CENTRAL COOKING SCHOOL にて勉強ランチ





ずっと会いたかった私の料理の先生MARYに、やっと会えました。

電話でまたSAN ANTONIOに来たわ!!と報告したら、このクラスに入れてもらえました。

後でサイトのスケジュールを見たら、満席になっていましたが。

そのあたり、やっぱり知り合いだと入れてもらえるのね。

MARYだけでなくスタッフが教える日が多いので、私にとっては嬉しいことです。











メニューは、この時期はTHANKS GIVINGのお食事に関係するものばかり。

毎年良くネタが切れない物だと思いますが、マイナーチェンジで乗り切っている様子。

今日のランチ時間の教室でも、今までと同じ素材をメインに取り上げていますが、なるべく同じにならないようにとの工夫は各所に見られました。







☆☆☆
・詰めものをしたターキーの胸肉ロースト
・芽キャベツのオーブン焼きパン粉クラスト
・✿の形のマッシュポテト
・フレンチ・パンプキン パイ

アイステイー






b0111632_724493.jpg















メアリー、元気に大活躍です。

b0111632_7261526.jpg









これはお食事の全体

ターキー、芽キャベツ、ポテト

b0111632_727507.jpg
















ターキーの胸肉が買えれば、これは再現できます。

中に詰めたハーブ類など、少しマイルドにすれば一般的に好き嫌いなく食べられると思います。

MARYはローズマリーやセージ、パセリなどかなりの量を入れていますが。



b0111632_72901.jpg












b0111632_7312720.jpg











ターキーを開いているところ。

旦那様が外科医だそうで、主人が見たらへたくそだってあきれるわ~と。

肉を開いて、中身を詰めて、タコ糸で縛ってまとめている作業です。



b0111632_7322117.jpg














ランチの1時間で完結するクラス。

このまま仕事に戻る人が4,5人。

それ以外は専業主婦って事ね。


b0111632_734883.jpg











皮は付けたまま、肉たたきで伸ばします。

後に皮を取って、上に巻き付けてひもをかけます。

なるほど。

b0111632_7354197.jpg












リンゴの入ったパンプキンパイ フレンチスタイル

パンプキンスパイスジェラート添え

b0111632_7373448.jpg













短い時間に充実した内容で、参加した人からも拍手。






こんな作業も手慣れているので、簡単にこなします。

b0111632_738388.jpg












数年通っているので、お互いの顔を見るだけで気持ちが温かくなります。

こんな人間関係を異国で持てるの、素晴らしい。

嬉しい日です。
[PR]
by gacha-mama | 2015-11-20 07:39 | cooking school
<< 夜ごはんはハンバーガーなんて事... 今日は暑いくらいの一日でした。... >>