「ほっ」と。キャンペーン

A CALIFORNIA THANKSGIVING


先生は又 PHILLIS
料理本を日本で翻訳して出したら?と提案したら、その時はお願いね!と言われて喜ぶ。
是非話しだけでなく実現をよろしく!!!!!!!!

b0111632_956304.jpg


今日もお料理教室。今回はこれで最後です。大賑わいの50名クラス。
うち男性3名。 2名は奥様に引きずられて参加(?)の様子。
もう一人はゲイのおにいちゃま。質問もスタッフにしたりして控えめ^^でも真面目に聞いてました~~。サンクスギヴィングにお友達を呼ぶのかしら? (呼ばれてみたいわ!!)

昼間だっていうのに、合法二杯が極自然に出されます。
赤?白?と聞かれて素直に '白をお願いします!’ ・・・・・ 昼間だけどね?!

★合法二杯とは私的な表現ですけれど、カリフォルニアの法律で二杯まで飲食店が提供しても良い基準ってこと。

酔いは人によって反応は違うと思われます。 結構強い私でも過去には酔いがまわったまま家路についた事もあります! その時は別件(無灯火)で丁度POLICE CARに止められた思い出がアリます。無事開放されましたけどね。 (JAILに入ったらJAIL FOODのレポートでもできたかとは思いますけど、、、)






THANKSGIVINGに欠かせないターキーを丸ごと二羽。事前に焼いてありました。
メインは
        ROAST TURKEY WITH FRESH HERB BUTTER 
            AND  ZINFANDEL GRAVY

b0111632_9564559.jpg

ZINFANDELは私のお気に入りのワイン COPPOLAでした。1本使います!


お皿の上にはターキーと共にこれだけのサイドがのっています。
   ・CRANBERRY SAUCE WITH DRIED APRICOTS
   ・ARTICHOKEーPARMESAN SOURDOUGH DRESSING
   ・CARAMELIZED ONION AND TOASTED BRUSSELS SPROUTS
   ・MASHED POTATOES WITH GARLIC、LEEKS AND 
    MASCARPONE  CHEESE

b0111632_9565962.jpg

この中でわかりにくいのですが、思いのほか美味しかったのが芽キャベツのソテー
荒みじんにして炒めるのが意外です。でもこの方が食べやすい。早速試したいところです。
    
b0111632_10232672.jpg


b0111632_10364467.jpg

         ☆今回のように鳥の中に入れないのが DRESSING
           中に入れてローストするのが STUFFING と言います。

b0111632_10373494.jpg


         ☆ フレッシュのクランベリーは缶と別物。羨ましい環境。


デザートは  PUMPKIN CHEESECAKE WITH PECAN CRUST
b0111632_9572826.jpg
b0111632_9574369.jpg



☆ターキーは骨付きの方が柔らかくジューシーに仕上がります。チキンでもそうです。だから是非丸ごとローストを。 年中行事にまつわる料理は大人数を満足させるためにあらゆる工夫がなされています。 時間差でオーブンを上手に利用して、熱々を食べていただく物と、数日前から準備して大丈夫なもの。 旨く組み合わせています。 残り物もスープやタコスに入れてとことん頂きつくすって感じですね。 17世紀から続いている感謝祭のご飯ですが、それでも時代と地域によって若干変化しているみたいです。 日本のおせち料理に似た部分があり、各家庭でおばあさんから孫に伝わる伝統を維持するためにも大切な祭日になりますね。
[PR]
by gacha-mama | 2007-11-11 09:57 | cooking school
<< CHARLIE’S  BEST... GREAT NEWS COOK... >>