CIA でクラスを取りました。


今日は念願のCIAの料理教室に参加しました。

C.I.A とは、
Culinary Institute of America
アメリカで#1の料理大学のことです。


b0111632_11195872.jpg

学校の受付の女性と話していたら、
気が付いた??入口のアレ??

パンデリアって言うのよ。
え?

校舎受付玄関前の天井にあるのはシャンデリアならぬパンデリアだそう。
フライパンで作られていました。


ユーモアが楽しいね。

b0111632_11211453.jpg


今までにも単発でノンクレジットのクラスをたくさんを取っています。

全米3か所に学校があるのですが、ご縁のあったカリフォルニアのナパバレーの
GRAY STONE校舎、そしてSAN ANTONIOと二か所でクラスを経験しています。

きょうの講師は学校を統括している優秀な女性で、教え方も勿論とても上手です。
知識も豊富で勉強になります。

途中、旨味の強い味噌の話題がもちあがりました。
色の濃いのは熟成の年数の問題で、と説明したので、休み時間に軽く訂正。
色の濃さや味噌の滑らかさの違いなどは、熟成年数だけでなくそもそも材料の違いからくることなどを少し話しました。









winter soups,stews,and chowder

with: Chef April goess





レシピは数種類渡されましたが、そこから3種類を2時間で作って試食のデモ形式。


Chicken and Dumplings

Mushroom Barley Soup

蟹のチャウダー






dumpling は日本で言うところのすいとんに近い。
アメリカ料理として度々古典的な料理の代表で登場します。
レシピを本で読むのと違い、理論を説明してくれるのがうれしい。
そうだ!!そうなんだ、と納得した場面がかなりありました。



北カリフォルニア出身だそうです。

20年以上の経験があり、優秀な先生です。

レシピは料理のプロが使用する場合、
一般家庭の調理用として、書き方や表現がが違います。

今日とった単発のクラスは一般人向けなので、説明も誰にでもわかるようにしてくれます。







b0111632_10453197.jpg


工程に沿って節目で進行しているお料理の重いお鍋を持って生徒間を歩いて見せて進めていきます。



b0111632_10495068.jpg

時艱のある時に、また書き足します。





b0111632_10513672.jpg






b0111632_10524965.jpg




b0111632_10535392.jpg








b0111632_10545118.jpg




校庭でFARMERS MARKETをしていました。

前から継続して出店しているベンダー、新規に参加のベンダーなど見て回るだけで楽しいものです。

これはタイアメリカンのブースですが、オーナーのタイ女性の御主人が同じ敷地内のCIAで教授をしていると記憶。


b0111632_11170519.jpg











夜はメキシカンです。

昨晩は9時間以上ストレートで寝られたので、今日は楽だった。

運転するので、あまり眠いと危ないからね。





あすもしっかり用事をこなして、健康的な一日を過ごせるように

今日もさっさ寝ます。













[PR]
by gacha-mama | 2018-01-14 10:57 | #101 CLASS
<< 早めの夕飯は近所のメキシカンにて 無事到着 >>