RAVIOLI WORKSHOP @SUR LA TABLE SAN ANTONIO TEXAS


ラビオリの実習クラスを取りました。









b0111632_13252869.jpg







講師はCHEF CINDY  これが彼女のクラスを取るの、2度目です。

最初は怖そうだと思いましたが、そうでもない事がわかりました。

真面目な厳しい先生ですが、いじわるではない。

映画に出てくる怖い教師みたいな、そんな初対面での印象でした。

それともう一つ、’日本人が嫌いなのかもー’ って思ったのも事実。

実際いますので、何度かそう思われていると自覚した経験があります。




b0111632_13261877.jpg




私は真面目にクラスを受けて、ちゃんと言われた通りにしていますので、時間が経つと次第に打ち解けて仲良くなりました。


この日、ちょっとしたPC上の申し込み画面の不具合で申し込みが完結していませんでしたが、彼女の一言で無理やり16人満席のクラスにねじ込んでもらえました。

熱心な生徒・・・だから?だと思ってます。

でも、嬉しかったです。


本来申込みが完結していない事情と、当日が満席だったので、諦めて家に帰る覚悟をした瞬間でしたから。

’ちょおおおおおっと待って、入れてあげる’とCINDYに言われたのは嬉しかった。

スタジオのスタッフの皆様、お騒がせいたしました。

ありがとうございました。 みんな良い人で~嬉しかったです。












b0111632_1328689.jpg








b0111632_13291527.jpg











b0111632_133047.jpg













b0111632_13312135.jpg







☆ラビオリ2種類の形で作りました。

一つは四角い定番で、中身がチーズ、ソースはマリナラソース。

マリならソースとトマトソースの決定的な違いがわかり、すっきりしました。



もう一つは丸い型で抜き。中身はカボチャ

ソースはペストです。

ペストはバジルと松の実の組みあわせが王道ですが、実際はパセリでもルッコラでも緑色の葉野菜なら殆ど使えます。 (日本のお野菜だと、春菊でもできるくらい)
松のみの代わりは、クルミやピカンナッツなどでも美味しくできます。








カボチャですが、さすがに日本のかぼちゃの方が水分が少なく糖分が多く旨みは絶対に上です。


上手に組み合わせて、楽しく作る事ができれば良いと思います。
[PR]
by gacha-mama | 2015-12-02 13:23 | cooking school
<< ランチあれこれ 用事の合い間に... クラフトが盛んです。 >>