スキレットのお料理教室 参加しましたよ。


岸田夕子さん(AKA 勇気凛々さん)のスキレット料理教室に参加してまいりました。

これで2回目ですが、毎度驚きの連続です。

スキレットを使ったお料理、私の教室でもしますがー

凛々さん(私はこう呼ばせていただいております)の使い方は想像をはるかに超えた領域までぶっ飛んでいます。



スキレット(鋳鉄フライパン)ですので、鉄製。

当然錆びたり、重かったりと、今まで敬遠される材料はたくさんあったかも。

でも、今年からより積極的に使い始めておりますが、実に良いヤツで!!



お肉の塊を焼くときなど、豪快なお料理にはもってこいですし、

そしてご飯も炊ければ、スープもOKということなんですね。






メニュー


1)チキンパルメザンリゾット

2)焦がしネギのシンプル卵炒飯

3)青ネギスープ


そしてデザートには、

プリン  プリンの加熱調理までできるんだって驚きです。









今日も元気に明るく、いつも楽しい凛凛さん。

アシスタントは例の、というかいつもの イケメン 細マッチョ君。


b0111632_14335401.jpg



b0111632_14345306.jpg




b0111632_14352689.jpg



b0111632_14355712.jpg





とにかく使い勝手は、想像以上です。

それは確か。

鋳鉄バンザイ。



実はお仕事させていただいたアメリカの料理本でも、鋳鉄スキレットで調理するレシピが多く、今年はご縁もあって(?)是非頻繁に手が伸びるようにと、努力中です。




凛々さん、お笑い系。

良く今日は大笑いしましたね。


笑。



















[PR]
# by gacha-mama | 2016-09-30 14:38 | Trackback

古代麦の勉強会です。


日伊協会のイベントで、イタリア産’古代麦’セミナーに参加してまいりました。

服部栄養学園の階段教室にて、130名を超える参加者とともに、勉強会に出席です。

マンマの台所でご一緒させていただいている方に、こっちこっち~と手招きでお誘いいただき、中央の2列目の黄金座席に着席です。

講師は長本和子先生です。

古代小麦パスタのデモと試食がありました。

こちらの方の講師は、セルジョ・ヴィネイス氏です。
長本先生が通訳をされて、一段とわかりやすい説明をしていただきました。



ファッロを教室でも取り上げますが、個人的に大好きな食材の一つです。

プチプチとした食感と、独特の旨みがあり、お料理の巾も広く人気があります。





SOLLEONE BIOパスタ主宰なので、お土産もいただきました。

パスタはかなりの種類が出回っていて、どれを買おうか迷います。

でも、イタリアに奇跡的に残ってた古代小麦を使ったパスタは別物です。

麦の味そのものを味わうために、イタリアから粒と粉状にしたものを送ってもらっての試食も貴重な体験でした。



セルジョさんで2種類、最後は西沢シェフから一皿、合計3種類の贅沢な試食がありました。 セルジョさんは貴族料理の調理法などを取り入れた独自のお料理で、食感の違う素材を組み合わせてオリジナルを展開。 どれも今まで食べたことのないパスタのお料理が続きました。



古代小麦の歴史、知らない事ばかり。物語のように語っていただき、その世界に引き込まれましたよ。

イタリアの地域の特性を踏まえた食文化の違い、面白い。
興味のある内容ばかりで、ずっとずっと聞いていたいと思うのは私だけでないはず。


b0111632_09211716.jpg


b0111632_09220463.jpg


ホラーサーン小麦のペンネ
セージとバーニャカウダ ソース
かぼちゃシードパウダー添え

b0111632_09230564.jpg




マッカーニョチーズとレンズ豆のエンマー小麦ペンネ リゾット風



b0111632_09245816.jpg




ホラーサーン小麦のフジッリ くるみペースト和え
かぼちゃのソース


b0111632_09263515.jpg






そして充実の勉強会の後は、会いたかった人達と久々にご飯会の運びとなり、学芸大学にて楽しいイタリアンをまたいただきました。



小麦の世界、奥が深くて魅力的です。

大好き!!























[PR]
# by gacha-mama | 2016-09-29 09:28 | Trackback

バランカで作るジェルクリームの講座に参加しました。


料理研究家の馬場先生のお知り合いで、以前お料理教室でご一緒した方の講座に参加してまいりました。

広島でオイルの輸入をしていらっしゃる方で、オイルのマッサージや、バランカのオイルを使ったジェルクリームを作る講座をされている藤本さんに教えていただきました。


有機栽培のエクストラバージンのオイルを使い、そこにダマスクローズと水溶性ジェルの基材を入れて個々が作りました。




場所は幡ヶ谷のみっちゃんのサロンです。

講座の後は、みっちゃんの手作りチーズケーキとクラフテイをいただいてお茶を楽しみました。


優雅な時を過ごしました。

オリーブオイルの勉強をしたり、オイルでマッサージをしたり、歓談しながら一つジェルクリームを作りました。


バランカのオリーブオイルですが、南イタリア地方のものなので、本来はシーフードに相性が良いそうです。

それほど強いオイルではありませんが、それでもテーステイングをすると喉がピリピリとします。

面白い!!




b0111632_18141000.jpg


b0111632_18115986.jpg



幡ヶ谷にあるみっちゃんのサロンで開催されたので、帰り道は当然のごとくすぐ近くのお肉屋さんでたくさんお買い物をしました。

商店街の八百屋さんでも買いたい物がたくさんありますが、すでに手荷物が多くって我慢ーー




バスで帰りました。

案外近いのですわ。




オイルでマッサージをして、ビニール手袋をして20分ほどしたら、

手がすべすべになっていました。

これは凄い。 カサカサしていたのか、かなりの量のオイルを吸収したみたい。




お声掛けいただきありがとうございました。

昼間は新宿伊勢丹のイタリア展に行き、

午後はオリーブオイルでマッサージ、って素敵な一日になりました。




主宰されたサロンのみっちゃんが’美白モード’で参加されている方の様子を撮ってくれrました。美白モード ですってよ♫


b0111632_10030266.jpg









b0111632_10052178.jpg



翌朝、手の奥の血行が良くなっていました。

どうもPCの前にいる時間が長いので、右手の奥が凝りがちです。

オイルでしばらくマッサージしたので、血行を促してコリがほぐれました。

素晴らしい効果に、継続の決意です!!











[PR]
# by gacha-mama | 2016-09-27 18:20 | Trackback

小笠原由貴先生のパン教室にうかがいました。


珍しく月曜日に空席があったので、パン教室に伺いました。

まだとっていなかったクラスです。



”雑穀と黒糖の食パン”


お料理はオレンジチキン
帆立貝のセビーチェ

デザートは、マロンクープ(パフェ)



b0111632_16444295.jpg
この型を使って、小さなキューブ型のパンを焼きますよ。

買ってあるのだけど、まだ使ってないの。

ーーー この夏は暑すぎて、パンも思うように焼けてないーー



b0111632_16460801.jpg
ちゃんときっちり発酵していると、キューブの角が際立ちます。

発酵が足りない生地を入れると、手前の右側のように角があまくなる。



★忘れてはいけない、大好きペルー料理のセビーチェ。
帆立貝とイトヨリ鯛をレモンでしめてあります。

卵型のガラスの器がまず可愛い。
その中にセビーチェを入れました。
先生のセンス、抜群です。

帆立貝には最初に塩を振って味をしっかりつけてあります。
だからしまりのある味に仕上がるのね。

どうも私はライムでしめるためと、全体に一度に塩をするので、
薄めの味に仕上がる傾向があるので、改善のヒントを頂戴しました。

日本のお魚には、ライムの酸味はケースバイケースですが、弱いかも。
檸檬の方が、しっかりしまる。そんな気もします。





b0111632_09341907.jpg



お料理のオレンジチキンです。

スキレットを使い、私好みのお料理です。


b0111632_16471557.jpg


b0111632_16481649.jpg


b0111632_16485080.jpg


早速明日、富沢商店に材料を買いに行ってきます。


もっとちゃんと復習しないといけないわ。


頑張ります。
















[PR]
# by gacha-mama | 2016-09-26 16:49 | LANATURE 小笠原由貴先生 | Trackback

親切土曜日のクラスをしました。


土曜日のクラスのリクエストがあったので、募集いたしました。

たくさんご参加のお申込みをいただき、ありがとうございました。

2名欠席がありましたが、土壇場でご参加の方がいらして賑やかに過ごしました。



サッポロビールからワインの提供のいただいて、昼間でしたが美味しくいただきました。 このワイン、一時とっても流行したそうです。そちら関係のお仕事の方がいらして、詳しく教えていただきました。

お食事との相性も良く、美味しくいただきました。

土曜日、ランチをゆっくりワインと楽しむのも贅沢なひと時の過ごし方です。





メニュー

1)お肉料理 : 美味しい鶏のモモ肉を鋳鉄スキレットで焼きます。それにマンゴサルサを添えていただきました。

2)チョッピーノ : 台風でイメージしたお魚が手に入らず涙。でも貝と海老と鱈で仕上げましたが、ベースのトマトスープの部分をちゃんと作ったので大好評

3)枝豆ぺペロン

4)カボチャのマッシュ : カボチャを蒸して、バターとサワークリーム、そしてアメリカから持ち帰ったスパイスをたくさん入れて仕上げました。 これをライ麦を入れて焼いたパンにのせていただきます。

5)鯛の昆布締め 煎り酒

6)カボチャ入り コーンブレッド スキレットで

7)チビ最中小豆アイス 
  リコッタチーズと桃のコンフィチュール
  パッションフルーツとカスタードクリーム 最中


パンを焼きましたが、湿度が高い日で、気温が上がらない時間帯に発酵をするタイミングになり、少し迷いましたが、結果はまずまずOKでしょうか。

生徒さんが美味しいと言ってくだされば、それで満足ですけどね。。。



後程画像をUPします。

どうも新しいシステムになって、まだ慣れず・・・

画像がうまくアップできずに泣きそうです。





b0111632_13353019.jpg
こちらのBLOGを使い始めたてから随分経つので、システムを更新したばかりです。どうも画像のUPがうまく行かずに、苦戦しております。


まずは、パンプキン・コーンブレッド

本当はスキレットで焼いたのですが、はずした所からの写真です。 
コーンブレッドのレシピの中のクリームコーンの部分を蒸したかぼちゃにしてみました。 アメリカから持ちかえったパンプキンスパイスをたくさん入れてあります。

きょうしつ当日に分けていただき、その残りは各自お持ち帰りにしました。
それがーー思ったよりずっと美味しくできていて、今日もまた焼こうかなと思っている次第。 反応も良く、成功の秘訣は蒸したカボチャだね、とアシスタントのまゆみさんと夜メッセージのやり取りをしました。




b0111632_13400691.jpg

サッポロビールさんからいただいたワイン。
大人気でした。

どんなお料理とも合うので、お出しする方も気軽にお出しできます。

これ流行ったんですよね、と生徒さんに言われました。

そうなのね、知りませんでした。

左横はパン。焼きました。

焼きすぎですけど、すぐ食べてしまう分には大丈夫。

ライ麦を20%くらい入れてあります。お塩も少し多目。






b0111632_13433040.jpg
チョッピーノ。

力作。

ベースのトマトスープの部分は力作です。

今年はインスタントのコンソメも使わず、なるべく鋳鉄でお料理ーが目標でした。

ずっと守っていたわけでないんですが、これからは頑張ります。


台風のせいで、お魚が思うような種類が揃えられずに残念でした。

お魚屋さんで相談して、貝、海老、烏賊、鱈。

トマトベースのトマト缶はダッテリーニを2缶。

お水の代わりにシャンパンの残り(!)と赤ワインをどば~っと。

あまり好きでないんですが、外来種の貝を使いました。

かなり長く砂抜きをして、一度別のお鍋で貝を開かせ、砂のないことを確認。

茹で汁で鱈の頭を煮て、スープを取り・・・・。

おかげさまでちゃんとした味になりました。

残ったスープ自体も生臭くなく、全く問題ない割合クリアーな味のストックになりました。良かったわ。



b0111632_13483736.jpg
b0111632_13521255.jpg



スキレットで焼いた鶏のモモ肉に、マンゴサルサ。

驚きの完成度の高さでした。サルサが・・・私より生徒さんの方が上手なの。

個人的に大好きなお料理です。 マンゴ、それにしても高い。涙;

タイで50円くらいらしいんですが、某Tデパートで25倍くらいしたの。涙;;







枝豆ぺペロン
作り手の加減で味は変わりますが、実は正解はないのでーここお楽しみください。


b0111632_13504420.jpg



おまけのメニュー

鯛の昆布締め+ 煎り酒 「宮坂醸造」 

b0111632_13530505.jpg



ポテトマッシュ

こえも好評でしたが、蒸したかぼちゃを使いました。バターとサワークリームとスパイスが入っています。和食でないアメリカ料理ですよ♫

私の焼いたパンでも、まゆみさんの差し入れのバゲットでも、お好きなパンにのせてお召し上がりください~♥

b0111632_13543786.jpg




b0111632_13563803.jpg
b0111632_13571598.jpg

メインはやはり’チョッピーノ’です。

有頭海老は背中の関節から背ワタを取り、加熱しすぎないように注意しながらお料理します。烏賊もお刺身クオリテイーですので、温める程度で。 





デザートもアメリカ料理でないものをお出しして、結構珍しいことですがー
チビ最中にあんことアイス、
リコッタチーズと桃のコンフィチュール (私の狙い通りより甘く仕上がった)
カスタードとパッションフルーツ

以上、だんだんゴチャゴチャになって画像はありません。







b0111632_13592159.jpg


b0111632_13592159.jpg
b0111632_14032809.jpg

お昼から、ワインがどんどんなくなりました。

ピンクの泡を差し入れていただき、この日のクラスは大変充実。

嬉しいです。ワイン、やっぱり場が明るくなります。

いただきまして、誠にありがとうございました。


















[PR]
# by gacha-mama | 2016-09-24 17:16 | Trackback