「ほっ」と。キャンペーン

DA FIORE  イタリア料理教室






b0111632_15165855.jpg



留守したこともあり、久しぶりのイタリア料理教室でした。

夏休みでお子さんをお連れの方もあり、
初めてのメンバーでのお教室でした。


真中シェフのデモ形式ですので、
じっと観察して、出来た物をいただくので楽チンです♪


毎回ご説明の中に、まるで知らなかったことが多く登場します。
改めて料理の奥の深さを感じます。

又アメリカの料理とは全く異なる調理法もあるので、
勉強になります。

それと同時に、自分が結構いい加減に思えてしまい、
軽く凹んだりしちゃいます!!




メニュー


ANTIPASTO  
・ナスのパルミジャーナ

PRIMO PIATTO
・FUSILLI CAVOLOFIOR E CIPOLLA 
AL ACCUIGHA 
 サルシッチャ、カリフラワー、たまねぎ、アンチョビのフジッリ

SECOND PIATTO
・CARTOCCIO
 カルトッチョ    鮮魚とハーブの包み焼き

   
  デザート  ジェラートと杏のジャム
  カプチーノ








PARMIGGIANA
ナスのパルミジャーナ




b0111632_14463428.jpg
b0111632_1448118.jpg
b0111632_14491889.jpg
b0111632_14504732.jpg


きっちり焼き目が付くまで焼かれた加茂茄子。
灰汁抜きもちゃんとしています。
ここまで焼くとカリカリと表面や皮が断然美味しくなります。

チーズやトマトソースをのせてオーブンで焼いてからいただきます。

自分でも作りますが、別物だわ。
まずしっかりと余分な水分を取ること、焼き目を付けること、あたりから全然違う~。

本来は普段の材料で作られる家庭料理。

今日は立派なレストランでの一品。  タメイキ@







FUSILLI CAVOLOFIOR E CIPOLLA AL ACCUIGHA
サルシッチャ、カリフラワー、チポッラ、アンチョビのフジッリ


b0111632_14581735.jpg
  


低温乾燥したフジッリがまず美味しい。
食感が違う。 

カリフラワーのパスタも大好きなので、これは楽しみにしていました。
鍋に残る水分とオリーブオイルの乳化が要。
いつも思いますが、このあたりが失敗しそうなポイントです。

塩分も抑え目で、あっさりといただけます。
サルシッチャも素直な味ですが、立派に出汁作りのべースとして活躍。
大好きなタイプのパスタです。

でも、やっぱり自分で作るとどうなるかしら。








CARTOCCIO
カルトッチョ



b0111632_15441.jpg

一人前の材料

これをホイルで包んでオーブンで焼きます~
b0111632_1554844.jpg

真中シェフ、手がキレイねえ・・・


b0111632_1572459.jpg


ホイルを開けると、ハーブや魚の香りがふわ~~とたちます。
軽い塩味のみで、それぞれから出てくる風味が複雑に混ざり合い、格別美味しくなります。
簡単な調理法ですから、新鮮なお魚を選びたいものです。

スプーンで底にたまるスープをいただきたいわね! 









DESSERT
ジェラートと杏のジャム



b0111632_15112938.jpg



b0111632_15125875.jpg






こちらのお料理は、材料も少なくて分かりやすいものばかりを使われています。
レシピもいただきますが、何故かその通りにはできそうもない感じがします。

それほど、プロのちょっとした味加減、火加減、などが大きく左右する気がします。

努力賞くらいまでならチャレンジできそうなんですが、
でもやっぱりこちらでいただくものとは違います。

頑張らないと、わたしも。
[PR]
by gacha-mama | 2009-07-22 15:17 | cooking school
<< お料理教室 パイナップルのコンフィチュール... >>