DA FIORE  イタリア料理教室


やっと伺うことができました。
月に一度のお料理ですが、久しぶりにやっと、本当にやっと参加できました。

本日も学ぶ事の多い時間を過ごし、
真中シェフに感謝です。





DA FIORE







どうも自分のやっているお料理は、ハッキリ言って大雑把な分野なので、
理論的な裏付けなどに乏しい。
歴史の浅い民族の料理ですし、移民文化の成れの果てっぽい食文化。
(はっきり書いてしまった・・・)


真中シェフに教えていただくような繊細さは、自分で求めて学ばない限り、
知識が浅くなりがちです。
とに角勉強しないと、教える立場では限界があります。






本日もデザートまで4品。
デモ形式で教えていただきます。


●ANTIPASTO
CAPELLINI DI PESCA
冷たい桃のカッペリーに



●PRIMO PIATTO
SPAGHETTI RAGU DI VERDURA
スパゲッテイ  夏野菜のラグー


●SECOND PIATTO
AQUAPAZZA
アクアパッザ


●DOLCE
COMPOSTA DI CILEGIA
チェリーのコンポート















b0111632_15211362.jpg


今日使用する食材や調味料たち
これらはレストランで販売しています。
だから、ないから作れないってことにならないで済みます。

この他のお肉、野菜、ワインなども極力分けてくださる方針。
















b0111632_15235675.jpg


シェフの真中さん
雑誌やTVで引っ張りだこです。
教室も大人気で、一時は予約が入らずに困りました~。

丁寧なお話しで、素材の説明、イタリアでの調理、
日本の食材の知識など、とても詳しくご説明いただきます。

わかりやすく、そして質問にも丁寧に答えてくださいます。
パスタの話しなど、大変詳しくって驚きます。
ずっとずっと習い続けても、まだ知識が深く尽きることの無い勤勉なシェフです。

ものすご~く繊細だと思います。
お料理に対する真面目で真摯な態度には、私も自身の身を振り返り反省しきりです。






















ANTIPASTO  CAPPELLINI DI PESCA
b0111632_15291234.jpg

冷たい桃のカッペリーに

私が手を出さない分野 →  冷たいパスタ

絶対納得行くパスタにならないのが最初からわかっているの。
自分の分くらいだと、ともすればやるけど、2人分からはしません。
無理。

桃をピュレにして、また桃の角切りと一緒にパスタと和えています。
絶妙な諸条件が揃わないと、美味しくならない。私の中での難易度高し。

でも、さすが真中さんのパスタは絶品です。
絶妙な旨味です。
量は20gと少量。
でもこれで丁度良いのよね、と皆様同じ意見でした。













PRIMO PIATTO
SPAGHETTI RAGU DI VERFDURA
b0111632_15305512.jpg


夏野菜のラグー
上のお皿、大きいね。
麦藁帽子みたいなお皿。


肝心のパスタのはこんな様子です。 ↓

b0111632_15332254.jpg


珍しい黄色のトマト水煮缶を使いました。

b0111632_15352849.jpg


普通のトマト水煮缶と別物。
純粋なトマトの味なのですが、旨味が違います。
余計な添加物の味もせず、優しく穏やかな味で全体を包みこむ仕上がりになりました。













b0111632_15381450.jpg


AQUAPAZZA  アクアパッザ

一人一匹いただきます。
美味しいんだけど、骨が・・・。

宴会の蟹みたいに、少し静かになってしまいます。

骨が・・・
お箸があると、もっとほじくりやすいんだけど・・

どうしても魚は頭と骨の付いている状態でないと、このお料理には向きません。
簡単な材料ですが、吟味された材料でナイト、できません。

そうでないと、それなりになってしまいます。

頑張って、なるべくきれいにいただくべく努力しました!!!

じゃ~~~ん、どうよ!


b0111632_15421335.jpg
















チェリーのコンポート
若いシェフが教えてくださる担当。
カワイそうに、やりにくいわね、おばさまばっかりで・・・
横には真中シェフが見張っているし~

なんとか、レシピ最後まで説明。


b0111632_15445478.jpg


痛いほど気持ちがわかります。
若いシェフが説明をするのも、修行の一環なんでしょう。

こちらに数人いる若いシェフは皆様イケメン揃いです。
ヘアースタイルもジェルを付けて’ツンツン’するタイプに統一のご様子。

甘い国産のチェリーの種を取り、コンポートに仕上げます。
シロップが赤くなり、可愛らしい。
色んな楽しみ方がありますが、今日はフロマージュ・ブランと一緒にいただきました。



b0111632_15485866.jpg














今日は、いつもいらっしゃるMさんのお誕生日です。
お店からの特別サービスデザート盛り、良いなあ~。
イタリア語ではっぴばーすでい♪を店の全員で歌ってくれます。

b0111632_15575140.jpg









エントランスにいつも置かれている小さなクッキーの袋。
この中のどのクッキーをいただいても、小さいのにちゃんと味がします。
とっても最初驚きました。


b0111632_15553318.jpg



ジェラートやチーズケーキ、あれこれ盛り合わせ。
Mさんは、チーズケーキを人数分に切ってくださいました。
エライ! 私なら誰にも分けない。

って、私は自分のお誕生日の月にはいないので、
ここでこのSPECIAL BD てんこ盛りをいただけない。

早めにいただくか、帰ってからいただくか、
相談してみようかなぁ~。んなんて思いながら帰途につきました。





次回が楽しみです。
毎回、大変勉強になります。

冷たいパスタの時のカトラリーは冷たい状態で出されました。
さすがです。


小さな気配りも忘れない、とっても素晴らしいレストランです。
ありがとうございました。
[PR]
by gacha-mama | 2010-07-14 16:01 | cooking school
<< 桃屋 「塩だしつゆ」  7月の定期クラス  お料理教室 >>