CENTRAL MARKET COOKING SCHOOL


やっとお料理学校に行けることになりました。
ここまでは、メニューの内容が合わなかったり、一杯だったり、
HANDS ON (実際に調理するクラス)だったり、
で取るに至らず。


嬉しいわ!
大好きスタジオの雰囲気。
ちょっとした緊張感。
匂い。
空気。
高揚するエネルギー。



本日の先生は、AUSTIN と FT. WORTH にお店を持っているシェフ。
LOU LAMBERTという男性。
自分の家族も飲食ビジネスに関わっている南部出身の明るいシェフです。
おばあさんの料理も記憶にあるので、話のあちこちにその思い出を話してくれてアットホームな感じ。



b0111632_642520.jpg

大きくて良く通る声
かなりのエネルギーの持ち主。
腹をくくってこの世界に身を置いてる覚悟を感じさせる男性です。まじで。





NENU:

  ・ROASTED BEET SALAD 
   WITH SHAVED FENNEL & CANDIED SHALLOT VIMAIGRETTE

  ・PORT ARTHUR  OYSTER & SHRIMP STEW

  ・GRIILED BUTTERFLIED LEGOF LAMB
   WITH KALAMATAOLIVMI & GARLIC WHIPPED POTATOES

  ・CAJETA CARAMELITAS MOCHA ICE CREAM





b0111632_1185694.jpg

ローストしたビーツとくるみ、フェタチーズのサラダ
ヴィネグレットがオレンジジュースやレモン、マスタードなどの味で構成されている。
ビーツはよくよく登場。
それも生をオーブンで加熱して柔らかくして使います。
黄色のビーツも混ぜると一段と華やかなサラダになります。
独特の味わいのビーツは好きになるとくせになります。
かんきつ類の甘い材料やヴィネグレットと特に相性が良いわ。





b0111632_125316.jpg

海老と牡蠣(!)のクリームスープ
シチュウって書いてあるけど、サラサラ。
海老もプリプリだし、牡蠣(!)も柔らかい。
TEXASは近海で取れる新鮮な海産物に恵まれているのが良いね。
特にアメリカ人は海老や牡蠣が好きだねえ。
牡蠣は加熱していただくので、ご心配なく。
先日の牡蠣騒動はどこへやら・・・

このスープは濃度が薄く、味も素材の味のみ。
加熱の温度が極端に低いのがちょっと驚き。 新発見の調理法かも。





b0111632_1321171.jpg

グリルしたラムにオリーブのソース
美味しかったわ~~~。
久しぶりに美味しいラムに出会った感じ。
焼き具合も完璧。
じつはグリルも肉の場所によって焼きすぎになっていたので、ちょっと心配していました。
が、私のお皿のラムは完璧の焼きあがり。
確かに難しいね。直方体で切ってあるわけではないので、どこかが犠牲になるね。


ソースはカラマタオリーブのみじん切りが入ったデミグラソース。
ワインも入っていますが、大変こなれたバランスの良さに仕上がっています。
シェフがLAの有名レストランのソース係出身と聞き納得。
それも大量のソースを5,6種類用意していた経歴があり、その苦労は相当な経験!

ラムをこれに近い程度でOKだけど、お料理できるようになりたい。
本日は地元のラムを使用。
全く臭みもなく、最高の状態のラムを調理しています。  うううう旨い。








b0111632_1392380.jpg

チョコレートアイス
下は堅いBARと言われるオートミールやチョコレート、キャラメルなどを混ぜて焼いたもの。

ひとつ私がやらないけど、やったら良いと思っているけど、多分やらないのが、

アイスクリーム

結構工程がややこしい・・
多分無理

このレベルのアイスクリームの話だけど。
SAN DIEGOのクラスでも何回かやりましたが、自分では・・・無理かも。
自信がない。

また今度ってジャンルに入ってしまう、のよね。
でも本当に美味しくて、市販の物とは比べ物にならない。
でも高脂肪。 それもネック。 
買ったほうがずっと安いのも事実だしイ。
[PR]
by gacha-mama | 2009-12-12 01:22 | cooking school
<< mataまた  VIETNAM... THE COVE @ SA... >>