「ほっ」と。キャンペーン

外苑前 きたおか  懐石料理のお稽古




先月をお休みしてしまったので、久しぶりの感じがしました。
今日は雨が凄く降っていて、風も強く悪天候。
でも楽しみにしている懐石料理のお稽古には必ず出るつもりで楽しみにしていました。



春先のお野菜も大好きです。
たけのこや蕗は自分でも旬のうちには必ずお料理します。



結構珍しくデジカメのバッテリーが途中でなくなり、最後は撮れなくて残念。
とってもきれいに出来上がったデザートのライスプリン、その前のご飯が画像なし!
後から思い出すのにも絶対写真は必要なんだけどね、やっちまった・・






b0111632_1834145.jpg


まず最初は、、クルトンと生ハム、ベーコンにフライドエッグをのせたもの
黄身を崩してクルトンに混ぜていただきます。
北岡先生は洋食も自由に取り入れて紹介してくださいます。
サクサクしたクルトンの食感が美味しい。 朝食にも向いています。





b0111632_1874015.jpg


若竹椀
旬のたけのこ、わかめのお吸い物。 木の芽のせ
たけのこの茹で方、わかめの戻し方などを学びます。
上品なお吸い物で、疲れた胃を優しく労わってくれる味です。 ふううう









b0111632_18111037.jpg


帆立貝とクリームチーズ
山葵の葉の上にのせられたのは、帆立貝の焼いたもの、クリームチーズ、かつおぶし、たまねぎスライス、
貝割れ大根、たっぷりの千切り大葉、わさび、

今月のお懐石のコースにも含まれている一品だそうです。
一口に切った帆立貝にクリームチーズ少量をのせて、わさびETCをのせてお口に運びます。
一体合うのかどうか不思議に思っていたそれぞれが見事にマッチします。
日本酒だけでなく、ワインにも合う組み合わせです。

クリームチーズは和食の特に海鮮の材料と相性が良いようです。
かつをの塩辛 酒盗ともバツグンにあうし、結構アイデア次第で楽しみが広がります。


この時期から、私の好きなガラスのお皿も良く使われてうれしくなっちゃいます。
自宅でも好んで集めていますが、お店ではきちんと冷やして使われるなど、さすがの使い方です。









b0111632_1820034.jpg


竹の子のハンバーグ
これじゃ何だかわからないわ~。
竹の子をプロセッサーにかけて、豆腐やたまごやなんかとあわせてハンバーグに仕立てます。
上には蕗、海老、木の芽がのせられて、最後に四上海ソースをかけてあります。
言われないと竹の子だとわからないくらい、滑らかで穏やかなハンバーグです。

ちょっとした下ごしらえもきちんとこなさないと、これはきれいにできない。
ソースも1週間寝かせて熟成させているので深い味わい。
さすが、プロのお仕事です。








b0111632_1823454.jpg


春野菜 梅サラダ
素晴らしいィでしょ~~。
一つ一つ下ごしらえされた春野菜を梅ドレッシングをつけていただきます。

うるい、こごみ、わらび、うど、かぼちゃ、アスパラ、しいたけ

見るからに食欲を誘うプレゼンです。
下ごしらえは簡単でなく、こごみなどは半分にスライスして、中を見せて盛り付けてあります。
聞けば聞くほど神経を使った準備がされています。

ううう、ちょっと無理。
かなりの時間をかけて丁寧に仕事されていますが、こう何種類もあると時間もかかります。
うるいにいたっては、下味もつけてあります。 凄い。






この後はご飯  釜揚げしらすと京都の油揚げの入ったご飯 大根おろしのせ

デザートは  ライス とろとろプリン  シナモンをかけて


バッテリーがなくなり画像なし!
きれいなデザートだったのに・・・
昨晩の宴会もたくさん撮ったし、デジカメも酷使している今日この頃。




美味しい懐石料理をたくさんいただきました。
春野菜の茹で方などを勉強しました。 知らないこともたくさんありました!
[PR]
by gacha-mama | 2009-04-25 18:36 | cooking school
<< 木曽路でランチ 有楽町高架下 C級グルメ リベンジ編 >>