<   2007年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧

OATMEAL COOKIES

       OATMEAL COOKIES with CRANBERRY and PEACANS

b0111632_15223154.jpg


b0111632_15384325.jpg



オリジナルレシピーでクッキーを焼く。

風が冷たい、雨の日曜日。窓を閉め切っているので家中がスパイスの香りで漂う。

イギリスの押し麦とアメリカ産のクランベリー、ピーカンを入れてみた。
スパイスはメース、オールスパイス、シナモンを入れる。

クッキーの中でも代表格として人気の高いオートミールは良くレーズンなどと一緒に焼く事が多い。甘酸っぱい味と麦ががマッチしている。 そこにピーカンの食感をプラスしてみた。 クッキーのドウをアイスクリーム・スクープで取るといつも同量のせられて便利。



b0111632_15453097.jpg
b0111632_15474823.jpg
b0111632_15482370.jpg
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-30 15:36 | COOKING

SLOPPY JOES


SLOPPY JOES

b0111632_11593520.jpg


ブランチとして今日はスロッピージョーを選ぶ。

NYから帰り、子供を有栖川公園となりにある南部坂幼稚園に入れた。
やがて三人が(年子なので)3クラスに配置されて、私はPTA会長になる。

バザーをして売り上げを伸ばすために毎年工夫がなされるが、私のときにはこの
'SLPPY JOES' をメニューに入れてみた。 
例年のHOTDOGも人気だったが、これも子供から大人まで楽しめるので好評だった記憶がある。 (あ~もう20年前のことだわ。。。)


b0111632_11595752.jpgb0111632_120254.jpg







たまねぎとにんにく、セロリ、赤パプリカのみじん切りを炒めます。

南部地方などで良くこのセロリが登場。たまねぎとにんにくなどと合わせて調理されて ホーリートリニティーと呼ばれます。フランス料理のミルポワのアメリカ版です。

ミルポワに比べるとにんじんの代わりにセロリやパプリカが味のベースになります。

ルイジアナの料理教室で、人参は雨が多く湿度の高い気候上育ちにくかったからと聞きました。



幼稚園のバザーの時は隣りのNATIONAL AZABUで粉のスロッピージョーインスタントシーズニングを買い作りましたね。だから簡単で大量でもあっという間にできましたよ。


お皿の奥のピクルスはパプリカ(ハンガリアン・パプリカ粉)と黒砂糖を入れて作ったた自家製のピクルス。 酸っぱさが口をサッパリさせてくれます。

スパイスは今回何も入っていません。ケチャップやトマトソース、ウースターソースで味付け。
冷凍も可。いつものようにお肉は1ポンドを使うので大量にできますよ。是非!試してね。

クラスでも繰り返し話しますが、牛肉はできるだけ国産の美味しい物で脂肪分は20%以下がお勧め。仕上がりが違います。
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-29 11:50 | COOKING

ABOUT VEGETABLE



************************************
IIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII

ルバーブの話しを興奮気味に昨日書いた。
ふと、ルバーブだけが例外ではないのが気になった。

西洋野菜が簡単に入手できるようになった今日ではあるが、はたしてその野菜達はどれくらい"本物”に対して忠実なのかしら。

もし美味しくなかったら嫌われてしまうじゃない? 最初の印象って大切でしょ。

良く聞く表現が、日本のエシャロットは本物のそれと違いますから。。。云々。
むしろらっきょうに近いと思ってください~と教えられる。

時代が進んでも中々エシャロットは本物に近づいたと聞いたりしていない。

ししゃもとカペリンの話しみたいな事もある?

輸入されない限り、本物でなくてもしょうがないと諦めて使うしかないのかしら。

でも輸入のポロネギとか使いますけど恐ろしく高い(当然だけど)。 それに収穫してからかなりの時間が経ってもシャキ~~ンとしてるのも違う問題(添加物、農薬?)もありそうでそれはそれで不安材料。

ポロネギも埼玉産が出ていますけど、長ネギよりも細いの。どうして???

日本で栽培されて店頭に並んだ西洋野菜の味が結構本物と違う事に違和感のあるのはあたしだけなんでしょうか。


iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-28 13:02

告知



      10/9 火 10時半からKYサロンクラス決定しました
      詳細 お申し込みは
      なかがわ gachako2000@hotmail.com まで



     
b0111632_22175173.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2007-09-27 22:06

RHUBARB

b0111632_21274528.jpg


ルバーブが大好き。見かけると必ず買ってしまう。
大体ジャムにすることが多い。



秋だから、パイ生地をちゃんと作りガレットにしようとイメージ。

ところが産地が長野。 いつもだとベルギー産が多いのに、買ってから気がつく。
結論としては、外側が固くすじが頑固。色も悪い。可愛い濃いピンクでない。 残念!
ガレット・・・ギブ!

ジャムにしてヨーグルトにのせていただく。
独特の酸味とユニークな渋みが大好き。


b0111632_22142729.jpg
b0111632_22144122.jpg
b0111632_22151271.jpg


RHUBARB
実は果物でなくて野菜。薬草として5千年前中国で栽培され薬効は熱冷ましと胃炎に効果があると言われた。

17世紀にアメリカで見つけれてからは、葉が食されたため思わぬ食あたりを引き起こして嫌われる。実は葉の部分には毒があり食用には適さない。良く似た野菜にCHARDというのがあり、それで葉を食べる方が自然だったのね。

同じ根から出ている一体の植物が薬効と毒を両方持つ・・・自然の不思議。面白い。

19世紀に勇気のアル誰かが茎を食べてからは、大丈夫だと証明されて茎を食べ始める歴史が始まる。この辺のストーリーは’ 誰が最初になまこを食べたか?’とかに似ているかも。

少量の砂糖とともに煮て食べるのが王道。煮すぎないのもお決まりの注意点。

フキに似た風貌ですが、独特の苦味に近いユニークな風味は是非試していただきたいヴェジタブルです。 今回は煮すぎたので’色の薄いもずく’みたいになってしまいました。

多くの西洋野菜が日本で生産されています。
何事にも最初の一歩があるのでしょうが、これをルバーブとして受け入れられてしまうのは残念。でもそれを言ったら残念な洋野菜一杯思いつくわ。
本来の味と別の何かになってしまうのしょうがないんでしょうかね。条件も違うからね。   残念!
  
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-27 21:31 | COOKING

抹茶ショートブレッド その2



b0111632_10111886.jpg


お問い合わせがありましたのでレシピをのせます。
今回は抹茶の代用ですぐに溶ける顆粒状の煎茶パウダーを使ってみました。
発色と味は抹茶に負けますがお気軽に試して頂ける例としてご紹介します。



  材料    DRYの材料  小麦粉 200ccのカップで 2と1/2
                   抹茶 又は顆粒の煎茶パウダー 大匙2~4
                   塩   小さじ1/2

         WETの材料  無塩バター 1箱  室温にしてやわらかくしておく
                   
                   粉砂糖  2/3カップ (無ければグラニュー糖)



  作り方   1.小さなボールにdRYの材料を入れてふるっておきます
         2.大き目のボールに電気のミキサーを使いバターを3分以上かけて
           白っぽくなるまで混ぜます これがWETの材料です
         3.砂糖を2に足して軽くふんわりとするまで焼く2分 混ぜます
         4.1に3をさっくり混ぜます。木ベラでOK 混ぜすぎないように注意
           ★いつものようにDRYにWETを入れる!
         5.天板にオーブンシートを敷き4を平らに同じ厚さ(6mmくらい)に伸ばす
         6.冷凍庫で30分、又は冷蔵庫で1時間くらい、冷やします
         7.150度のオーブンで15~20分焼きます。まわりが焦げない程度
         8.網にのせて完全に冷ます。密閉容器に入れて保存3~4週間可能


TIPS:
 ・仕上がりはショートブレッドの端っこが茶色にならないように要注意
 ・バターの力で膨らみます。間隔を2センチあけて焼かないとくっつきます
 ・焼いた後必ず冷ましてから動かすように。どうしてかはやってみるとわかります。         壊れます。
 ・今日の写真で大匙4の顆粒を入れてこの程度の色。抹茶の方が色濃くでますよ。
 ・粉砂糖の方がなめらかに仕上がります。グラニュー糖は最後までざらざらした感じです


b0111632_113417.jpg
                    COOKIE CUTTER

  
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-26 10:11 | COOKING

maccha SHORTBREAD


バターをたくさん含んだショートブレッド。クリスプでしっかりとした食感。
卵もベーキングパウダーも入りません。
本来は硬いドウを型にあわせて入れて焼き、あとで切り分けることもあります。

2年くらい前のクラスでもチョコレートのショートブレッドを丸く焼きピスタチオをトッピングするものをしました。その時は放射線状に切り分けました。どこかに写真があるはず。。。

b0111632_185519100.jpg


今日のショートブレッドは、中に抹茶パウダーを入れました。
(抹茶をもっと入れれば良かった!色も薄いし味も実は、、ちょい薄)  形は葉っぱ。(?)

渋めの煎茶に合わせて満月の夜のお食事の後に如何かしら。


後日写真発見  チョコレートのショートブレッドはこんな感じになります。

b0111632_1716482.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2007-09-25 18:56 | COOKING

MEASUREING EQUIVALENTS



料理教室で必ずご説明しているのが計量の換算。
クラスではアメリカのカップを使用。
日本がグラム、キロ、、、を使う代わりにアメリカはオンス、パイント、、、続く。

b0111632_14315522.jpg


カップの計量も日本の1カップが 200ccであるのに対して、アメリカ(それと諸外国の一部)は240cc~と20%も違う。これを無視して調理すると大変なことになる。

特に1グラム単位で計量して作るbaking類 お菓子 パンのイーストなどは大違いどころか大失敗原因となる。

他民族国家においては、色んな計量単位を持ち込まれても混乱するだけなので、統一したのが現在の単位。途中で計量単位の見直しを試みた時期があったと、アメリカの高校の化学の先生に聞いた事もあるが、元の木阿弥となる。



この計量を受け入れて、レシピに従い調理をしだすともう一回驚くのが野菜の計量。
重さで表記が正確だと思われるが、又そこに計量カップを持ち出す。
・・・・・ふんわりと入れた1カップのイタリアンパセリの葉  とか記されえる。
ぴんと来ない!

黒砂糖等の質量の大きい物は、 しっかりとつめて計って1/4カップ  などとも表記する。
これはわかるかな。。。籐度の高い黒砂糖などは少しの違いが結果大きく変るからね。


BETTER HOMESの COOK BOOK もしかり、どの国から来た人でも計量カップと計量スプーンさえあれば料理にとりかかれることになっている。

ちなみに計量スプーンの小さじは5cc、大匙は15ccとここだけは日本と同じである。

液体(シロップか水かにもよると思うが。。。)の質量、粉類の質量と考えると本当はかなり違うはずなのでアバウトだなあ。!

何でも計量カップで計量してしまう大雑把さが若い頃は楽で嬉しかったけど、日本に帰りパンを習ったあとでは逆に不安。 個人的には正確に重さを1グラムの単位で表記した方が安心感。

1 TABLE SPOON (大さじ15cc) = 3 TEASPOONS (小さじ5cc x 3 )
      

  
b0111632_14524955.jpg


  クラスで使用している計量カップとスプーン。
  このあたりのgoodsもオタクなのでいっぱい持ってます!
  お好みは ALL-CLADの計量スプーン。高かった~。道具は楽しい。
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-25 14:36

QUICHE

  SPINACH  QUICHE


b0111632_1423575.jpg



休日のブランチはキッシュがおいしい。

随分お天気も落ち着いて、涼しい風がふいている朝。


おいしいほうれん草が手に入ったら作るのが 'ほうれん草のキッシュ’
パイクラストから頑張って焼き上げる。  残りが冷凍に向いているのも嬉しい。
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-23 14:28 | COOKING

ネイティブインディアンの言葉




b0111632_1145413.jpg


       
                  父が私に
                  話しかけてくるときには、
                  いつも低い声でした。
                  私の一族では、
                  おやが子供達に
                  話しかけるときには
                  いつもそうなのです。
                  低い声で、
                  静かに話しかけます。
                  きっと子供は、
                  自分が夢のなかに
                  いるように思うでしょう。
                  しかし、
                  そうやって話されたことを、
                  子供は絶対に忘れません。



                   マリア・チョーナ  パパゴ


    
    マリア・チョーナはメディスンウーマン。
    多くの子供の生命を救い、一族の中での名を馳せている存在。
    (自然の教科書 スタン・パディラ  北山耕平 訳より)



ネィティブインディアンの教えはその言葉に知恵がある。

時代を超えて住む所も歴史も全く異なる日本であっても、その言葉の意味するところは大きい。

賢い母になり家族が健康で幸せに生きていくためのヒントを学ぶ事ができるのではないか。
[PR]
by gacha-mama | 2007-09-22 11:14