COOKING CLASSES @SUR LA TABLE #1




お産の日の夜にお料理教室に出ました。 またとないチャンスです! なんたって娘達は入院中なのですから・・。 これは何かしないとモッタイナイ自由な夜でございます。

BE PRODUCTIVE ってやつです。  :)



病院からいつも行っているCENTRAL MARKET に電話したら、満席でした。 お産のために来ていて、産んですぐ電話してるのよ~~と言ったら、電話に出たジョアンと言う顔見知りのレセプショニストが大変喜んでくれました。 受話器の向こうにいたメアリーと言うデイレクターにもそのまま大声で知らせてくれて。。。
嬉しい。 数少ない(と言うか一緒になった日本人はゼロ)なので、仲良しになってうれしいね、こんな時。  おめでたい事には色々おまけがついてくるんだねえ、とほっこり。




幸いお料理のタイトルは、’チョコレートの夜’だったので、それならあきらめがついてOKだわ。 と、一番近い可能性の空席待ちをお願いして電話をきりました。




次の候補ですが、幸い東京にいる時にメルマガが送られて知った’SUR LA TABLE’の新しい支店が近所の素敵なPLAZAの中にできたので、そちらで申し込みをしました。


SUR LA TABLEはアメリカ全土の各所にあります。 どちらかと言うと、ハイエンドが顧客対象のお店です。 安いだけのターゲットやWALMARTなどとお店のスタンスは全く違います。 かと言ってWILLAM SONOMAほど気取っていないし、ちょうど私の意識を上手くくすぐる位置にあるお店と言えます。





どちらの店も物販の奥がスタジオになっている場合が多いです。
授業の途中で15分の休憩が取られ、その間に渡される10%のデイスカウントカードでお買いものをするように促されます。 担当のシェフも、あれこれ使った調理器具をアピールして、これはあそこ、これはここにありますよ~~と何気にお薦めしたりします。 きっとコミッションが入るんだわ。。。そうよ、絶対。






MAXが多分15人くらいの中規模のスタジオです。 が、出来たばかりなのでキレイです。 そして機能性も抜群で無駄のないフロープランになっていました。 テキサスにお住まいの皆さまは優しい対応で、都会のツンツンした無機質の雰囲気と違います。 そんな気持ちの良さに引き込まれての2時間があっと過ぎました。




実はかなりのお高い授業料で驚きます。 この夜の ITALIAN STEAKHOUSE FEAST
このタイトルで$85.00  ワインは自分で持ち込む形式です。  高いかも!!







そんな教室に参加してきました。

これからお買いものに行くので、戻ったら続きをUPします。

いっぱい良い思い出ができました。 素晴らしい経験が出来て、積極的に動いた自分にワインで一人乾杯しました~~。 



良い日だったね、ほんとうに。







つづく
[PR]
by gacha-mama | 2012-02-05 01:50 | cooking school
<< SUR LA TABLE CO... SARAと申します。 どうぞよ... >>