<   2008年 06月 ( 40 )   > この月の画像一覧

お買い物



アメリカにいる間に毎回立ち寄るキッチン用品を扱うお店が何件かあります。

  ◎SUR LA TABLE
   
  ◎WILLIAM SONOMA
    
  ◎CRATE AND BARREL

  ◎最後は料理学校のある GREAT NEWS (ここはSAN DIEGOのみ) など





場所によっては個人経営の店があります。 古びた店などを地方で見つけるとぞくっとするほど興奮します。店主と話しをしたり、地方独特の調理器具などを見るのは最高の楽しみです。

メジャーな都市には必ずあるチェーン展開している店も多々あり、何れも私にとってはのぞいてチェックするのがとても楽しみです。






アメリカ料理の傾向は季節によりその色が濃く表現されます。
そして、その季節に行われる年中行事も売られる商品に大きく影響を及ぼします。


さしあたって、今の時期は夏に向けてのBBQアイテムが中心にデイスプレーされます。
大体毎年同じような商品が展示されていますが、それでもここ何年かは耐熱性に優れたシリコン素材のものが多く出てきます。 耐熱も以前より改良されていますので、ついに400度華氏 (摂氏200度)の油にも変形しないスパチュラやトングも出ています。



繰り返し繰り広げられる商品の中で、開発される新しい技術とは関係ないアイテムを一つ買いました。




BBQ SKEWER
b0111632_820612.jpg

全長は軽く30センチを超えます。 この長さもポイント!


b0111632_8203241.jpg
トマト、コーン、たまねぎの形をしたトップのデザイン。
このほかにはマッシュルームやパプリカなどがありました。
CRATE & BARREL にて一本$2.98 と記憶
重いために3本のみ購入。 とがった先端にはビニールチューブでガードがついています。







BBQの串を選ぶにはいくつかのポイントがあります。
   ・串が平らであること。 食材がくるくると回らないようにとの理由で。
   ・錆びない素材であること。
   ・刺す末端が鋭角に処理されていること。



BBQの串やカバブ料理で使われる串類は元々戦争中に使われた剣に肉や野菜を刺して調理したのが由来だと聞きました。 その原型を考えると今の形態になった理由がわかる気がします。

   

それらの条件を満足した上で見た目のデザインもお洒落感があるともっと買う気になっちゃいます! 日本では見かけることの少ないものの一つでもありますね。
単なる金串を通り越したアートを感じさせる品に出会うのも楽しいものです。






b0111632_8235332.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-06-30 07:53

白金バル





白金バル



多少の時差もあり、ぼおおおおおっとしておりますが、何とか夜は人並みの時間に寝て朝まで(6時頃)一度もおきることなく寝ています。 まあ~時差の影響も軽い方だからこんな生活ができるのかもしれません。


日本に帰ったら、いつも和食やさんに行きたい!!!
と思うのですが、ついスペイン料理のお誘いには即効 'よし、行こう!’ と決断。
仲良し三人組でスペインの夜を楽しみました。
(某雑誌でスペイン料理人気上位にランク付けされているらしいです)


スペイン料理のタパスが大好き。
少しづつ色々いただけるので、3人位で行くのが丁度良い感じ。
軽くつまんで、ワインが飲める気楽なバールで積もる話しで盛り上がります。



このお店のある恵比寿3丁目には本当に美味しい店が乱立しています。
昔からある、とんかつやさん、その他にも高架下である立地にしてはそぐわないお洒落なレストランがあったりと意外性に富んだ不思議な場所です。

酉たまという焼き鳥屋さんの本店の隣にあるスペイン料理 '白金バル’ にお邪魔します。


b0111632_8464678.jpg

知らないと入りにくいかも。 予約で席は簡単に満席になります。
食事をした2、3時間の間にPOP IN の予約のないお客さんが5,6組はきました。
慣れた調子でお断りしているスタッフ。 予約は必須です。





b0111632_847980.jpg

座ると出されるつきだし。 ここはお箸もおいてある和洋折衷のサービス。
タネの入ったオリーブのミックスをトマト煮にしてあります。
トマトソースの中のにんにくが香ばしい。 添えてある大根の薄切りで口をさわやかに切り替えて下さい~って事なのかしら。



b0111632_847344.jpg

白魚のにんにく炒め
これは多分この店でもおススメなのか、お客さんのほぼ全員がオーダーしてるかも。
白魚がオリーブオイルとにんにくの中で浮いてます。 美味しい。




b0111632_8481783.jpg

おぼれタコ (たこのコトコト柔らかトマト煮)
タコをここまで柔らかくするのは大変です。 トマトソースに埋まっているタコ。
とにかく柔らかい。




b0111632_8483956.jpg

ムール貝の白ワイン蒸し  これもお店おおススメ#1
三陸産の大粒のムール貝です。 冷凍物と違い粒が大きい。 色も綺麗で味もしっかりとしています。 一度このレベルをいただくと冷凍物は別物に感じます。 ご来店の折には是非!!!




b0111632_935757.jpg

ハモン イベリコ ベリョータ
どんぐりや木の根っこを食べて育つイベリコ豚のメニューも豊富です。
次回はがっつり・・・ローストもいただきたいもの。

生ハム大好き人間ですので、この油部分がタマラナイ。
ここまでずっときりっと冷えた白ワインが進みます。 このあたりから赤に切り替えようかと思案のアイテム。





b0111632_941810.jpg

マッシュルームのオイル煮。 ごろごろしたセロリが新鮮
かなり大振りのマッシュルームをオリーブオイルでぐつぐつ・・・





b0111632_944996.jpg

おススメのチーズを三種類  トリュフ入り、 アオカビ(すごく青い・・・) ともう一つ
いちじくと枝つきのレーズン  これで¥980.-





b0111632_951948.jpg

チーズのパエリア  上に載っているのは鶏肉(これはいらないね、味イマイチだったし)
このほかにはイカ墨のパエリア MIXパエリア 

デートのカップルの多い店
お歯黒になる勇気のある人は是非どうぞ~。



b0111632_954113.jpg

デザートの盛り合わせ    このあたりから記憶に問題が出始めた感じです。
内容は良く思い出せませんん。 あ’’  




ビールから始まって白ワインをガンガンいただき、途中でカヴァ(スパークリング)にして、又白ワインを飲みました。 どうもここのタパスはお酒が進みます。



日本人が基本的に大好きな少しづつ攻撃(?) でかなりたくさん頂きました。
お客さんの年齢層はかなり若いのも面白い。 ヤングリッチ層にターゲットを絞ってるんでしょうか。 



途中にいただく焼きたてのパンも数種類網羅されており充実。
個人的にはフォカッチャの焼き色が濃すぎる《焼きすぎ?)みたいな気もするけど、全粒粉のパンなどが人気の様子。 




充実したワインと、当日アップされる本日のおススメメニューのクヲリテイーも高い、とても美味しいレストランでした。 今夜又誘われても行っても良いかなって思えるし・・・



唯一のリクエストは、途中でお皿を何回か変えて欲しい・・・。
最初から最後までで、一枚は辛いでしょ~。 忙しすぎるのはエクスキューズになりません!!
殆ど完璧なので余計に残念。
[PR]
by gacha-mama | 2008-06-29 09:23 | restaurant

LA 最後の日




●帰り際のあれこれ・・・●



出発の前日はこの所同じホテルに宿泊しています。

夜ごはんを一緒にする友達のC.がHOTELの隣のビルで仕事してるので待ち合わせに便利だし、LAXの目の前に位置するので何かと都合がよろしいのも理由です。


この同じHOTELに泊まるもう一つの理由は、ホテル内にある中国式マッサージに行けるから。
なんだか不思議な空間のこのマッサージは、一回目に入るのに勇気が必要です。
ホテルでなければ怪しすぎて不安です・・・

HOT STONEを使い、基本は中国[香港]式のマッサージをしてくれます。


アメリカにいると運転しないとどこにもいけないし、HOTELに泊まることも多く、BEDも変わり(ハンペンみたいなマットなのよ)で体が辛くなってくるので帰る前に調整。




大正琴のCDで’上を向いて歩こう’やら加山雄三やら、ナツカシのナンバーをかけてくれます。
(本当は好きじゃないの・・・違うのに変えて欲しい!)


それが、それが、それが、実はすごくマッサージが痛くて大変なの。
息もできないくらい・・・  お金払って拷問されてる感じ。
肩から首にかけては特に痛みがあるので痛いなんてもんじゃない。
会話もままならず。  どうも香港式中国マッサージ・アメリカ風アレンジバージョンだそう!!



一時間拷問されて、ようやく解放されても動けない・・支払のカードのサインが震える。。。
寝る前の方がいいね。 変な汗もかいて、顔に敷いた紙もくっついて鼻の穴に入りそうになるし・・・  これで効き目に不安があれば行かないのですけど、肝心の効き目は抜群!



一か月近い滞在もこの珍事をもって終了でした~。




いつもの滞在と一番の違いは、サンフランでの気候の変化。
2,3日 華氏100度を超えた日がありました。 摂氏だと40度に近いことになります。
本来はクーラーなどつけずに生活出来るはずの場所なのにこの暑さにはまいりました。


たいがいの暑さには強い私ですが、湿度も上がったりすると結構つらくなります。



アメリカも地球温暖化で天候も不良です。
広い国なので場所により異なる気象状況。 
想像を超えた事態で驚くことも多いものです。

b0111632_13124164.jpg












  
[PR]
by gacha-mama | 2008-06-27 13:13 | travel

JOE’S  LA



JOE’S  RESTAURANT
VENICE にあるレストランに行きました。

SFOからLAX   
UAにて1時間半のフライトで、またLAに戻ってきました。

一泊して明日は東京に向かう予定。

LAは本当に良く来ている実感があります。   なんたる人生!!!





お友達でLAで大活躍のC.とご飯です。
どこにしようか、散々考えた結果決めました。

BEACON も候補に、 FRESH も候補に。 でもみんな予約入らず残念。


去年一度行ったら入れなかったので、今回はすぐ希望が通ったJOE’Sに決定。
ヴェニスはレストランがたくさんあって迷います。 どこもソレゾレ違った魅力。





メニュー 
  私は鯛の料理を選びます。いめるだが肉食なので、やっと魚料理にありつけました。
  付け合わせは黒いニョッキ(イカスミだと思う)

  C.はチキンのロースト つけあわせはマイタケ

  デザートは  私がるバーブのパイ
  C.はフレッシュ・アプリコットのヴァクラヴァ




b0111632_14275792.jpg

店内は薄暗くて雰囲気抜群。 木造の簡素な建物にはテラスがついています。
そのテラスまで吹き抜けで続いているので、開放感があります。
ドレスアップしたお客さまと、ラフなハーフパンツの人、日焼けしたカリフォルニアを代表するようなのんびりとしたレストラン。 懲りすぎず、リッチ過ぎない内装がかえっていい感じ・・・





b0111632_14265189.jpg

三種類のパン ・・・軽くトーストしたブリオッシュ、ハーブのパン、くるみのパン
オリーブのタプナード添え

LAのレストランはパンがハード系でもホロホロと崩せるタイプ。
無塩バターとタプナードなどとの相性が抜群です。
場所によってパンも傾向が違うね。 サンフランはどこでもハード系でサワードウが多いし。


b0111632_14234747.jpg
b0111632_1424935.jpg
b0111632_14243237.jpg

本当に真っ黒なニョッキ・・・

b0111632_14254012.jpg

フレッシュのアプリコットをのせたバクラバ [地中海料理で良く登場するフィロと呼ばれる、超薄のパイで作るデザート菓子。本来は虫歯が痛みだす位に甘いのよね]
これは大きめにカットされていて現代風。 っていうかアメリカ風アレンジ。


b0111632_1425588.jpg

ルバーブの持つ独特の酸味が美味しいデザートです。
結構な量なので二人で丁度良いかもしれない。 ちょっと酸っぱい~。 
ルバーブはクラスでもしますけど、あまり煮込み過ぎないこれくらいあっさりの加熱がイイね。





b0111632_14261718.jpg


これにて今回のアメリカご飯リポートは終了です。


あんなに食べて胃は大丈夫ですか? とメールをいただきました。

    はい、当然大丈夫ではありません。



日本に帰ったら おそうめん、たまごごはん、加ト吉のうどん、ホウレンソウの御浸し、しらすおろし、 焼き鳥、・・・・・・・・・・・ (なぜか日頃全く食べないメニューが並びますが、)

しばらくそんなメニューで暮らすつもりです。

 

お友達の皆様乞うご協力!
[PR]
by gacha-mama | 2008-06-25 14:44 | restaurant

さんふらんの朝


MARKET STREETにある朝食を売る店。

ベーグルやクロワッサン、カフェオレなどを通勤前にちょっと寄って楽しんでいる人たちがいました。  サンフランでもこのあたりは、ちょっとだけヨーロッパの匂いがします。
朝はひんやりとしていて、目が覚めます。 独特なにおいを深呼吸で体に取り込みます!


b0111632_1481153.jpg
b0111632_1483221.jpg


工事や車の音、雑踏の音までが新鮮に聞こえます。
本当にサンフランシスコは心にしみ込む何かを持っている不思議な街です。
[PR]
by gacha-mama | 2008-06-25 14:10 | in US

 BLUE BOTTLE  COFFEE  CO,



昨日は、母いめるだお買いものに振り回されて大変おつかれになりました私でございます、、、。





b0111632_13472348.jpg




朝は早く起きたので、皆さんが大絶賛しているコーヒーやさん
  BLUE  BOTTLE  COFFEE  CO,.   に行ってきました。

http://bluebottlecoffee.net/

b0111632_13463997.jpg
b0111632_13465838.jpg



MARKET ST.の向こう側に渡り、5th&6thの間の間みたいな隠れた場所。
画像の建物の角に位置します。





途中ちょっと怪しい人とか、良くいえば芸術家風、実は浮浪者みたいな・・・小走りに通り抜けたくなるような人達がたむろしていますが、目的地に向けて頑張って歩きます。


BLUE  BOTTLE  COFFEE  CO,.
何気ない古びた建物の一階の角に位置しているため、二方向から入る朝陽を中に取り込みながら、なんとも穏やかな空気をかもしだしてるカフェです。

トロンとしたジャズの音を漂わせながら、コーヒーの香りをバックにそれぞれが思い思いの時間を楽しんでいます。

スタバやピーツよりも大人のカフェ。
人に教えたくない自分だけのスポットにしたい場所です。(性格がわかるねえ・・・)


高い天井と白く塗られた壁。 まったりとした白い壁が溶けたアイスクリームのようです。




b0111632_13481511.jpg


つまらないことですけど、店内の人は申し合わせたように 濃紺か黒のお洋服。
PCをいじる人、新聞を見る人、誰もがとてもおしゃれに格好良く見えます。



この店を是非とすすめてくれた二人の女性、NATSUKOさんとUさんに感謝。
ただただバタバタしていた私のスピードにブレーキをかけてくれるエネルギーをもらいました。




いただくコーヒーはとても豊か。 私の知っているコーヒーと違います。
一緒に売っている シナモン入りのブリオッシュも初めて出会う味。 本物。
オーナーの奥様のやっている店のブリオッシュを売っているとUさんから聞きました。
b0111632_1349228.jpg



チェロの演奏家の方がはじめられたそうですが、味に音を感じさせるような素敵な味に初めて出会いました。 うれしいい・・・

シェ・パニースや有名レストランでも出してるところがあるらしい。
NATSUKOさんとU.さんに感謝だわ。





LAのお友達にお土産として、いめるだ用、私用、5袋ゲット!!!
店の絵葉書のようなカードを5種類いただいて、大喜びで帰り道はスキップです!(うそ)


b0111632_13553680.jpg

THREE AFRICANS, x3、     DECAFx2

販売されているコーヒーは豆の状態です。
帰ってからうまく挽けるかなと少し心配。
酸化しないように気を使われてローストの後のパッケージングをされているのに、その気遣いを無駄にしないように丁寧に持ち帰りたいもの。

なるべく良い状態でおいしく淹れてたのしみたい~。
[PR]
by gacha-mama | 2008-06-25 13:56 | GOURMET

LARK GREEK STEAK



今日は買い物のお付き合いをする予定です。
WESTFIELD SAN FRANCISCO CENTER

LARK GREEK STEAK 

ランチは4Fにあるステーキレストランで軽くいただくことになりました。
落ち着いた雰囲気のレストランです。 遠くにオープンキッチンが見えます。  
深めの座りやすいイスと大きなテーブルでゆっくりいただくことができます。 
こんな感じのステーキレストランが日本にもあれば良いのに・・・


メニュー
アスパラガスのスープ ベーコンのトッピング
グリルしたチキンのシーザーサラダ
ステーキサラダ ゴーとチーズとグリルしたアスパラガス
ドームの形をしたキャロットケーキ くるみのアイスクリーム添え


b0111632_10402755.jpg

b0111632_1040556.jpg
b0111632_10411454.jpg


b0111632_1041352.jpg

アスパラガスのスープ

b0111632_10415285.jpg


b0111632_10421430.jpg


b0111632_10423470.jpg





PS
この後に靴売り場にて、母は靴を何足履いたことか。 [私ではありません!念のため・・・]

靴売り場のお兄さんがイケメン+日本語を話すものだから、拍車がかかりました。

靴を4足買った後、ラゲージ売り場にてトランクを買い、ズルズルとホテルまで持ち帰りました。

運動不足はデパートでの歩きで解消出来たと思えるくらい歩きました。

歩きにくい靴で歩きまわり、歩きやすい靴を買いに行きました。
何故か帰りもまだ歩きにくい靴のまま帰りました・・・・・とさ。

b0111632_10515012.jpg


b0111632_1052965.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-06-24 11:03 | restaurant

EPIC



EMBACADEROにあるステーキレストラン  EPIC

このあたりの開発はすさまじい。
当然住んでいた時はこんな様子ではありませんでした。
だからHOTELも避けていたのは、実は間違い。 大変きれいでお洒落な一角に変身しています。

となりに位置するレストラン WATER BAR もシーフードが美味しいそうです。

この2つのレストランの並び、少し離れたところにはなりますが、に
牡蠣の HOG があります。 そしてそのとなりはベトナム料理。

連続してるグルメ大会。 食通にはたまらない場所です。
次回は目の前のHYATT に宿泊すれば全部歩いて行けるわ。

サンフランとLAの違いは、レストランまでタクシーでも10分足らずで行けること。便利!
料金もUNION SQ.から$7~8  飲もうと思う人はタクシーで行ってね。




ステーキならこことお墨付き。
窓際の席を3時に予約しておきました。情報はナツコサンによるもの。
最新のレストラン情報を提供してもらってラッキー。



EPIC ROASTHOUSE
店一番のうりは、プライムリブ。8時までにオーダーするようにアドバイスをしてもらったので
なんとか滑り込みセーフ。


店内の内装もコンテンポラリー。
ハイエンドの顧客のみで埋まる日曜日。異常な程の混み具合。
お客さまの殆どが5~6人のグループ。 高いワインがどんどんオーダーされていて豪快。

持つだけでも重いメニューからおすすめのアイテムを加えてどんどん決めていきます。

さすがに、一日だらだらと飲んでばかりいたので、、ワインも2杯しか入りません。
子供と一緒ならいくらでもオーダーできるのに・・・残念! 


b0111632_14313635.jpg

座ると出てくる塩3種 好みでステーキにかけていただきます。


b0111632_1433293.jpg

ガスパチョ


b0111632_14335339.jpg
b0111632_14342445.jpg

牡蠣 KUMAMOTO、MIYAGI, PACIFIC(6個) 計10個
小ぶりなのに濃縮した味を持つKUMAMOTOがお気に入りです。
いつまでも口の中に旨みが残ります。
カクテルソース(たっぷりのホースラデイッシュ入り) と ワインビネガーのソース添え


b0111632_14355595.jpg




MAIN PRIM RIB  ポテトグラタン、ホウレンソウ
b0111632_14365262.jpg


b0111632_14372329.jpg


b0111632_14375517.jpg




デザート 温かいアップルパイとバニラアイス
b0111632_14413131.jpg



窓から見えるベイブリッジの変化: 1時間半の間 (8時=9時半)
b0111632_14425833.jpg
b0111632_14431396.jpg
b0111632_14435357.jpg





かなり充実したレストラン。久しぶりに本物のステーキレストランを堪能。
恐るべき究極のステーキを食べたくなれば是非強力におすすめ。
プライムリブも2種類の大きさがありますが、明らかに小さい方で十分です。
大きい方は600gくらいありました・・・とほほ@   反省。



付け合わせのサイドも充実していて、普段だったらそれだけどOKな程の質と量。
大人数(でも5~6人くらいまでかな、、、)で楽しめるといいかも。 かなりの満足度です。
思い残す事は全くない、最高のデイナーになりました。
b0111632_14441837.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-06-23 14:58 | restaurant

opus one


NAPA VALLEY 二日目

今日の目的は二か所のワイナリーを訪れることです。

    OPUS ONE     
    COPPLAのRUBICON ESTATE




ティステングをするのにはたくさん飲みますので運転ができません。
サンフランで知り合った NATSUKOさんに運転をお願いして朝9時から大急ぎで駆け回りました。  二か所のワイナリーを回り、ランチは話題の GO FISH で楽しみました。

戻る道でDEAN & DELUCAで探していたSPAINのスモークパプリカの缶を見つけてお買いもの。

帰りに夜ごはんの予約を EPIC にしに行って解散。
充実した一日になりました。 なつこさんありがとう~~。






OPUS ONEのワイナリー:
b0111632_1110457.jpg


b0111632_1112575.jpg


b0111632_11131019.jpg


b0111632_11132855.jpg

ツアーを申し込むと待合室に通されます。
1時間と少しの時間があれば、すべてを案内してもらうことができます。
日本語で説明してくださる方の場合は質問などでいくらでも時間が延びるらしいです。


素晴らしい環境です。 今回はテイステインぐのみですが、次回はツアーをしてみたい・・・
オーパスワンの2003年をいただき唸ります。 2004年も美味しい・・・・贅沢!





COPPOLAのRUBICON ESTATE:
b0111632_11201532.jpg


b0111632_11203822.jpg


b0111632_112115.jpg


b0111632_11212394.jpg

パスポートを買います。 これで5種類のワインのテイステインぐが含まれます。

さすがコッポラのワイナリー。 オシャレです。
館内もシックで置いてある本や小物もちょっと凝っています。
ステンドグラスが素晴らしい出来栄えで、思わず見とれます。 コッポラの趣味、好きです。


b0111632_11242420.jpg


b0111632_11244753.jpg

ワインと犬  という題の本




b0111632_1410255.jpg

しっかりと説明を受けながら5種類をテイステイング
白を1種類 赤を4種類 最後のルビコンが最高の味


b0111632_11281236.jpg




b0111632_11291559.jpg


b0111632_11302990.jpg

一休みです。 エスプレッソにウエファース。チョコレートとワインで作ったシロップをつけていただきます。


b0111632_11325956.jpg



b0111632_1133194.jpg

コッポラ監督のお母様の若いころがテーマ。 奇麗ね!





GO FISH
共同経営者の中には日本の方もいるそうです。
新鮮なシーフードが売りのこのレストラン、インテリアはイタリアン風。
すしカウンターもあり、ぜひ夜も来てみたい場所。


いただいたのは、牡蠣の冷たいスープ。 コーンがベースです。絶品。
みんなは寿司やスパイシーツナどんぶりなど。

b0111632_11362297.jpg


b0111632_11364675.jpg


b0111632_11371528.jpg


b0111632_11373970.jpg


b0111632_1138860.jpg


b0111632_11383612.jpg

パンに添えてあるバターの上には、トリュフの入っている塩がのっています。
サンフランのレストランはこのタイプのフレーバーのついている塩の結晶が置いてある場合が多いのも特徴かな。。。 それ程のフレーバーは感じませんが雰囲気は感じます。

結晶の粒の大きめの塩のバラエテイーは大変なものです。
DEAN & DELUCA にてもかなりの種類を網羅していました。
塩文化は今アメリカでも話題になることがあります。

いい塩梅 の塩はどこの国でも味の基本ですものね。


b0111632_11385041.jpg


b0111632_11391178.jpg


b0111632_11392677.jpg


b0111632_11395075.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-06-23 11:17 | GOURMET

'' CHEZ PANISSE’’



以前住んでいた BERKELEY にあるレストランで晩御飯。

シェ・パニース 
有機栽培の野菜を使いアメリカ料理の生みの親的存在で有名なアリス・ウォーターのレストラン。


http://www.chezpanisse.com/pgalice.html

予約は数か月前からが当たり前。
突然の電話でOKが取れたのはとてもラッキーらしい。


バークレーはヒッピーの時代からの名残がまだ残っている街です。
ピーツコーヒーがここで生まれ、のちのスターバックスにと変化します。
独特の雰囲気に満ちている異空間的な町。 学校があるので学生が多くいます。
(それも優秀な生徒でないと、入学できない現実・・・)



サンフランもバークレーも1ブロックに2人くらいのホームレスがいて、小銭を~~と呼びかけられるますが、何とか改善できないものでしょうか。
子連れや犬連れには心が痛みます。



シェパニースのある場所には、ほかにも満員御礼のレストランやカフェがたくさんあります。
とても凄い込み方の店が連続します。
住んでいるときには足を踏み入れなかったのは、残念。
おしゃれなカフェでお茶でもすれば良かった・・・情報不足だったのかしら、、、



メニュー
  
 ・ハりボットのタルタル 有機のきゅうりとライム味
 ・草食の牛のショートリブ  有機野菜のサラダ
 ・デザート  シャーベット いちご
 
 *サンフランのレストランは座るとお水の好みを聞いてくれるのがうれしい。私の事を知っている人は、私がどんなにスパークリング系が好きかを知っていると思います。 食事中もたくさんの炭酸系のお水をいただくので、このシステム(?)はうれしい。




b0111632_1514596.jpg
b0111632_1521890.jpg
b0111632_152431.jpg
b0111632_1534113.jpg
b0111632_154619.jpg
b0111632_1544228.jpg
b0111632_155175.jpg
b0111632_155231.jpg
b0111632_1554482.jpg




帰りはベイブリッジで$4.00払って別ルートで戻ります。
昔あった空き地のかかしが今はあるべくもありません。
変わったような気もするし、そのまま昔に戻れそうな気もする場所でした。






b0111632_1573321.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-06-22 15:09 | restaurant