「ほっ」と。キャンペーン

DAFIORE  イタリア料理のクラス



近所にありますイタリア料理のレストラン ’DAFIORE' にてお料理のクラスに参加してきました。なかなか予定があわずに今日にいたってしまいましたがやっと参加できて幸せ!


日本でのイタリア料理教室は久しぶりです。
ご縁があって伺うことになり大変楽しみにしていました。


ここは場所が隠れ家に近い・・・奥に入ったわかりにくいところにありますが、
人気のレストランなので、知っている人は知っているらしいです。(スミマセン@)


本日は生徒さん約8人
どちらかと言うとハイエンドの生徒さんばかりです。
年齢層も高め。
レストラン経営者とかが参加するレベル。




オープンキッチンでのデモを見た後
スパークリングから始まり、赤ワイン、白ワインと計3杯いただいて
お食事もいただきます。

大きなガラスのすがすがしいレストランです。
年末の企画もあるそうですし、料理教室も数多く開催しています。




 
          CORSO DI CUCINA ITALIANA  本日のお料理
    
          

    ANTIPASTO  前菜
    ANTIPASTO DE VERDURE  お野菜
         赤ネギ、ビーツ、にんじん それぞれのサラダ盛り合わせ

    
    PROMO PIATTO  第一のお皿
    TAGLIOLINI TALEGGIO EVINO BIANCO  
    手打ちパスタ タッリオリーニ タレッジオチーズと白ワインのソース


    SECONDPIATTO / CARNE  二番目のお皿 お肉
    上質な赤ワインで煮込んだ 牛肉頬肉


    DOLCE  デザートのお菓子
    TORTA ” FIORENTINA"
    フィオレンテイーナ チョコレートケーキ



  
   結構一時間くらい立ってデモの調理を見ながらメモをとります。
   分量が書いていないので、説明から想像しながらレシピに書き込みます。







b0111632_1831760.jpg

私の大好きなスプマンテ  一杯目のワインとしては望むところ
シチリア産のシャルドネ種  すっきりした味わい



b0111632_18351319.jpg

お野菜は千葉の提携ファームから
ビーツは見たことがないほどの大きさ 茹でるのに1時間以上かかるほど
紫色をした長ネギ、2色のにんじんなどそれぞれに適した調理をしてから
それぞれ別にドレッシングを合わせて盛りつけ。

こちらの特徴は、何種類あるのか不明なほどの酢の種類が豊富。
このドレッシングにはマスカットの酢を使い、ほのかな甘い香りが贅沢に感じます。


b0111632_18391522.jpg

料理によって酢を変える・・・本格的ね。
ご説明によりますと、我が家にあるワインヴィネガーは・・・のような物であり本物でないらしい。
価格的にも考えられます!!  勉強になりました。  そうなの、ね。。。






b0111632_18423834.jpg

手打ちパスタ
出来そうで出来ない手打ちパスタですが、それらしいものでない本物。(?)
細~~く、シコシコしています。
ソースは簡単なんだけど、チーズが特殊。
タレッジオチーズがないとこの味にならないわ!
量は少しなんですけど、これで充分。 濃い味なので。








b0111632_1846296.jpg

メインの牛頬肉のワイン煮込み
この料理の作り方を一番メインに教えていただきました。
普段使わない牛の頬肉をこんなに短時間に柔らかく調理できて素晴らしい!

頬肉はゼラチン質が多いのでいただいた後に残る独特のねっとり感がたまりません。
長時間煮込みすぎると抜けてしまう旨みがまだ閉じ込められているうちにいただくーーー
そんな感じです。

下に見えるのは、じゃがいもとセロリのピューレ  相性は抜群です。

頬肉やすね肉も調理次第によっては極上の一品と化します。
でも一緒に煮込むワインは上質なものが良いに決まっています。

今回はトスカーナのサンジョベーゼ
崩れるほど煮込むストラコットよりナイフで切っていただくこの位は好みからしてベスト。
野菜と肉と赤ワインのみの味つけ。

反省しちゃいます! 今までコンソメとか入れてごまかしてたの・・・これから改めるわ!






素晴らしいデザート
中央がチョコレートのケーキ  一切粉を使わないタイプ
濃厚なのに甘すぎず絶妙なバランス
中央にイチゴやベリー類をもって、まわりは薔薇で飾り、お洒落なプレゼン

あ”””優雅だわ。
アメリカ料理にはない優雅さ・・・ 

来月も又うかがう予定です。
少しでも吸収した知識が反映されると良いんだけど。

大変丁寧な説明をしていただいて勉強になりました。
レシピに分量が一切ないので、復元は難しいと思われます。
でもガンバッテ作ってみるわ。 ん、がんばる!   ぼなぺてい



本日の2杯目のワイン
   SOAVE CLASSICO BARCHE 2006  

   3杯目のワイン
   牛肉の煮込みに使ったワインと一緒
   NABBIOLO D'ALBA MARNEBRUNE FONTANAFERDDA
   ピエモンテ産 肉の煮込みなどに合うワイン ちなみに¥2,500







b0111632_196595.jpg

[PR]
by gacha-mama | 2008-12-10 19:00 | cooking school
<< 18日のKYサロン お教室のメ... お料理教室  華ちゃんクラス >>