カテゴリ:cooking school( 136 )

cf cooking school moosewood restaurant favorites

HALLOWEENの前日が大嵐で、そのあたりからTVやケーブル関係、インターネット回線の接続などの調子が凄く悪くなりました。

東京では考えられませんが、こちらでは結構頻繁にこの手の不具合が生じます。
同じ竜巻や雷でもスケールが違い、それは確かに影響も大きいってことが予測されます。


TVは赤と緑色の2色になり、変な色だなあ・・と思っていたら突然画面がOFFになってしまったりしています。

音が突然でなくなるなど、日本では考えられない問題が続出。

色の問題は、一度古典的な応急処置の一つ’叩く’方法にて治療を試みて一瞬解決。また一度電源を切ったら赤と緑の2色に戻っていました。


ううう、頑張れ!!! 私&TV そしてPC.












今晩の講師は、NYからわざわざ出張してこられたシェフです。

前に一度取ったことがあるような、ないような。

教室友達のLUCYが一緒に行きましょう~と誘ってくれたので、このクラスを取りました。


娘に出がけに、今日は何を習うの?と聞かれて、本を出している女性にイタリアンと返答。

最初からあまり信用されていなかったのか、スケジュールには地中海料理って書いてあるよと一言。




そうだったんだ。

地中海料理か。









実際はレストランのお料理の中から選んだベジタリアンのためのお食事メニューでした。

一段と色々大雑把になってきている私。注意、要注意だわ。

何を勉強するのか、それくらいはちゃんと知ってから向かうべきだわ絶対。



頼る人がいると、どうもどこか落とし穴が・・・生じる。(と、軽く人のせいにー)

前回は帰国便の日にちを間違えたしね、頼り過ぎには気を付けましょう。











車に乗ったらガス欠寸前。

車を手で持ち上げるような気持ちでソロソロと運転。

ふ~、生活しているといろいろあるわ。


残りの数日、ますます気を抜かないで生活しないといけない。










b0111632_13435884.jpg





b0111632_13484560.jpg










b0111632_13592285.jpg


tofalafels tofu+falafel

本来はヒヨコ豆(ガルバンゾ)で作る中東料理ノファラフェルのヒヨコ豆の部分が豆腐でできている創作料理です。

シェフは、豆腐には味がないので何か必ず酸味を足さないと食べにくい。とハッキリ言いました。

手を挙げて文句を言いたいような発言です。
納得のいかない気分になるのもしかたがないでしょ。

私は日本人ですので、この手の発言には敏感です。
言葉を選んでいただきたいと思ったり、食文化が違うとこんなものかと思ったり。。。 悩むところです。


怒りに似た気持ちを抑えながら、そうそう~そうですう~~と無理やり自制。

豆腐を散々コケおろしながらいくつかの工程を経て、ファラフェルを作る姿も貴重な光景。

笑えるような、笑えないような。






DIPするタヒニ(胡麻)のソースにもレモンがたっぷり。

どうしよう、LUCYが横に座ってなかったら帰っちゃうかもしれない流れだぞ、これは。













b0111632_1436203.jpg









autumn salad

冷蔵庫の中にある野菜、好きに入れて作ってくださいとシェフのDavid。
そうすると完璧に別物になる気がする。 やはり最初は出来るだけ意味のある野菜選びから入りたい。

でしょう~?


b0111632_1581290.jpg















PORTUGUESE WHITE BEAM AND KALE SOUP

b0111632_23205420.jpg


ケールが最後に入る健康的なスープです。

ケールと同時に大量のレモンが入ります。良く言えばさっぱり。実際は酸っぱい。
難しいね、人の好みもあるし。私は本来酸っぱい物が大好きですが、大量に入れられた秋野菜とのバランスを考えると・・・ちょっと多かったかな。













b0111632_22365141.jpg


AEGEAN STURUDEL SERVED WITH ROASTED VEGETABLES

b0111632_22385418.jpg




























b0111632_22404620.jpg


AMARETTO POUND CAKE

b0111632_22415876.jpg


アマレット大好きなので、今度作ってみます。11インチのバンデイットもあるので、教室でお出しできます。

一度に16ピースできるからね。お楽しみに。多分来年だけど・・・。















PS:

途中のサラダのドレッシングにも使いました。赤い皮の洋ナシ。
とても甘くて香りが素晴らしい。

ドレッシングにも皮つきのまま使ったのが驚きでした。ほんのりピンク色のドレッシングになりました。甘みはメイプルシロップを少し足して、女性好みの味に仕上げていました。

早速階下のマーケットでこの洋ナシを購入。
サラも喜んで食べてくれるはずです。

b0111632_22444040.jpg










ナイアガラの滝から3時間ほど西に行った場所にあるレストランのシェフが講師でした。 人気メニューからのご紹介でしたが、創作料理の数々は頻繁に出版されている(4年間に13冊)などで紹介されています。

私には認識がありませんでしたが、相当数のお客様の訪れる立派なレストランだそうです。地産地消をこころがけ、鶏は自分たちで養鶏をし、畑で野菜を育てて食材を調達している理想的な環境のようです。

’この中で鶏を飼っている人?’の質問に、40人ほどの生徒からは挙手なし。でもダラスのクラスでは一人いましたよと言ってました。



少しだけカチンときたのが豆腐の扱いですが、物は考え様と思えば良いのでしょうねえ。アメリカ人にとっては、じつは体に良いとわかっている豆腐も味気ないと思われるのもしょうがない、事実ですね。

根本的な微妙な味わいなど、説明を超えた繊細な話題って説明だけでも大変難しいことは経験しています。








珍しく国際的なお料理がmixされている上に創作が加わるクラスに参加しました。

本を書かれている講師のクラスの場合、また著名な料理人から許可を取って教室の講師が教える場合などには、サイン入りの著書が授業料に組み込まれている場合が多いです。

今回はレセプションデスクのレジ脇に本が積まれておりましたが、40人ほどの生徒のうち購入した人がゼロでした。 これも珍しい。


マネージャーのMARYに’買った方が良い?’と聞いたら、
’うう~ん、どうかな~’と消極的な返答をいただき、一旦考える事にしました。







勉強になりました。ありがとうございました。

THANK YOU DAVID!!!
[PR]
by gacha-mama | 2013-11-08 13:55 | cooking school

central market cooking school





*italian pumpkin delights*



大好きな教室です。

MARYの教えるクラスを選んで申し込みました。

MARYはイタリア料理を教えるので、いつも盛りだくさんの内容でとても勉強になります。

またランチタイムの詰め込み1時間教室ですので、それもうれしい。



こちらでお友達になったLUCYも誘って一緒です。


美味しいとか、これを作ろうかと思うなど他愛ない会話をコソコソして楽しみます。


やっぱり知っている人がいっしょにいると良いね。







b0111632_102325.jpg



Halloween にちなんで、かぼちゃのお料理ばかりの特集です。

  ・italian sweet and sour pumpkin salad サラダ
・pumpkin,sausage & sage lasagna ラザニア
・itaian pumpkin cream cake ケーキ








b0111632_10245763.jpg














b0111632_10301618.jpg


カボチャの形のパンを焼いてくれていました。

中もオレンジ色です。 かぼちゃのピュレで作るので、純粋なオレンジ色です。

柔らかくって少し甘い。 レシピもいただいているので是非作りたい。












b0111632_1034528.jpg


ラザニアにもかぼちゃが・・・
















b0111632_1036639.jpg


デザート








1時間の中で、調理のデモをしながら順調にお食事を出酢手際は慣れたもの。

アシスタント3人で完璧なサービスをこなします。







こちらは明日がHALLOWEENです。


なのに今夜は土砂降りの雨です。

場所によっては、水があふれて水害を引き起こす場合もあります。

注意しないとね。







b0111632_1041819.jpg


夕方7時ころの空に変な雲発見。

UFOみたいな形です。




今日は朝から雲が暗く、どんよりした天気の一日でした。

不安定な気圧で、蒸し暑かったり寒かったり。

テキサスって天気悪い~~






b0111632_1043496.jpg





b0111632_10443219.jpg





b0111632_10453421.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2013-10-31 10:46 | cooking school

CIA PICS #4


TARTARE STYLE BEEF STEAK

steak tartare

タルタルステーキです。これが多分生肉を食する我々には大丈夫であっても。やはり最終的にはテーブルに大量に残されていました。まるで生って、抵抗あるみたいね。



b0111632_11181854.jpg











b0111632_11205721.jpg






mousse au chocolat






b0111632_11244952.jpg














b0111632_11263550.jpg











b0111632_11273331.jpg


crispy potato galette










b0111632_11332182.jpg


goat cheese deep fry

アメリカってゴート(ヤギ)のチーズを良く食べます。

先入観があると、クセがあって敬遠しそうです。ところが美味しいゴーとチーズは非常にマイルドです。

適度の酸味とまろやかな旨みがあり、好きな人にはタマラナイチーズです。

揚げると溶けそうな柔らかさですが、案外そのまま衣をつけたままの姿で揚がるのが面白い。

衣と中のチーズのマッチングも大丈夫で、食感も完璧です。

生でサラダに入れたり、ピザにのせたり、揚げたり、活用の範囲も意外と広いものです。

















b0111632_11344192.jpg



perfect french fries











b0111632_11361854.jpg











b0111632_11372352.jpg












b0111632_11391331.jpg











i was in charge of this 'QUICHE LORRAINE'.
turned out beautiful. yey~

b0111632_11401927.jpg











b0111632_11434555.jpg










b0111632_11452448.jpg










b0111632_11463712.jpg









b0111632_11472421.jpg











b0111632_11482441.jpg











b0111632_11494429.jpg











b0111632_11505075.jpg













b0111632_11514737.jpg












b0111632_11524143.jpg












b0111632_11534031.jpg





b0111632_11541926.jpg





b0111632_1155777.jpg




all done! thanks for everybody.










b0111632_11561974.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2013-10-27 11:55 | cooking school

CIA PICS#3





b0111632_10433539.jpg



she is working on cutting the vegitable for:
"PROVENCAL VEGETABLE AND PASTA SOUP"







b0111632_10482356.jpg










b0111632_10504646.jpg








b0111632_10521844.jpg








b0111632_10545455.jpg


trying to pre-bake quiche pie shell with beans wrapped/lined by plastic wrap.

amazingly wrap won't melt in the oven 375°f.








b0111632_1104837.jpg


huge salad spinner. just humungous!!!
could not stop laghing. don know why.








b0111632_1133897.jpg








b0111632_1143819.jpg


see, it did not melt at all.









b0111632_118292.jpg


our team mate.












b0111632_1111304.jpg











b0111632_11123299.jpg













b0111632_11134468.jpg











b0111632_11145645.jpg













b0111632_11155437.jpg












will be up loaded to #4.
[PR]
by gacha-mama | 2013-10-27 11:17 | cooking school

CIA CLASS STARTS FROM9:00AM  #2PICS



oct.26th SAT.




b0111632_10234023.jpg


9:00am @the reception desk of CIA cooking school






b0111632_10253698.jpg


my daughter MIKI.









b0111632_10265591.jpg


CHEF HINNERK VON BARGEN









b0111632_1028279.jpg










b0111632_10293485.jpg









b0111632_10303397.jpg








b0111632_10311778.jpg








b0111632_10321977.jpg







b0111632_10343710.jpg







b0111632_10352911.jpg







b0111632_10364070.jpg










b0111632_10374759.jpg


demo for 'how to debone DUCK' for the dish 'CARNARD A L'ORANGE' by CHEF.










b0111632_10403947.jpg












b0111632_1041278.jpg















→ #3
[PR]
by gacha-mama | 2013-10-27 10:41 | cooking school

CULINARY INSTITUTE OF AMERICA




さあ~~て、今日は一日CIAで授業と実習がありました。

私の人生の中で、CIAに通うのがどれほど楽しみかー。そしてできたらちゃんと通って卒業したい旨はずっと変わりません。いつの日か、きっとね。それほど素晴らしい学校です。






ここSAN ANTONIO校も基本的にはCOLLEGEなのですが、一般に開かれた単位が取れるクラスが数種類あります。

BOOT CAMPと言われる3日ぶっ続けの特訓クラスも一般募集されています。
朝から晩まで3日ぶっ通しで授業を受けて、お料理できえるの、夢の夢。

孫に手がかからなくなり、余裕ができたら是非参加してみたいと思っています。






前にも書きましたが、アメリカ国内のCIAは3校あります。

SAN FRANCISCOに行くときには、NAPAにあるCIAにて単発の教室を取ったことが数回あります。

NAPAの学校は、石造りでお城みたいな建物です。

行くたびに、売り込みもしています。

何か大きなセミナーなどがあったら、是非お手伝いをさせてねと。

なかなか現地に住んでいない限り、東京から行くのも大変だけどね。

それでもいつの日か、何かお役にたちたいなとの気持ちはずっと変わりません。














今日のSAN ANTOIO校での授業は9時集合で解散が午後の3時過ぎです。

一日お料理漬けになって、幸せです。

豊富な食材+フライパンも包丁も使いっぱなしでOK. 

洗い物も学生やアシスタントがしてくれます。。

あ==夢のよう。
















TASTE OF CIA COOK BOOKSから

BISTRO AND BRASSERIES WITH   


CHEF HINNERK VON BARGEN   始まります。





参加された方から、写真を欲しいと言われているためたくさんUPします。

あしからず。








☆☆☆PRODICTION☆☆☆  


FRISE AUX LARDONS (CRISPY BACON SALAD)

QUICHE LORRAINE

STEAK AU POIVRE VERTS (STEAK WITH GREEN PEPPERCORNS)


MOULES MARINIERE (MUSSELES MARINAR-STYLE) ムール貝のワイン蒸し

POMMES FRITES (FRENCH FRIES) 

MOUSSE AU CHOCOLAT 


CARNARd A L'ORANGE

GALETTE DE POMME DE TERRE  じゃがいものガレット

CREAM BRULEE  クリームブリュレ



CHEVRE FERMIER PAIN  山羊のチーズ(ゴーとチーズ)のフライ


CHOU DE BREXELLES AUX LARDONS 芽キャベツとベーコン


POIRES POCHE AU ROQUEFORT  洋ナシワイン煮とロックフォートチーズ







半日数時間で以上を実習しました。

無事ほぼ時間内に完成し、15人で試食。

大量に作ったので、CIAのスタッフにもお裾分けしました。











これから先な#2には続きます。


画像を欲しいと言われているので、画像のみUPを#2でします。








大変勉強になりました。

ドイツ人のシェフにたくさん教えていただきました。



CIAの10年前のクラスに比較すると、以前はこうしていたけどもうしないーなどの変化が多くて驚きます。

例えばドレッシングも、ここCIAではオイルを糸のように垂らしながら混ぜてるなんてもうしません。

一度に混ぜてOKとしています。


他にもかなりの変化があり、これがあるのでCATCH UPしていかないといけないと深く思うわけです。

UP DATEした新しい知識や常識、やり方などは出向かないと知りうることが難しい場合もあります。





娘が同席していたので、実習でも失敗することはありませんでした。

が、参加している人殆どはある程度のレベルでお料理ができる人ばかりです。


読みながらすぐ実践して、調理ができないといけない。



言葉にならならない刺激と深く学んだ事が多く、耳に栓をしたいくらい。

どうか学んだ知識が出て行かないように、、忘れないように願うばかりです。






#2は画像のみUPします。
[PR]
by gacha-mama | 2013-10-27 10:06 | cooking school

cf cooking school 'cheese with indian accents'



昨晩はCF COOKING SCHOOLにてインド料理の教室を取りました。

著書が高く評価されているので、予定している席はすぐ満席になっていました。

このあたりは、マネージャーのMARYや受付のジョアンナと仲良しであるために都合をつけてもらえて2名満席後に受け入れてもらえてラッキーでした。

著書を一冊いただき、その中の内容を口頭で説明していただき理解を深めました。


東京で習っていたインド料理とのはっきりした違いに驚き、食い入るようにして身を乗り出して授業を聞きました。 隣には顔見知りのLUCYが座り、ほんわかとしたムードで時間を過ごせたのもうれしかったです。




著者/本日の講師であるRAGHAVAN IYERさんですが、これでクラスを取るのは2度目になります。

インド料理のクラスの場合は特に、講師の人がシェフである場合はほとんど(まったくに近い)ほどありません。IYERさんも別の専門分野の学歴があり、料理をしたのもそれを職業としようとしてスタートしたのでもないのです。


ですが、スパイスの専門知識は相当な深さです。
有名な料理雑誌 BON APETITE に8年間インド料理の監修をしている立場でもあります。







テーマはインド料理におけるチーズの上手な使い方

最後には、マカロニアンドチーズのインド版が登場。

満席のスタジオは盛り上がり、素敵な余韻を残して終了しました。





b0111632_059558.jpg


彼のクラスは二度目です。前回も著書をいただきました。

この本では、10種類以下のスパイスで仕上げるのがテーマです。

わかりやすく、見開きでページが広がる面白い構造の本です。

この本だけあれば、ビギナーとしての導入の教科書になりそうです。









b0111632_2462982.jpg







b0111632_2471189.jpg









b0111632_2475861.jpg










b0111632_2495951.jpg

b0111632_2505014.jpg















b0111632_2513469.jpg


日本でカレー粉と呼ばれる、SPICE MIX by 先生。















b0111632_2531056.jpg

b0111632_2541990.jpg












dessert yogurt cheesecake

b0111632_33162.jpg










b0111632_34738.jpg










b0111632_345227.jpg


アシスタントが4人つく大きなクラスでした。

ずっとしゃべり続け、豊富な知識を惜しみなく公開してくださり感謝です。









b0111632_362680.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2013-10-18 23:38 | cooking school

CIA CLASS STARTS FROM10:00AM





ファーマーズマーケットを歩いてお買いものをした後、少し早目のクラスに着席。

もうすでにかぶりつき座席は人で埋まり、でも写真を撮るには絶好の場所をゲットしました。

カリフォルニアのナパの教室(GRAY STONE)だと、横にコーヒーのマシーンが用意されていたのですが、こちらでは個人的に持ち込む必要があるようです。 CAFEにて水のボトルとコーヒーを購入して戻ります。







b0111632_9351346.jpg



b0111632_9361372.jpg


スタイリッシュな校舎です。

エレベーターの中もお洒落。

b0111632_938187.jpg



b0111632_9391867.jpg




b0111632_9504349.jpg








FALL FLATBREADS AND PIZZAS




b0111632_9521635.jpg


CHEF APRIL GOESS 自己紹介がありましたが、見事な経歴に拍手。









b0111632_9543095.jpg


2時間の講義とデモ調理、試食となります。

参加した人は総勢50名近く。途中で見学が入るほどの人気クラスです。

トークは内容も濃く魅力的です。

ユーモアたっぷりだったり、また感心させられる話の内容も豊富。

科学的根拠による裏付けなど、私にとっては天国です。



参考になる部分と、レベルに違いに深く溜息をつく部分が交互に訪れます。











b0111632_958798.jpg


本日のアシスタントのNAOMI.

ARMYに属し、そこから派遣して来ている上級何とかのタイトルを持っている人です。

行く末は大勢のARMYの人にランチを出すことを指導する立場になり、またペンタゴンで上司に料理を出すことにもなるそうです。

このような民間に派遣されるシステムは素晴らしく、聞いているだけで涙が出て来そうになりました。

私が思うよりずっと社会的に立派な進路が行く手に待っていると思われます。

素晴らしいアシスタントです。


















●CHEF APRILが講義中。 サラダに入れるのは、アメリカのきゅうりでなく(ENGLISH CUCUMBER'と言われる種類です。ワックスを塗っていないため、ビニールのバキュームパックになっています。

何故かわかる?  答えは、きゅうりはお互いがくっついていると悪くなるのよ。腐るのよ!!
と笑いながら説明。だからね、アメリカのきゅうりにはワックスがついていて、接触しても悪くならないように保護されているの。 皮はまずいから、食べないように。 などとお笑いを交えて説明。


b0111632_1013793.jpg











試食が配られます。

今日はピザをいくつか、それにフラットブレッドのピザ。グリルしたピザ、サラダをのせた物など。



b0111632_1052694.jpg






b0111632_107322.jpg


50名分のサラダです。










b0111632_1095044.jpg


☆これは途中でCHEFおすすめのがーリンクミンサー。 みじん切りが簡単に出来るんだそうです。


















b0111632_10114299.jpg


見えにくいのですが、サラダの下にはグリルしたピザ(ピタ)。












b0111632_10125377.jpg


サラダのドレッシングは、バルサミコドレッシングですって。
オリーブオイルとバルサミコ酢の割合は4:1が大金比だそうです。








b0111632_10141965.jpg







b0111632_10152469.jpg







2時間でも終わり切らず、でもそこはアメリカなので席を立つ人もいます。












b0111632_10164738.jpg


洋ナシとGOAT CHEESE(ヤギ)のピザ

















b0111632_10174587.jpg


トマト、バジル、オレガノ、ガーリックのピザ



























b0111632_1018509.jpg




ピザやフラットブレッド、ピタパンなどの説明を受けました。

発酵の仕組み、ピザのオーブンでの上手な焼き方などを講義いただき勉強しました。



大変わかりやすく、今まで謎だった部分が解明されてスッキリしました。

質問も多く出て、熱心に参加しているのがわかります。

また途中のCHEFからの問いかけに、娘も私も答えがわかっているのに手を挙げなかったね!と反省もしました。なんとなく正解がわかっていても手を挙げるのって勇気がいるわ。







詳細はまた書き足しますが、とても良い先生に詳細に渡って説明していただき勉強になりました。

またこの機会を得て、幸せに思います。

出来たら引き続きクラスを取りたい希望です。



素晴らしい学校です。

いつかちゃんと通いたい!!

また一つ夢ができてしまいました。

実現に向けて、まずは貯金だわ。
[PR]
by gacha-mama | 2013-10-13 10:23 | cooking school

Culinary Institute of America



待望のCIAのクラスを取りました。

今日はdemoクラスです。
くラスには2タイプあり、調理実習をするHAND ON それとデモンストレーションを見るDEMOクラスです。



CIAはアメリカ全土に3校あり、そのひとつがSAN ANTONIOにあります。

最初にそれを知った時は、それは感激しました。
ですが・・場所が今一つ危ない場所に位置していて・・。
迷わない限り車から車で歩く事はないのに、万が一信号で止まった時などと考えて躊躇しておりました。



場所がDOWN TOWNなので、夜の教室を取るのは不安ですが、今日は昼間のクラスで娘が一緒なので安心です。





ビール工場跡の巨大な敷地にあります。

とってもお洒落な環境。

土曜日はFARMER'S MARKETもやっているので、たくさんの人でにぎわっています。





FARMER'S MARKETも他の場所で行っているので、何が売られているかは大体想像の範疇です。

何が売られていて、何を買うべきかがわからないと余計な物まで買ってしまい後悔することもありました。


もう把握しているので、大体外さずに無駄なくお買いものができるようになりました。



休日のFARMER'S MARKETですが、ワンちゃん連れを多く見かけるのも一つの特徴です。






9時半に到着。

まずはMARKETの様子から写真をUPします。


今日もこれからまた出かけるので(BYフェステイバル・フリークの娘企画)、できる限り一回UPします。










b0111632_3444343.jpg

b0111632_34532100.jpg

b0111632_3462223.jpg

b0111632_347204.jpg
b0111632_3483947.jpg

FETA CHEESE 色々なフレーバーがあります。PUMPKIN味なんていうのもありました。

b0111632_3502191.jpg

b0111632_3512667.jpg

イケメンだぜ。凝った熟成チーズだそう。

b0111632_3591628.jpg

b0111632_402668.jpg



b0111632_9272890.jpg


b0111632_9281378.jpg


b0111632_929159.jpg

empanada わかりにくいけど、エンパナーダ。ほうれん草の中身のものを試食。



b0111632_9301774.jpg

bakery コラチェ チェコの柔らかいパン   定番です。











マーケットの様子はこれで終わりです~。
[PR]
by gacha-mama | 2013-10-13 03:51 | cooking school

BRAZIL with an Italian influence @ CENTRAL MARKET COOKINGSCHOOL


今日はランチタイムのクラスを一つ取りました。

Deniseのクラスを取り続けているお料理好きのLUCYから、これを一緒に取らない?とお誘いがありました。

ランチタイム良いわよ!と即決でマネージャーのMARYに申込みをしました。



お友達が増えて楽しい。

会ったときにHUGしたり、こちらの人は人懐っこいね。

交友関係が共通の趣味で広がっていくのは、本当に楽しいです。

帰り道に気持ちが高ぶっているのがわかります。

幸せ。















クッキングスクール部門最高責任者のMaryが教えると知ると、滞在中はクラスをとれるだけとっていることになります。

教える前と後と、おしゃべりしたり質問に答えてもらったりしています。

なんでも聞いてね、といつも優しい。

人生の師として、特別の存在です。









今日は今月のイベントのテーマである’ブラジル’とMARYのイタリアンのコラボメニューです。

だんだんブラジル料理の特徴にも親しみが増してきました。

本当は行きたい。





食文化とはいかに奥の深い分野であるか、また歴史と人とすべてに関係する世界であるのがこの上もなく面白く、どんどん引き込まれていく自分を感じます。

知れば知るほど、もっと知りたくなる。そんなあせりにも似た気持ちで聞いています。

















b0111632_12142689.jpg


ブラジリアンピザ ヤシの木の芯、グリーンオリーブとバジル


シーフード・フリタータ

ココナツリゾット


デザートは: パイナップルとリコッタのタルト
















今日はランチタイムなので、お飲みものは’PASSION FRUITS パッションフルーツ TEA'


b0111632_1216382.jpg















b0111632_12183391.jpg


タピオカ(キャッサバ)の粉の説明中のMARY

明日からVACATIONですって。
SONOMAに行くのが嬉しくて何回も言っていました。















b0111632_12204220.jpg


イタリアのピザですが、チーズはブラジルのものを使いました。

メキシコの’CREAM クレマ’というチーズに似ていますが、クリームチーズとも違い苦味や酸味もない穏やかなクリーム状のチーズです。


b0111632_12224929.jpg


ナイフですくうとタラりと垂れるほどの柔らかさです。

帰りがけに下のスーパーで見ましたが、催事でブラジルから取り寄せていて価格は&4.40でした。

住んでいたら買いたい穏やかな味です。 住んでいないから、買わないー。






















b0111632_12254371.jpg


先週のDENISEのクラスと同じココナッツのリゾット。

どうも好きになれない、なんて言ってはいけません。

が、あまりのアルデンテにーー残す人が多かったみたい。


日本的な感覚だと、ココナッツ味のリゾットはどうしてもピント来ないねえ。

ランチタイムのクラスで、私とLUCYの二人だけがこのリゾットをいただくのが2度目。



















パイナップルとリコッタチーズのタルト

b0111632_12285358.jpg



b0111632_12294185.jpg


下のナッツは、ブラジリアンナッツ。
おつまみのミックスナッツで残りがちのあの、あのナッツです。

それが刻まれてトッピングされております。



お飲み物ですが、思わず作り方を聞いてしまったくらい美味しかった。

パッションフルーツ・テイー


帰ったら作りましょう。

そしてきょうしつでお出ししましょうね。

美味しいわよ~~、ご期待ください。











お昼の時間の中で済ませるので、ぴったり12時から13時で終了。

この後お仕事に戻る人?の質問に、し~ん。
メアリーが急いで終了しても、お仕事に行く人はいませんでした。








この後、娘と孫の3人でモールでお買いものをしていたら、
左隣に座ったママと子供たち5人の団体様と再会。
偶然だけど、SMALL WORLDだねと笑いました。












今週日曜日には移動です。

今回はあまり無駄なお買いものをせず、ひたすら子守をして、娘のお支払係をして、ランチを外食して、時間があっという間に過ぎてしまいました。

大好きな巨大本屋さんにもまだ行けてない!!

滞在は最低6週間いないと、行きたいところも制覇できずー。ってところです。

段々このSAN ANTONIOにも慣れてきたので、どこに住んでいるの?などと大胆な質問を人にできるようにまで成長しました。(笑)

逞しい!私は結構逞しいかもね。
[PR]
by gacha-mama | 2013-05-08 12:37 | cooking school