CENTRAL  MARKET  COOKING  SCHOOL


いよいよここのCOOKING SCHOOLでも参加8回目になりました。
ようやくSTUFFにも覚えてもらい、声をかけられるまでになったって感じです。
席もお好みの席を必ずゲット。

8回で次の一回が$40.00でスカウントになります。
だから、もう一回取らないとね!是非!




今夜のタイトルは:

JOHNNY CARINO HOLIDAY ITALIANSEAST




b0111632_2111843.jpg

WARM MINULATA
SAUSAGES & OLIVE WITH  OLIVEOIL & HEARBS
オリーブとフェンネル入りのソーセージが巻かれたパン  焼き立てを出されてメロメロ






b0111632_2145956.jpg

SEAFOOD STEW WITH SHELLFISH
& WHITE FISH IN A FENNEL & SAFFRON
海老やムール貝の入ったシーフードシチュー と言ってもスープはサラサラ







b0111632_21854.jpg

PORK EN CROUTE WITH WILD MUSHROOM FARCE
& PORT WINE & CRANBERRY REDUCTION
ビーフウエリントンの豚版
じっくりと工程は把握。長時間の調理があっても食べるのは一瞬だわ。





b0111632_2194279.jpg

HOLIDAY CANNOLI
カノーリはNYのLITTLE ITALYで食べるのが記憶の底にこびりついているので、これはちょい違う。
どんなアルコールを使うかで風味が違ってくるね。
これはラム酒。
彼のおばあさんはブランデー派。私はアニス味を効かせたいところだわ。

でも久しぶりでした。
結構食べてなかった。
TVのSOPLANOSとかでも出てくるじゃない。
簡単な紙の箱に入って、お見舞いや、お土産に使ったりする場面があるのが脳裏にFRASH BACK.






b0111632_2282715.jpg

JOHNNY CARINO

TVでもマスコミでの露出も多い彼です。
声も太く大きくパワーを感じるシェフです。

イタリア人。
料理の基本はお祖母さんから。
こよなく料理を愛する45歳。現在犬と同居。シングル。


兄弟もお父さんもFIRE FIGHTER
自分は背丈が足りずになれず。
よって料理の道で頑張ることにしたそうです。


イタリアのバックグランドがあるので、食べることが大好き。
人を喜ばせ、後輩を育てることにも熱心です。


詳細の注意事項や、調理の工程を省かず教えてくれます。
いつもより30分遅れで終了。

迫力のあるクラスでした。
男性ならでは、で、男性の参加者が半分もいます。
絶大なる応援団だね。


面白かったし、美味しかった。
イタリアン 
このジャンルは競合も多く、現地での修行がないと東京では埋もれてしまいます。
手は出さないけど、
イタリア風アメリカ料理  で我慢。って感じかな。
[PR]
by gacha-mama | 2009-12-18 02:20 | cooking school
<< あれこれ @ SAN ANTONIO MEET THE NATI... >>