「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:cooking school( 130 )

お料理クラスに参加です。@central market cookin school



やっとクラスに参加に行くことができました。

それもSARA(5歳)の学校のピックアップに間に合うように帰るのが条件。

娘が車をしょっちゅう変えるので、その車の説明を受けて一人で出発です。

今の車って、キーを近くに持っていればエンジンがかかるのね。

その他随分私の車と違って、良くできているのを体験しながらドライブです。





場所はいつもお馴染みのところ。

マネージャーのMARYに絶対会いたい!!

もう通い始めて数年になります。(5年?)



今日のクラスはお昼の時間で終了。

25名ほどの参加者があり、わたしの隣だけが空席でした。

始まってしばらくして、空席に座ったのがLUCY。
ここでお友達になって、何故か必ず行くたびに会えるご縁のある友人です。





MARY 少し痩せたかもしれない。イタリア人で、ご主人の事を愛しているのが会話からよくわかる。



b0111632_11180227.jpg
b0111632_11180227.jpg




今日のメニュー
ヴァレンタインを意識してのメニュー。

ビーツのサラダを♥に型抜きすると可愛いわ~との事。


b0111632_11201333.jpg


ビーツのサラダ
シーフードクレープ  ハーブとモルネーソース
アスパラガス パプリカ
ラズベリー パンナコッタ

シャンパン




b0111632_11223359.jpg


今日は何故かシャンパンが出ました。
みんな車だから、昼間のワインやシャンパンも飲まない人がいるわ。
という私も半分でやめました。本当です。


右側は今日のドリンクの一つで、グリーンテイー 甘い味。


b0111632_11242289.jpg











b0111632_11270076.jpg



ホワイトチョコレートを使ったパンナコッタ
簡単で美味しいので、是非クラスでやってみたいと思っています。
ラズベリーのソースとも合い、かわいらしい。




b0111632_11282409.jpg





次回のクラスの予約をして帰宅。

自分の車でないと落ち着かない。

それでも複雑な行き方しかない場所にも、慣れてスルスル行けて逞しいと自分で自分を褒めたいわーとも思う。

事故のないように、これからも気を付けて運転しないとね。






















[PR]
by gacha-mama | 2017-02-14 11:32 | cooking school

何とも言いにくい メキシコのSHAVED ICE 買ったけどー




SARAの学校をPICK UPするまでに時間があったので、近所のSHAVED ICE屋さんに立ち寄りました。

MEXICANのかき氷やさんです。

フルーツ自体を凍らせて、それをかき氷にしたタイプ。





選択は、ピニャ (パイナップル)
他には、イチゴや・・・タマリンドだったかしら・・・ありました。


シンプルな組み合わせで、12オンス(350gくらい)のカップをオーダー。
これで4ドルは高いと思うのは私だけ????



辛いチリのミックスのスパイス、あれこれかけて、
タマリンドペーストのシートの巻かれたストローがついて、
パイナップルの冷凍の角切りも入り~の。 で、$4.00



どっかなあああ。味は微妙、私にはピンと来ないけどね。
微妙・・・かなり・・・。





b0111632_06380805.jpg



何事も経験

にしても

まずい。

















[PR]
by gacha-mama | 2017-02-08 06:39 | cooking school

勇気凛りんさんのスキレット教室に参加です。



これで3回参加したことになります。

料理研究家であり、TVや他の媒体での露出も多い優秀な料理研究家の勇気凛りんさんのスキレットを使ったお料理教室に行ってまいりました。

年末に近づいてきたせいか、参加者はいつもの半数。
よって調理のご説明から実習まで、詳細にわたってゆっくり時間をかけていました。

イケメンのアシスタント、LODGEのスキレットを使用した料理本の編集者も毎度参加されました。

LODGEのスキレット(鋳鉄フライパン)を使用しての料理に特化しています。

私も自分でも使いますし、教室でもなるべく積極的に鋳鉄フライパンを使いたい~とは思っているのですが・・・。どうしても重い、手入れが面倒だーーなどの印象から、生徒さんもそれほど積極的にお買いにならないようにも思えます。


ですが、鉄を高温で熱してのお料理には、いくつかの利点があります。
それを学ぶことにより、なるべくコンソメや調味料を使わずに美味しいお料理ができるようにと思うのです。



メニュー
1)お野菜と豚肉のハーブロースト
2)フレンチオニオンスープ
3)カボチャのプリン


b0111632_14420345.jpg



b0111632_14431843.jpg



スキレットでスープが作れるのって、意外でしょう?

それから蒸し物もできるし、オーブンにもそのまま入れられいます。テーブルにもそのまま出せるし。

鋳鉄なので、蓄熱性が大変良いのでステーキも上手に焼けます。

良い事だらけのスキレット、これからもっと使わないと勿体ない。






凛りんさんとは、アメリカの話題で盛り上がります。

私の大好きなシカゴにお住まいでした。

アメリカ料理だけでなく、和食もお菓子も何でもこなせるのは凄い。

いつも勉強させていただいております。


才女です。



















[PR]
by gacha-mama | 2016-11-09 14:46 | cooking school

たけだかおる先生の講習会です。



お菓子の専門家である竹田薫先生から、お誘いをいただきました、

今回はコーヒーとお菓子のマリアージュ。

一日を3回に分けて募集されていましたが、全部即日満席となる人気の講習会です。




知り合いの先生とお会いするのも一つの楽しみです。

著名な先生と、編集者の方に挟まれるようにして着席。

グー先生にはロールケーキの話題で、あれこれ教えていただき、充実の午後です。





珈琲の正しい淹れ方、ネルやペーパー両方で淹れて味を比較。

竹田先生のお菓子と珈琲のマッチングを比較検討したり、って具合です。

グー先生の適格なコメントが素晴らしく、この場で再現できないほどの高度なコメントにも驚きつつーー


あ~私もイマイチわかってない!! と少し凹みつつーー

ま、イイか。

って良くないですけど、私からはグー先生のようなコメントはどこからも出ないのです。とほお






b0111632_17514760.jpg


b0111632_17522354.jpg

むやみやたらに考えずに淹れていたコーヒーですが、説明を聞いて少しと言うか大変反省。 どの状態でもう抽出できなくなるのか、見極めがあまかった過去を反省。お湯の温度や注ぎ方、全て間違っていたに近い。まずい。






b0111632_17543430.jpg
会場は撮影用のスタジオなので、自然光で。

でも時間がもう西日時間で、残念。


これは ↑  マロン・フィナンシェ 焼きたて♫







檸檬タルト

b0111632_17561956.jpg




テリーヌ・オ・ショコラ

チョコレートとバターと半分づつくらいの分量でべりべりリッチな味わい。








b0111632_17574348.jpg



どのお菓子も作るのは無理。

レシピも掲載されていませんが、高度な技術を要するとみました。

無理です。





たけだかおる先生のファンは多く、最終回も満席です。

顔見知りの先生や、編集者の方とお会いするのも楽しみの一つです。



たくさん刺激を受けて、勉強して、

どうにか自分のきょうしつに生かしていきたい!!

って思うのですが、皆様流石のレベルです。

大体付け焼刃で覚えた知識だと、すぐ忘れるかも~。

それでも勉強に行きます。




今日は暑かった。

皆様、本当に尊敬します。

偉い。



道を究めてらっしゃる先生方、素晴らしいです。
























[PR]
by gacha-mama | 2016-10-02 18:01 | cooking school

スキレットのお料理教室 参加しましたよ。


岸田夕子さん(AKA 勇気凛々さん)のスキレット料理教室に参加してまいりました。

これで2回目ですが、毎度驚きの連続です。

スキレットを使ったお料理、私の教室でもしますがー

凛々さん(私はこう呼ばせていただいております)の使い方は想像をはるかに超えた領域までぶっ飛んでいます。



スキレット(鋳鉄フライパン)ですので、鉄製。

当然錆びたり、重かったりと、今まで敬遠される材料はたくさんあったかも。

でも、今年からより積極的に使い始めておりますが、実に良いヤツで!!



お肉の塊を焼くときなど、豪快なお料理にはもってこいですし、

そしてご飯も炊ければ、スープもOKということなんですね。






メニュー


1)チキンパルメザンリゾット

2)焦がしネギのシンプル卵炒飯

3)青ネギスープ


そしてデザートには、

プリン  プリンの加熱調理までできるんだって驚きです。









今日も元気に明るく、いつも楽しい凛凛さん。

アシスタントは例の、というかいつもの イケメン 細マッチョ君。


b0111632_14335401.jpg



b0111632_14345306.jpg




b0111632_14352689.jpg



b0111632_14355712.jpg





とにかく使い勝手は、想像以上です。

それは確か。

鋳鉄バンザイ。



実はお仕事させていただいたアメリカの料理本でも、鋳鉄スキレットで調理するレシピが多く、今年はご縁もあって(?)是非頻繁に手が伸びるようにと、努力中です。




凛々さん、お笑い系。

良く今日は大笑いしましたね。


笑。



















[PR]
by gacha-mama | 2016-09-30 14:38 | cooking school

イタリア料理の勉強です。





仲良しの料理研究家でもあり、各方面で大活躍されている馬場先生にお誘いいただき、イタリア料理の勉強に伺いました。

長本和子先生のご自宅にて、ご常連の方々と一緒に数時間の濃い濃い内容を学習してきました。

先生にお目にかかるのも、これで2度目です。

前回は先生の門下生で、イタリアに料理修行に連れていらした生徒さんの出したお店にてお食事会でした。




閑静なご自宅にもまた羨ましくって、たいへんです。

地理的な事もあるのですが、素晴らしく素敵なご自宅でした。

テラスがあり、厨房もプロ仕様になっていて、ためいきです。

こちらで前日もプロのシェフが集まって、勉強会があったそうです。

そう、長本先生はイタリア料理界の重鎮でいらっしゃるのです。








お料理のテーマは’豚肉料理’でした。

 〇豚肉とじゃがいものサラミ

 〇豚足の冷製サラダ

 〇骨付き豚ばら肉のキャベツ煮込み





実際のお食事の時には、コースとなり、上の3つのお料理以外にもお出しいただいています。

・古代麦のパスタ イタリアの美味しいトマトを使ったソース 

・サラダ

・デザートのカボチャとチーズケーキは差し入れしていただいたもの 北海道

・フルーツ盛り合わせ

などなど





イタリアの郷土料理の特色を学びました。

北イタリアと南イタリアのお料理の違いも、地理的なことや歴史に深く関係しているのですね。

農作物が採れる場所によっても、お料理に大きな影響がでるし。

お肉と言えば・・・と、イタリアの肉についてのご講義が面白かったです。

知らなかったことばかりです。






そして、味のベースになるソフリットの正しい(!)料理方法も目の前でデモしていただきました。

あ~本当に奥が深く、簡単そうで実は理論的な世界。











b0111632_9345662.jpg



女優さんでいらしただけあって、とってもお綺麗です。

オーラが違う。。。









b0111632_9355461.jpg


スペアリブとキャベツの煮込み オリーブオイルバージョンとバターを使った2種類を用意してくださいました。








b0111632_93810100.jpg


豚足を千切りにしているところ。

豚肉は牛と違い歩留りが高く、豚足もイタリア料理で食べるのね。

そういえば、トリッパも内臓だし、無駄をなるべく出さないのだわ。

この豚足ですが、下茹でをかなり長い時間するので臭みは全くなく、ゼラチンが固まってきれいなかたちのオードブルに変身していきます。



b0111632_942352.jpg


この型に入れて冷蔵庫で冷やし固めます。


b0111632_9425624.jpg


プリっぷり










b0111632_9434326.jpg


サラミ  中に入れるスパイスを変えて、茹でるタイプと焼くタイプで調理。











b0111632_9445124.jpg


豚肉とじゃがいものサラミ







b0111632_94538100.jpg










画像がうまく撮れていない・・・

後程解像度を上げて、再トライします。




充実した時間に感謝です。

わたしのレッスンとは、レベルが違うー

課題も頂戴し、でもやる気と楽しみも頂戴し、家に帰りました。

終了したのがすでに11時を軽くまわり、他の方ときゃあきゃあ言いながらの帰り道もまた楽しい♫



長本先生、ありがとうございました。
[PR]
by gacha-mama | 2016-09-17 09:49 | cooking school

馬場先生の特別料理教室でした。今日は中華料理です。






ずっと前からリクエストをして、今日はやっとその日を迎えたって感じです。

どうか予定がそのままで、何も突発事故のないようにと心から願ったものです。

朝からお天気にも恵まれ、もう少しで桜も満開になる一歩手前の桜新町です。





メンバーは前回の’あなご特訓クラス’とほぼ同じかしら。

皆様プロの料理家だったり、お料理の関係のお仕事だったり・・・。

専門家が生徒さんに多いのが、良い先生の証拠でもあります。

馬場先生、世界各国のどのお料理でも教えられるのが凄いです。








スタート時間は10半。

終ったのが5時近くでしたので、結構長い時間お料理していたことになります。

細かい食材をきちんと揃え、仕込みをし、テーブルセッテイングまでされる馬場先生、尊敬しています。

また食全般に関する知識が豊富で、勉強になります。

私も教える立場なので、いろいろな面で勉強させていただいております。









メニュー  今日は中華料理です。

 1)紙包み牛肉

 2)春野菜のおこげ料理

 3)いとよりの清蒸

 4)豚三枚肉の大蒜ソース

 5)中華風ローストチキン 

 6)温かい生姜シロップの白玉






笑い過ぎて、ずっと仲良し仲間とふざけすぎて、のどがカラカラになりました。笑

雛鳥の詰めるお赤飯は先生が先に蒸して作って下さったりしていますが、お買い物から仕込みまでの苦労は並大抵でないレベルです。

自分でもわかります。これは大変だわ。

今日は人数も10人分を用意されたので、さぞお疲れだと思います。










b0111632_18112982.jpg


お花もテーブルクロスも、毎回テーマごとに変えてらっしゃるの。

無い物はミシンで縫ったり・・・、素敵なセンスがアチコチに感じられます。

それにしても毎回お皿や食器の多さには驚きます。

それも各国のお料理のテーマに合わせて、かとラリーからマットからナフキンから^^^











b0111632_1814472.jpg


TAYSON アメリカから輸入された雛鳥を一人一羽お料理しました。

アメリカにいる時に時折買ってお料理しましたが、骨ばかりでローストすると固くなります。

今日のように詰め物をすると豪華で食べ応えがあり、これは元の姿から想像できない仕上がりになります。















b0111632_18162494.jpg


こんな様子で進行。 

生徒さんが7人+先生

広いキッチンが羨ましいわ。














b0111632_18172348.jpg


いとより鯛の蒸し物です。

いとより鯛って綺麗な色で、春らしいやさしいお料理でした。












b0111632_18182683.jpg


前菜  豚の三枚肉の大蒜ソース 

こだわりの豚肉で、脂がまず美味しい。

これを混ぜていただきました。











b0111632_18194886.jpg











b0111632_1820566.jpg












b0111632_18205374.jpg











b0111632_18212258.jpg











b0111632_1822068.jpg










b0111632_18223227.jpg










b0111632_1823220.jpg


春野菜のおこげ料理












b0111632_18233193.jpg











b0111632_18241558.jpg











b0111632_18244820.jpg












b0111632_18251678.jpg


いとより鯛を骨から外し、これから各自のお皿によそうところ。










たくさんお料理しました。

馬場先生、ありがとうございました。

またよろしくお願いいたします。
[PR]
by gacha-mama | 2016-03-29 18:26 | cooking school

イタリアンのお料理アトリエにて勉強です。






塩田ノアさんのアトリエにて、お料理教室にお伺いしました。

仲良しグループ4人で一つのクラスを開いていただきました。

調理やお菓子のプロの友人もいれば、いつもの仲良しグループの友人や、
仕事を休んでまで来てくれた友人などと楽しい時間を過ごしました。




ノアさん、TV(ETVきょうのお料理)や家庭画報などでお馴染みの方です。

お母様のミチルさん、私はリアルタイムでTVで良く拝見していました。

イタリアとフランスで生活していたノアさん、本格的なお料理を教えていただきました。





私もイタリアンはアメリカで随分の時間数習っていますが、どうもどれもアメリカ風のアレンジばかりです。

パスタも簡単にし過ぎて、かなり本物から遠い気もします。

ここで本物中の本物を教えていただき、今日は楽しみと勉強を経験し、そして刺激をたくさん受けております。







美味しいチーズでよだれのニョッキ

ニョッキの定義が今日から変わりました。今まで食べていたのは何だったんだろうーー。

ニョッキがパスタである根本から考え方を変えないとね。








まずは前菜からお出しいただき、ワインはイタリアの物。

このワインがまたすっきり美味しいワインでした。




b0111632_15474918.jpg




クレソン、鴨の温めた物、リンゴ サラダ 









b0111632_15493481.jpg






b0111632_1550214.jpg












b0111632_15503785.jpg



エシレバター、ラクレットチーズ、パルメザンチーズ、などリッチなこれでもかってくらいの濃厚バージョン。





b0111632_1552575.jpg


ドイツ製のお皿も温めてあり、パンも美味しく、ううう唸るお料理です。

大好きなニョッキですが、今まで食べていたのは何だったんだろうっていうくらい違います。


粉とじゃがいもを練っていく過程から全然想像を軽く超え、全てがやらなければわからない世界・・・。

手をかけて時間もかけて、大変な作業の上にやっと出来上がりました。








ストロッツアプレーテイ 牛肉と蕪とニンニク アンチョビ風味



b0111632_15551994.jpg










b0111632_1558882.jpg


デザートは栗の入ったテイラミス。










b0111632_15591523.jpg









たくさん教えていただきました。

パスタは根気よく15分捏ねて、それを寝かして、伸ばして、切って、茹でて、と作業の工程がたくさんあります。時間もかかります。

食べるのは一瞬ですが、作るのは大変なんです。

日本人で良かったと思ってしまうほど、イタリアのマンマはこれを毎日??するのかどうか知りませんが、とに角すっごく手が込んでいます。大変です。








また日本に帰国されたら、クラスをお願いしています。

次回はオレキエッテだそうで、それも楽しみ。



気持良くお天気が回復し、(昨日は雪が降って別世界に一瞬なってましたが)

仲良しとキャアキャア言いながら、素敵な時間を過ごしました。


ノア先生ありがとうございました。




大変勉強になりました。
[PR]
by gacha-mama | 2016-01-19 16:02 | cooking school

RAVIOLI WORKSHOP @SUR LA TABLE SAN ANTONIO TEXAS


ラビオリの実習クラスを取りました。









b0111632_13252869.jpg







講師はCHEF CINDY  これが彼女のクラスを取るの、2度目です。

最初は怖そうだと思いましたが、そうでもない事がわかりました。

真面目な厳しい先生ですが、いじわるではない。

映画に出てくる怖い教師みたいな、そんな初対面での印象でした。

それともう一つ、’日本人が嫌いなのかもー’ って思ったのも事実。

実際いますので、何度かそう思われていると自覚した経験があります。




b0111632_13261877.jpg




私は真面目にクラスを受けて、ちゃんと言われた通りにしていますので、時間が経つと次第に打ち解けて仲良くなりました。


この日、ちょっとしたPC上の申し込み画面の不具合で申し込みが完結していませんでしたが、彼女の一言で無理やり16人満席のクラスにねじ込んでもらえました。

熱心な生徒・・・だから?だと思ってます。

でも、嬉しかったです。


本来申込みが完結していない事情と、当日が満席だったので、諦めて家に帰る覚悟をした瞬間でしたから。

’ちょおおおおおっと待って、入れてあげる’とCINDYに言われたのは嬉しかった。

スタジオのスタッフの皆様、お騒がせいたしました。

ありがとうございました。 みんな良い人で~嬉しかったです。












b0111632_1328689.jpg








b0111632_13291527.jpg











b0111632_133047.jpg













b0111632_13312135.jpg







☆ラビオリ2種類の形で作りました。

一つは四角い定番で、中身がチーズ、ソースはマリナラソース。

マリならソースとトマトソースの決定的な違いがわかり、すっきりしました。



もう一つは丸い型で抜き。中身はカボチャ

ソースはペストです。

ペストはバジルと松の実の組みあわせが王道ですが、実際はパセリでもルッコラでも緑色の葉野菜なら殆ど使えます。 (日本のお野菜だと、春菊でもできるくらい)
松のみの代わりは、クルミやピカンナッツなどでも美味しくできます。








カボチャですが、さすがに日本のかぼちゃの方が水分が少なく糖分が多く旨みは絶対に上です。


上手に組み合わせて、楽しく作る事ができれば良いと思います。
[PR]
by gacha-mama | 2015-12-02 13:23 | cooking school

今夜はメキシコ料理を習いました。@SUR LA TABLE SAN ANTONIO TEXAS





今日はかなり前から申し込んでいたメキシコ料理の料理教室でした。

場所はSAN ANTONIOにいる時には

  SUR LA TABLE もしくは
  CENTRAL MARKET COOKING SCHOOL のどちらかに市か行かないので、

今夜は最初のSUR LA TABLEの方です。

ここのスタジオはしょっちゅう講師が変わります。

今夜の講師も始めたばかりだそうで、よく勝手がわかってないのだと自分で言っていました。








開始時間は6時半、終わりが大体8時半となっていますが、このメキシコ人のシェフは9時を過ぎてもまだしゃべっていて、私はついに先に出る事にしたほど・・・。

のんびりした人でした。



生徒さんは全部で9人。

中にお誕生日の人がいて、ワインを持ち込んで一本あけてました。

帰りがけにお誕生日の歌を唄ってました。

女性の友達3人で来ているみたいで、仲良しな様子。

お料理を殆どしないと言い切る人達が多く、ちょっと驚きました。






と言っても、今宵のテーマはメキシコ料理なので、メキシコ料理を家で作らないって事??とも思いましたが、

そうでなく、料理をしないのよ!! と強調していました。

調理実習つきのクラスなのですが、手際の良し悪しに対するコメント省きます。汗。




それから、メキシコ料理には揚げ物がつきものですが、

アメリカ人の中には家であげものをしない人もいます。

その点、日本人はトンカツや唐揚げを良く揚げるので、揚げ物は良くする国民だってことになりますね。l


















今夜のメニュー:

最初にサイトでスケジュールをチェックしたとき、ポゾーレのスープがあって興奮しました。

大好きです。

b0111632_1321419.jpg








チュロスもあり、オードブルもあり、メキシカン(それも本場の)が習えるのは嬉しい経験です。






お仕事帰りの人が参加する時間帯です。

必ずクラッカーとジャム、チーズなどが用意されています。

b0111632_1323159.jpg




SAN DIEGOの教室では、プラザ内にある好評化のパン屋さんが毎度パンを提供していました。

最高に美味しかった~。それにDIPを教室側で作って添えてました。

お腹が空いている人には嬉しい心遣いです。

















同じテーブルの横に座ったのが身長2Mもありそうな青年でした。

向かい側にはカップルが座ってました。

青年は一言も他の人とはしゃべらず。このところ日本人嫌いと言うフレーズが頭にこびりつき、最初この人も日本人が嫌いなのかとちょっとおもってしまった。

気のせいでしょうけど、事実そんな事もある事はあるし==












思いっきり辛いソース作りました。


手元にレシピがないのですが、詳細はまた

b0111632_1329552.jpg










テキサスのメキシコ料理は本場の物と多少違います。

きょうはメキシコ人シェフから本物を習っています。

私の今いるSAN ANTONIO ではTEX MEXと言うジャンルのアメリカ風にアレンジされたメキシコ料理が主です。

メキシコ本場のメキシコ料理は、材料も調理法も細かく違いがある場合があり、

例えばタコスは基本的にはメキシコではコーンのトルテイアで、TEX、、、では小麦粉のトルテイアで、っというような具合で違いがあるのです。




b0111632_13301454.jpg









細かい説明をしてくれるシェフです。

CIA出身で、卒業後はエンパナーダの専門店をやっていたそうです。

b0111632_13335289.jpg



教える事と料理が出来る事は必ずしも同じでないので、シェフが教えるクラスはちょっと運が悪いと教え慣れてないのが(教えるのに向かない、教えた経験がない)と良い授業であったと思いにくくなります。












チュロスは角砂糖くらいの大きさで揚げるタイプなので、揚げる人は大変。

b0111632_13364199.jpg




軽い仕上がりのチュロス。

シナモンシュガーをまぶして、出来上がり。

b0111632_13375260.jpg











ソぺス(ソパ)スープ の浮き身。

ライムを絞って、さっぱりいただきます。

b0111632_13384318.jpg







全体
b0111632_13401595.jpg










MASAのカップに入ったオードブルの中身は、じゃがいもとチョリソ。

アボカドを乗せて、チーズを散らしていただきます。

b0111632_13411067.jpg










揚げ物が多かったので、スタジオがすでにすっごい匂い。

みなさま、あぶらくさくなったね。

b0111632_13425946.jpg

















チュロスのチョコレートソース、二度着け禁止です~

b0111632_13441981.jpg
















メキシコ料理、大好きなので勉強になりました。

ただ、食材が日本で揃わないね。

代用はあくまでも代用だし

b0111632_13454546.jpg














たくさん学んだ夜になりました。

モールはもうクリスマスの飾りつけです。

夜になるとイルミネーションが綺麗。





スーパーに行くと、THANKS GIVINGのお買い物をする人で混みあっています。



でもデパートやモールはクリスマスに焦点をあてています。





わさわさした雰囲気で、

このままあっと言う間に年末になるのだわと。






おやすみなさいです。
[PR]
by gacha-mama | 2015-11-25 13:27 | cooking school