「ほっ」と。キャンペーン

穴子尽くしの教室に伺いました。




著書もたくさん出ております、馬場先生にお願いして特別教室をしていただきました。

先生は大人気のために、日本ちゅうを飛び回っている昨今です。

小学生の食育教育に貢献していて学校の特別授業の講師をしたり、地方の食の活性化にも熱心に働きかけておられます。

同じ年齢であるのも手伝って。今まで仲良くしていただきましたが、お料理を習うのはこれが初めて。

特にしきたりや決まり事の多い懐石料理を教えていただく、貴重な時間を昨日作っていただきました。





特別教室のお声掛けは、やはり仲良しのMちゃんです。

FBで築地にて行われた’あなご尽くし’のきょうしつの模様に魅せられ、特別にお願いして実現しました。





MAX8人で、との事でした。

私の仲良し四人組からも2人、熱心に参加してくれました。






10人近くがキッチンに入りましたが、皆様プロの方も多かったのでスムーズに普通のペースの2倍3倍速でお仕事が進みました。




馬場先生のキッチン、ACもバッチリで羨ましい。

来年の夏は私もキッチンにクーラー欲しい~と思いました。

暑いので、お料理しない! の図式はいけないものね。

特に火を使うため、やはり必要だわ。






その他、木のまな板がたくさんあって、お魚の下ごしらえも一人ずつ経験しました。

学ぶ事と反省することが山ほどありました。

欲しい調理道具もあり、




でも一番大きく心に残っているのは、食に対する馬場先生の真摯な態度/人間性だと思います。

懐石料理は決まり事も多く、しきたりや約束事があちらこちらにたくさんあります。

また日本料理の世界もしかりで、こうするべきだと決まっている作法や調理法など、とても勉強になりました。





どうも私のお料理はその辺りの細かいデイテールには弱く、

反省したり、タメイキを深くついたりの数時間でした。





妥協をせず、きちんと計量して進めるのも和食の基本です。

そこから崩すのは個人の自由でしょうが、習うときはきちんと時間も量も計ってお料理をしていました。





10人がキッチンに入りますと、慣れないと邪魔な動きをしてしまいそうです。

でも昨日のメンバーは、スルリスルスルと無駄のない動線で移動し、

包丁が背中を通っても、熱いお鍋が背中をすり抜けても、事故なく進行しました。







メニュー

  ◎煮アナゴ
  ◎煮アナゴの蒸籠蒸し
  ◎アナゴ 棒寿司
  ◎アナゴのサラダ
  ◎アナゴの胡麻揚げ
  その他、 蛤のお吸い物
        デザートのアイスクリーム ミント味も手作り



















b0111632_10371030.jpg







b0111632_10375033.jpg




b0111632_10384169.jpg





b0111632_10392982.jpg






b0111632_10403151.jpg


穴子は独特のぬめりがあります。それをきちんと取り除く事により、よりスッキリと雑味のない状態でお料理をすることができます。

一人2匹ずつ実際に包丁でぬめりを取っていきます。

揚げ物には塩で揉む事によりぬめりを除く下処理をし、その他の煮物などにはこの熱湯をかける方法。











b0111632_10425338.jpg



















b0111632_10501556.jpg






b0111632_10505961.jpg






b0111632_10513966.jpg


胡麻をつけると身がくるっと丸まらない。

揚げ物も又格別の美味しさです。







b0111632_10523179.jpg


器も素晴らしいのですが、この籠?もまた特別です。

見たことさえないわ、とRちゃんと大騒ぎの連続です。










b0111632_10552838.jpg






b0111632_1055598.jpg






b0111632_10562123.jpg





b0111632_1057398.jpg






b0111632_10572563.jpg






b0111632_10575673.jpg








b0111632_10581324.jpg







b0111632_10583985.jpg








b0111632_1059611.jpg








b0111632_10592660.jpg


蒸し寿司は、うなぎのひつまぶしの要領でいただきます。

まずはそのまま、そして薬味+ツメ  を足して、さらにはお出しをかけてお茶漬けにして楽しみました。








b0111632_112071.jpg







b0111632_1125685.jpg










b0111632_1132348.jpg







b0111632_11348100.jpg








思う存分にあなごを堪能したお稽古になりました。

細かい技術をきちんと身に着けている馬場先生、益々リスペクトです。



また、素晴らしいお器の数々にも魅了されました。


選び抜かれた品の数々と、先生の素晴らしいセンス、技術、お人柄 すべてがあっての感激クラスでした。








私も教えている立場ですが、多くの反省点をも感じ取りました。

自分がどこまでどうしたいのか、大きなテーマを考えるきっかけにもなりました。





きょうしつ実現までのお世話をしてもらったMちゃん、ありがとうございました。


そして馬場先生、早朝築地に電車で行って材料調達との事、

素晴らしいスピリットに敬服しております。




ありがとうございました。
[PR]
by gacha-mama | 2015-08-28 11:08 | cooking school
<< 孫のお弁当 IN USA 二男の次女が誕生しました。 >>