プチトマトと梅酒のシャーベット




プチトマトを軽く漬け込もうと考えていました。
先月懐石料理をいただいた時にデザートで出された白ワイン味のプチトマトも美味しかったし、さてどんな味に漬け込もうかと思案していました。


白ワインがokなら、梅酒も当然okなはず。
そこでせっかくの梅酒の甘さを生かすために、何も他の物を入れずに漬け込んで+それを冷凍してみました。

八百屋さんで、極小のプチトマトを買いました。
今朝代官山で買った小さなガラスのショットグラスを使うことにします。
(実際は持ち手のついた別の小グラスにあけましたが、)

トマトと梅酒だと、トマトの方がずっと先に凍ります。
その時間差を利用して、梅酒がシャーベット状になった瞬間(4時間後)でいただきました。
すっきりとした味わいです。
アルコール度数が今回は10度でした。
もっと高いアルコール度数だと、全く凍らないって事になりますね。
面白い化学の実験みたい。




スプーンで少しずついただきました。
酔っぱらいそうだわ。


b0111632_18191334.jpg






PS・・・翌朝ですが、
お料理教室紹介サイトのBLOGにて紹介いただきました。

クスパ

たまたまこの時期には大好きなプチトマトをよく料理しますので、もっとたくさんご紹介していきましょう。
上記サイトには全国1600以上のお料理教室が掲載されています。たまたま梅酒をテーマにしていたので、家にあった梅酒とプチトマトをコラボしてみました。 デザートより甘みのない前菜に近い位置になると思います。 もっと上にのせるなら、ジュンサイ、雲丹などが浮かびます。 アルコールの入った飲料は凍るのが遅くなるのを利用したものです。 いただくタイミングさえ外さなければ、面白い組み合わせは無限かもね!



それから、ショットグラス。
BLOGからはサイズがわかりにくいのですが、実に小さい~。全体が10センチもありません。
この大きさって中々ブログでは伝わりにくく残念です。今度何か対照になるものを考えます。
[PR]
by gacha-mama | 2010-06-23 18:20 | COOKING
<< そば処 東京   6月梅雨の一日 >>