ったのが、ちょっと物足りないかな・・・
後小さじ1の塩を必要とするマイルドな味です。

少し日が経つと熟成し、落ち着きます。

今度はピスタチオもちゃんと入れようっと。 
(入れ忘れちゃいました!!)
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-31 18:01 | COOKING

BAKED APPLE   ミューズリーを入れた焼きりんご




朝食に焼きりんごを作ります。
中にミューズリーを入れたタイプなので朝食向き。


b0111632_9235728.jpg



大きめのりんごは渋谷の100均LOWSONにてゲット。
なんだか知らないですけど、すごく大きい。
でも大きくないと中に詰め物がたくさん入りません。


本日のスタッフィングぅは:
  ミューズリー(グラノラ)、ピーカン、バター、シナモン、ナツメグ

本来だとブラウンシュガーが入りますが、それはパス。
りんごの甘さで充分だってことにします。


ナツメグは MICROPLANE でゴリゴリ。
ちょっと大きな穴を選びました。
ミューズリーが入るので、個性が負けないように・・・
ゴリゴリしていると香りがたって、何か作っている実感が生まれます。



b0111632_926744.jpg



これに付け加えてもっとボリュームを出したかったら、
アイスクリーム、 生クリーム、 サワークリーム、 カッテージチーズ、
なんかを添えるといいわ。


b0111632_9491590.jpg





難を言えば、あまりのりんごの大きさに時間がかかりました。
180度Cで55分。 朝ご飯には間に合わないって?!



b0111632_943262.jpg



焼きりんごって響きだけでも幸せな感じ。
お手持ちのオートミールやレーズン、セリアルなどを加えてオリジナルにチャレンジしてみて下さい~。
春休みのお子様と一緒に楽しめるかしら。
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-31 09:31 | COOKING

八丈島料理 はっとり  神宮前




週末の食事、何人か集まるとなると必ず候補にあがるのが’はっとり’。
と書くと、お友達の 'はいはいはい・・・’ と言う声が聞こえてきそうです。

絶対おすすめ、八丈島料理を堪能できる質の高い店です。


近所であるのも一つの理由ですが、美味しい魚を食べるにはここはおススメ。
この日も八丈島から運ばれた新鮮な魚や野菜が満載のメニューを堪能しました。

この店は繁盛店としての歴史がありますが、オーナーの服部貴子さんは歩いて10分くらいの場所に2年前にセカンドをOPEN。 どちらも繁盛しています。

二店舗目は偶然実家いめるだの家の裏に位置するので、こちらにも良くお邪魔します。
きびきびと働く貴子さんの邪魔をしながら、おしゃべりしたりと楽しい時間を過ごします。

さすが、時期なのでしょうか、セコンドは35名の団体で貸し切りで予約はNG.
よって本店に伺いますが、ここでも送迎会が行われる段取りにてそうそうに退散。


服部さんのお兄さんが八丈島で船を持っているので、それはそれは新鮮な魚が運ばれてきます。






b0111632_926376.jpg
b0111632_9285863.jpg


ある程度の人数がいる時にこそオーダーできるのが、骨焼き。
刺身をとった後の骨を焼いてもらいます。 これに皮焼きもあり、魚好きにはたまらない。



明日葉の天麩羅。
口の中で粉になるほど、軽く揚げてあります。
自分では全くこれは無理だろうと決めているので、ここでいただきます。

b0111632_9521452.jpg


この他のメニューには明日葉のサラダや明日葉のお浸し≪マヨネーズで≫もあります。

今日刈り取っても明日には又生えている、と言われる明日葉です。
生命力の強さを積極的に摂取して一段と元気になりましょう。

独特のクセがあるものの、それが好きな人にはたまらない魅力です。








b0111632_9404136.jpg

〆は 島寿司
これに島唐辛子をのせていただきます。
私はご飯いらない系なので、みなさまでどうぞ~~って感じ。




八丈島は豊な魚に恵まれ美しい島。
是非一度行って取れたての魚も味わってみたいものです。
その時は貴子ママと一緒に行って、お兄ちゃんの船(3000マンくらいするらしいっすよ)に乗せてもらいたいなあ~~。 (勝手に妄想始まりました!!)    また夢が一つ増えちゃいました!!!
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-29 09:43 | restaurant

有楽町ガード下  超C級グルメの夜





たまには全く違う場所でご飯しよう!って言われた昨晩です。

ご飯の場所は有楽町のガード下になりました。

突然降り出した小雨に1000円で買った傘に大人3人が入って小走りに目的地に向かいます。

給料日後の金曜日です。
それは凄い込み具合です。
どこの店も満員盛況。



b0111632_9221276.jpg



このあたりの雰囲気はTVで見たことがあったので、何故か外にテーブルが出ていると思い込んでおりました。 一体トイレをどこにあるのか・・・・・などを行きの地下鉄の中で思いをめぐらせたりもしていました。

服装も、全天候対応型にして、万が一外で凍る場合に備えて薄手のダウンを(これは不正解でした。そんなに寒くなかったのと、地下鉄の中で暑かったのと、周囲はもう薄手のコートの人ばかりでしたので・・ハズカピ)


ガード下はとりわけ煙が凄い。
モヤモヤと雲の中のように、凄い煙。
ダクトがないんだろうか。。。



b0111632_927465.jpg



さ~~と場所を探すために歩いて、どこも満席なのを確認しガックリきていたときに、
この一番繁盛している店から出る3人のお客さんをみつけ、迷わずする~~~と店内に。


店内はごちゃごちゃ。
多分90%「はサラリーマン。
案外女性も多くてオドロキ。

私の大嫌いな区別のない喫煙状態だけど、臨機応変にOKってことにして着席。
ガード下だからか、構造的な問題か、壁の上の方は斜め・・
あ””  カルチャー ショック!!!!!!!!



b0111632_937617.jpg


キョロキョロしながら、ちょっと緊張して固まりながら、オーダーあれこれ。
焼き鳥じゃなくって、焼き豚なんだ。

Kこちゃんや、Kばちゃんのアドバイスに従ってオーダーしてもらいます。
基本のポテトサラダや冷奴、キャベツの漬物など全て予想を上回る味です。満足。



b0111632_9445793.jpg


日ごろいただかない飲み物がいっぱいありました。
ホッピーとか、トマトの焼酎とか(赤くなくて透明、ちょっと黄金色、トマトの香りプンプン、→マズイ)





b0111632_9525738.jpg

見よ! 素晴らしいC級グルメのアイテム達を!
全てに七味唐辛子をふってしまっても、何でもありの食文化。 ちょう特殊。 でも美味。

当然この環境でデジカメをとりまくるのはルール違反。 につき、抑え目でご紹介。



気が付きました。
この手の店は長居は厳禁。
薄利多売でテーブルも回転しないと利益がでません。

結構みんなさっと飲んで、さっとお帰りの様子。
べろんべろんに飲んだくれたヨッパライもいないし、
案外お客様もルールを守る良い子ばかりでした。




てなわけで、ツアー(?)は続きます。
頃合良く次の店へと移動です。

次の店もガード下。
次にいつ来ることになるのか、わかりませんけど、、、繁盛店が次々あって迷います。

デモ一方では、全くお客様の入っていない店もありました。
入っていないと敬遠して入らないので、いつまでたっても入らない。(?)








b0111632_957352.jpg


流れて二件目  韓国料理   韓豚屋
店内の全体像を写真に撮りたかったけど撮れませんでしので伝わりにくいかもしれないけど、
完璧雰囲気は韓国。

ホールのスタッフぅ~も韓国の若いお兄さんやお姉さんばかり。

ここでは大好きなスンドウブの海老とチーズ入り、チャンジャとクリームチーズの和え物、チジミ、
などなどオーダー。

Kばちゃんが取り分けてくれて、お酒も面倒見てくれて、楽チン♪の夜は更けていくのでした。


顧客の平均年齢層も20才台が大半。
安くて美味しく楽しい店。




b0111632_1051668.jpg



b0111632_108941.jpg


これ店内の天井に向けて飾られている看板。
面白いインテリアでしょ。
壁はトタンやブリキがむき出しになっていたり、見ているだけでもユニークな空間です。

高価な設備投資はしてないのに、独特の雰囲気がかもし出されています。


気分は韓国。
有楽町でプチ韓国旅行気分です。



大反省は洋服。
DKNYのカシミアを着ていたのは間違い!
家に帰ったら自分が臭い。 とっても臭い。
BAGも臭い。

今度は完璧な防御服を考えて再びチャレンジしたいものです。

食文化の巾広さに感服した夜でした。

ガード下に面した場所の利点はタクシーがすぐ乗れること。
もっと中のクラブのある場所の近くなんかは決められた場所以外には乗れないので不便。



K子ちゃん、Kばちゃん、又一緒に行ってねぇ~~。
異文化体験、楽しかったで~~す。
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-28 10:12 | GOURMET

タコとじゃがいものガリシア風パプリカ煮込み





b0111632_12495966.jpg







昨日のランチの前に、久しぶりにNATURAL HOUSEに行ってみました。

北海道産の生のタコを発見。
先日のイタリアンのクラスでも、トマトと柔らかく煮込むお料理をしましたが、
生はいつでもあるわけでもないので早速ゲット。


お決まりのたまねぎと一緒に軽く茹でてから、じゃがいもを加えて柔らかくします。
別のフライパンでにんにくを炒めて、焼いたパプリカとローリエ、塩コショウ、粉のパプリカで味をつけ
ジャガイモとたまねぎを加えてまたしばし煮込んで出来上がり~~。


パプリカはSPAIN製のお気に入り、SAFINTERというバルセロナのものを使用。


ガリシア地方はタコの産地。
じゃがいもも取れるところなのでこの料理はナイスマッチんぐう・・・・・



パプリカのロースト: 上下を少しカットしてから長方形にして、白い部分を取り平らにしてオーブンへ
b0111632_12523138.jpg




スペイン風に陶器で煮込むとホクホクになり、とろとろになり、ハピハピになります!

b0111632_1325058.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2009-03-27 12:54 | COOKING

FENNEL のサラダ





b0111632_17485123.jpg




昨日サーモンと一緒にお料理したフェンネルが残っています。
当然次のメニューはサラダ。

甘いオレンジ、最近のオレンジ系は甘~~い。
色んな種類が出ています。

これは、有機無農薬のオレンジ。
皮までいただけます。
それを一緒にビネグレットで和えてサラダにしました。


フェンネルは独特の香りがあります。
鼻に抜けるような香りがオレンジと合うので、迷わずペアリングです。

これで全部使い切りましたが、もし残りがあるとしたら炒めます。きっと。
ズッキーニとオリーブオイルで炒めると美味しい。

お教室ではフェンネルがない時にセロリで代用したりもしますが、フレッシュなものが出ていたら是非チャレンジして使い始めていただきたいとおススメします。

リコリッシュのようなクセのある香りは、好きな人にはたまらない香りです。
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-26 17:54 | COOKING

HARUNO  表参道




b0111632_173376.jpg


ある日のランチ熟女3人組
場所は表参道 "はるの”
以前は凄く通いました。 夜の宴会も何回もここで・・・
ホールのメンバーもマネージャーも全員知り合いになって、随分通わせていただきました。

今年になってからは初めて。
ここはローストビーフが美味しいと評判です。
ランチメニューにもあるので、3人とも迷わずオーダー。

牛肉そのものが最高級。
焼き具合も私の好みです。
願わくは山葵とホースラデイッシュと両方付けていただきたいくらい。(それは夜のメニューでって?)

ローストビーフでご飯進みます。
写真では丸まっていますけど、びろ~~んと広げると結構大きいのです。

積もる話しを食べながら機関銃のように放出して、元気なおばたりあん@健在ぶりを発揮。










b0111632_17342948.jpg


話し足らずに、紀伊国屋のカフェで軽くお茶。
バリスタの強力ご推薦のカプチーノをいただきます。

可愛い~~。
あんまり可愛くて飲めない~~~。とぶりっ子しながら、ぐりぐりと砂糖をかき混ぜる私。

喉が渇くほど一杯たまった話しをして解散しました。

最近暗くなってから会ってワインを何本か空けるような豪快な飲みが多かったけど、
ランチも良いね。
帰りに知り合いの八百屋さんに寄ったり、のんびりした一日になりました。
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-26 17:43 | restaurant

トルコ料理 "HAREM” ハレム






今日は寒かったですね。
三寒四温の典型的な春前の天候。
しょぼしょぼと中途半端な雨が降っていて、コートが必要なくらい寒かった。

車の温度計は10度を下回っていました。

用を済ませるために、北青山のCI PLAZAに駐車をしました。
帰りがけにランチ時間になり、トルコ料理のハレムに行ってきました。




b0111632_1752649.jpg




トルコ料理も世界三大料理の一つに数え上げられるくらいですから、特別の位置づけです。
ハレムで王様が食べていたお料理はさぞかし豪華だったんでしょうね。

道玄坂にもトルコ料理の店がありますが、こちらは庶民的なレストラン。

本日のハレムはちょっとお洒落な空間でした。


オリジナルデザインのインテリアや家具、食器が目を引きます。
壁一面のタイルなどもトルコ独特な雰囲気をかもし出しています。

ちょっと可愛らしいカップや砂糖入れなどは、どこかで売っているのか聞きそうになりました。
どうもトルコに発注しているオリジナルらしい。 お洒落で完成度も高い!


チャイをのせているステンレスの茶たくのような物も素敵でした。18/10の高品質で仕上げもきれいだったので感心。 デザートをのせる手の長いお盆のようなものも真鍮なんでしょうか、独特のデザインで気になるアイテムでした。


チョイスしたランチは
 本日の家庭料理  ヒヨコマメとラムのトマトシチュー
 サラダ
 バターライス

 デザートは、ココアのプリン、チャイ


外は冷たい雨でしたが、ちょっと変わっていて面白いデザインのインテリアと食器に目を奪われ、しばし異国情緒満載の空間を楽しむことが出来ました。

珍しいレストランです。
12時には満席に近くお客様も入っていたので、リピーターも多いのかなと思いました。
たまにはビックリするくらい、非日常的な空間も刺激になって良いものです。



b0111632_17152916.jpg


遠慮なく効かせたスパイス。
これならこれでもOKかな~との印象。
どうも外国料理は日本人の舌を意識し過ぎている傾向にあるので、むしろご立派な姿勢。



b0111632_17182234.jpg


それぞれの食器にはこだわりを感じさせます。
デザートもちゃんと作ってありました。 甘さも多分少し控えめに仕上げてあります。
チャイに添えられた超ちっちゃな角砂糖、可愛い。



バランスは良い食事でしたが、男性にとっては物足りないんじゃないかしら?
不況と言いながら、最低1200円のランチも即効満席になるのも現実。
CITO ご健在なんざんしょうか・・・

3時頃にはお腹がすきそうな量ではありましたが・・・
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-25 17:20 | restaurant

FENNEL



STAUB 23センチココットを使って

フェンネルとキングサーモンのシェリー蒸しを作りました。


b0111632_15355085.jpg



デデデカイ!!!!!!!
全長なんと50センチ以上ありました。
折られて袋に入っていたので、わかりませんでした。
でも肝心の部分(白い部分)はちょっとだけ。

本来の香りも失われつつある状態を買ってしまったらしい。
めげずにお料理。

相性の良いのは #1 サーモン、  #2 オレンジ

今日はこのところお気にのSTAUB鍋を使いまして、シェリー酒 TIO PEPEを入れて蒸し料理にします。






b0111632_15403648.jpg



鍋にオリーブオイルを入れてフェンネルを炒めます。ちょっとにんにく1かけスライスも入れて。
塩コショウで下味を付けたサーモンの皮から同じ鍋で焼き、TIO PEPEを注ぎ、フタをして5分加熱。
少しだけホッタラカシテ完成。

STAUBの上フタの突起から蒸気が落ちて上手に蒸された感じに仕上がりました。
ほくほくの身はさすがキングサーモン。

レモンをちょっと絞ってアクセントにして味をしめます。

簡単。
本来フェンネルはもっとクセがあるので、魚の生臭さも消してくれる役目も果たしてくれます。
ちょい固い食感で仕上げてサラダ間隔の付け合せとして、たくさんいただけます。


STABU本当に良く出来ているの。 焦げ付かないし。余熱も使えるし・・・

はまっています!!!!!
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-25 15:48 | COOKING

パテ ド カンパーニュ







          PATE DE CANPAGNE

b0111632_147468.jpg




今回は肉のバランスを変えてみました。
それに、型もローフ型(18cmx8センチ)を使用。

豚肉を60%+鶏レバー20%+牛ばら肉20%
お酒はブランデーとポルト酒

豚肉は珍しく皮の付いているバラの塊をゲットしたので、皮を焼いて入れました。
牛は和牛。 鶏レバーも牛乳とワインで血抜きして下ごしらえしたものを使用。



b0111632_8245053.jpg





一晩冷蔵庫でお休みさせてから、今朝切りました。
中身を大きくしているので、上手に切るにはまず冷やし固めないとね。

どうしても表面がボコボコになる・・
防ぐには網脂が必要ね。 それと重石も。     (これで1キロ ↓ )


b0111632_8294731.jpg



食感を選ぶのか、上品な口当たりに留めるのか、悩むところ。
プロセッサーを使うと簡単ですけれど、好みは手切り。

中華包丁で叩いて好みの荒さにしてみました。
断面的にはOK。 モザイクみたいでしょ。


塩は本来保存の目的もあるので、あまり減塩にするとまずい。
それに強力な肉肉をまとめて味をつけるにはある程度 (1.2~1.5%以下)くらいは必要だわ!
控えめに作ったこともありますけど、ボケちゃって美味しくできない。
ワインのお共ってアイテムであることも考えると、減らしても限界があるわね。


肉とお酒と塩加減のバランスをうまくレシピにできたら、クラスでもやってみるつもりです!!
お楽しみにね!







BLOGを書いている間にはTVがWBCを放映中。
10回表でタイムリーヒット 2アウト2,3塁。
イチローさすがです。2点追加で3対5まで持ち込みます。 カッコいい。
思わず頭の中まで鳥肌が~~たってしまいました!

サムライJAPAN  ガンバレ~~

LAにいたら見に行っちゃうのに~~☆
応援席は圧倒的に韓国側が大勢でしょう。LAの韓国人人口は凄いからね。
多分ソウルの次に多かったように記憶していますけど。

ガンバレ~~  サムライJAPAN ☆~
[PR]
by gacha-mama | 2009-03-24 14:14 | COOKING