番外編  和食のお教室



今日は楽しみにしていたお料理教室に伺いました。

先月赤坂で偶然野崎洋光さんが撮影していたTAKITOで虎ノ門のつる寿の柿沢先生のクラスを知りました。 あの時野崎さんが呼び止めてくれなかったら今日のご縁はなかったのです!


つる寿は私の祖父の代から4代に渡りご縁のあった日本料理のお店です。孫がこれでお世話になれば、なんと5代にも渡ることになります。凄い!!!


お父様の時代では、ずっと今まで一番好きだった鶏のから揚げが忘れられない味です。
今日教えていただくのは、息子さんの方です。お父様は引退なされてますが、平松洋子さんの語り書きの本が出ています。


b0111632_15392421.jpg




本日のメニューはたくさんで豪華メニューです。
早くにお買い物にいらして、大変です。すばらしい食材のオンパレードです。
海老のおどりまでいただいて~嬉しいやら美味しいやら、、それはえらいことで。。。


  
  ・海老 おどり
  ・白魚のてんぷら  抹茶塩
  ・ぬた芋 宮崎の郷土料理 
  ・しいたけ 甘酢あん
  ・ぶり大根
  ・春菊のおひたし
  ・鳥つくね汁
  ・デザート ワインゼリー いちご、あんこ、九州のぼんたん



☆海老はおがくずの中に入ったまま生きてました~。氷水で冷やして首をぐぎっと力強くもいで皮をむきます。 結構今までぐずぐずやってたのが良くなかった。 思い切って、、、ぐぎっと。
b0111632_1552470.jpg

b0111632_15552188.jpg
b0111632_15565534.jpg
                  ぐぎっ!



b0111632_15585340.jpg

何回も冷水につけられ、最後は冷蔵庫にて冷やされて・・・甘くてコリコリでした!





☆ぶり大根
30分で出来上がると聞いて?え? 今までの長時間かけていたのに、目からうろこです。
それも強火でがんがん炊いてもOK. そして壊れそうなくらいに大根が柔らかくなりました。

b0111632_1611240.jpg

b0111632_16124139.jpg


b0111632_16142223.jpg






里芋(埼玉産が美味しいのでおススメだそうです。) やさしいお味 
つぶしたものと混ぜます。 味噌味
b0111632_16231675.jpg



鶏つくね汁 朝青龍のお部屋の味だそう。たくさんいただいて大きくなろう~。
b0111632_1626191.jpg


しいたけの甘酢あん  凄く細く切れ目を入れてから揚げしてあんをかけています
b0111632_1627535.jpg


春菊と油揚げのお浸し 盛り付けも習います。油揚げと春菊を段々にもりつけます。
b0111632_16293834.jpg


白魚の天ぷら  一緒に付け合せて揚げたのがこしなんとか、たらの目のチビみたいなもの
b0111632_16305720.jpg


そして最後は
b0111632_16404029.jpg

デザートの白ワインゼリー 中にはイチゴ、あんこ(これが合うの!) ボンタン




b0111632_16162844.jpg





*今日は実習があったので、大変勉強になりました。針しょうがを切ったり、しいたけに細かく包丁を入れたり、海老の皮をむいたり、と細かく教えていただきました。 柿沢先生は次々と工程を進めながら 'はぁぃ、手の空いてる方?' と言われます。 どんどんあれもこれも体験して参加できるので満遍なく教わることができます。

このあたりは私は自分のクラスと比較して反省しないといけないわ!と思ったりしました。  
素材の説明も丁寧にしていただきました。 食材の生き字引なんです。

何より美味しくてやさしいお味に仕上がったのは先生のお人柄って印象でした。有難うございました。 これからもよろしくお願いします!!! 




*帰ってから当日の夜に・ぶり大根、・油揚げ春菊のお浸し、を作りました。
 お出汁を取る段階からすでに THERAPEUTIC な香り。
 つまり人を癒す香りが立ち込めるのです。 → ダクトの外にもお裾分け。


  この辺が和食のすばらしいところです。
  黄金色の鰹と昆布の出汁によって幸せオーラに包まれます。
  日本人にはこの感性がDNAに組み込まれてるのよ・・・きっとそうだわ! 

  その点アメリカ料理は。。。どうしましょ!
[PR]
by gacha-mama | 2008-02-07 16:31 | cooking school
<< APPLE CUSTARD ... 告知 >>