孫の七五三 @明治神宮




孫のあんちゃんが本日七五三の御祝いをしました。
私は子供が3人ともアメリカ生まれなので、そういった御祝い事には感性が乏しく、
殆ど何かBIG EVENTになった記憶がありません。




嫁のCが、次の子供を今にも出産しそうなので、
今日しておかないと、来週はどうなっているのかわからない状態です。

頑張る嫁Cと、あんまりピンときていない組(息子と私とあんちゃん)で明治神宮に御祝いのお参りに行きました。




b0111632_1733480.jpg




近所の明治神宮にしましょう~ってお気楽な決断で出かけましたが、
お天気も良いせいか凄い人、人、人。
外国人観光客も多く、カメラで子供の艶姿を撮影していました。





お着物を着たちっちゃな3歳児から、羽織袴姿の5歳児の男の子、ちゃんとお着物をきて頭も結っている7歳児の女の子、日本の伝統はまだ健在の様子です。

みんな可愛い。

誰も泣いたりしないで、
お利口さんでしたよ。



千歳飴入りの袋は飴3本とお守りのような紙が入っていて600円。
まあこんな値段が妥当だろうとの印象を各自が持ちました。


それを無理やり持たされての写真撮影。


b0111632_17104019.jpg




座り込むあんちゃん。
草履が歩きにくいのかしら・・・。
生まれてはじめてのお着物と草履だものね。



b0111632_17121013.jpg






朝は美容院に早くから行く予定だったので、早起きして朝食は何故かチーズケサデイアスで腹ごしらえ。



お参りの目的の一つは、将来結婚式の時に流すビデオのネタのためでもあります。
どうも最近はそのためにも成長過程の節々で、心して写真やムービーを取る必要があるようです。
タイヘン^^ね。









b0111632_17153751.jpg


久しぶりに行った明治神宮ですが、
広大な敷地で緑が豊な環境であることに改めて感激しました。

どんぐりがたくさん道に落ちていたり、
小さい頃を思い出すような風景がのどかで気持ちが和みました。



今日は日ごろ原っぱである場所も駐車場に開放されていましたので、
本殿まですぐの所まで車にて入りました。
Pもタダですし、警備や案内もしっかりしていて素晴らしい神社。




こんな近所にこんなパワースポットまであるってことですから、
これからどんどん行くようにしないと、勿体ないわね。








b0111632_172032.jpg


一人一デジカメ時代到来 !!!





・・・


ランチは予約をしていた碑文谷の'木曽路’にて。


朝から緊張したり、引っ張りまわされていたあんちゃんもお腹が空いたころです。
七五三用のランチをいただいているあんちゃん、しあわせそうです。
全体は大人でも満足の行く量なのですが、多分半分近くは食べたと思われる食欲旺盛な子供です。



b0111632_17231926.jpg


七五三用の御祝い御膳  
これにケーキと果物の盛り合わせがつきます。
子供だけでは多い量ですが、良く見るとやはり子供仕様のお料理になっています。
贅沢だね、これにデザートのケーキとメロンやオレンジ・・・。


隣りのテーブルも親や親戚を交えてのお酒の席と化していました。
昼間から焼酎のボトルが並びます。
おめでたい・・のを口実に、みんなで御祝いするのね。


田舎なら自宅でってところでしょうが、
それを変りに誰の負担にもならないで御祝いの席が設けられるのが木曽路だと思ってください!

って、頼まれたわけでもないんですけど。









b0111632_17253872.jpg






b0111632_17264499.jpg



あんちゃんが最初に選んだのは、ウインナーの串刺し。
それにコーン。 子供らしいチョイスだわ。

その後は、大人のしゃぶしゃぶを少し胡麻タレで食べたり、
きしめんの中のお餅も食べたり、食欲旺盛って言うより、大食いの方だわ。




帰りの車の中は、’わたし少し寝るわ・・・’と自分で宣言してお昼ね。
首がたれたまま爆睡していました。




ちゃんとやって良かったのが正直なコメントです。
自分の子供の時はしなかったけど、孫はこれからもちゃんとこの手の御祝いをちゃんとやったほうが良いわねええ。 良い思い出になるし。


木曽路はこんなシチュエーションにはもって来いの場所です。
今日は他にも七五三のお子さんが数十人は訪れていたと思います。

特別なお料理を用意していたり、
ホールのお姉さまも何度も’おめでとうゴザイマス’と声をかけるなどの習慣は素晴らしい。


すべての工程が無事すんなり終了しました。
ご苦労様でした。
[PR]
by gacha-mama | 2010-11-14 17:33 | family
<< EIWA MOTHERS 料理... 懐石料理のお教室  きたおか ... >>